大人ニキビは皮膚科で早く確実に治したい!クリニック選びのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一般的なニキビ治療の流れ

ニキビ治療とは具体的にはどんなことをするのか、候補に挙げた病院での治療が一般的な内容から大きく逸脱したものではないかを、事前にチェックしたいですよね。
通う病院を決定する前に、ニキビ治療の基本的な流れを押さえておきましょう。

皮膚科の場合

ディフェリンゲル
皮膚科でのニキビ治療では、投薬療法が一般的です。処方される薬で多いのは、毛穴の詰まりを取り除く「ディフェリンゲル」や、アクネ菌の殺菌作用がある「アクアチムクリーム」、抗菌と抗炎症作用がある「ダラシンTゲル」という塗り薬です。
ミノマイシン
内服薬を処方される場合は、抗菌薬である「ミノマイシン」や「ルリッド」などが一般的です。
医療機関によっては漢方薬の処方や、ビタミン剤の併用を勧めるところもあります。

ニキビの状態によっては、経過を見ながら医療器具を用いてかさぶたを取り除いてくれることもあります。
生活習慣の見直しやスキンケアのアドバイスを、診察の中で話してくれる病院も多くあります。不明な点がある場合は、質問してみると良いでしょう。

参考:ニキビラボ「【ニキビ薬ランキング】皮膚科医が選ぶ薬はコレ!」

美容皮膚科の場合

美容皮膚科では、自由診療での治療が行われているため、治療内容が病院により異なります。オリジナルのニキビ治療プログラムを組んでいるところや、様々な機器や薬剤を揃えて、患者の状態や希望に合わせて治療内容を決めていくところなど、それぞれに特色があります。
治療法は、ケミカルピーリング、イオン導入、アクネライト、レーダー、ビタミンC注入などが主流です。

美容皮膚科では、ニキビをただ治すのではなく、きれいに治すことを目的としています。患者自身がどこまでを目指すのか、そのためには何が必要なのかを、医師としっかり話し合い、
治療計画を一緒に立てていくことが望ましいでしょう。
施術

その他、クリニックを選ぶときに押さえておきたいこと

ニキビ治療に限ったことではありませんが、自分の体をあずける医療機関を選ぶときには、やはり医師との相性は大切です。治療方法や薬の作用・副作用についてきちんと説明してくれるか、親身になって話を聞いてくれるか、質問はしやすいかなど、信頼して治療をお願いできる医師を選ぶようにしましょう。
また、定期的に通うとなれば、立地も無視できません。通いづらくて治療が中途半端になってしまうと意味がありません。自宅や勤務先などからのアクセスも考慮しましょう。

ニキビ治療では、アフターケアをどこまでしてもらえるかも病院選びのポイントになります。治療を受けても再発することもあるので、再発をできるだけ抑制するような治療に取り組んでくれる病院かどうかチェックしましょう。

美容皮膚科で治療を受ける場合は、料金を調べるのも忘れないようにしましょう。美容皮膚科の料金体系は医院により様々なので、自分の希望する治療がいくらで受けられるのかを確認し、先に予算を決めてから初診を受けるようすることをおすすめします。

まとめ

ニキビ治療に通う皮膚科を選ぶ際には、まず自分が希望する治療のイメージを明確にしましょう。その上で、アフターケアも含めて安心して通えるクリニックを、予算に応じて選ぶようにしましょう。カウンセリングを行っている病院もありますので、まず一度足を運んで、医師と直接話をしてみるのも良いのではないでしょうか。

<prev 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

paidy