ニキビの芯は肌からのSOS!悪化させない正しいケアのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニキビを早く治すには、ニキビの芯を早期に「圧出」することが一番です。でも芯を取り出してもよいニキビとそうでないニキビがあるので要注意! 芯を出してもいいニキビの見分け方と、自分で行う方法、皮膚科やクリニックで施術する方法をご紹介します。芯から断ってニキビを完治させましょう!

1. 芯を出してよいニキビを見極める

「ニキビを潰してはいけない」。ニキビケアの常識としてまかり通るその理由は、ニキビの種類を見極めず、やみくもに潰すことで症状を悪化させてしまうからです。ニキビには、白、黒、赤、黄、紫等の種類があります。その中で芯を圧出してよいとされるのは「白ニキビ」だけです。

2. ニキビの芯の正体とは?

ニキビの元となるのが、皮脂とアクネ菌。これがやがて「ニキビの芯」となります。ニキビの元となる皮脂とアクネ菌を早い段階で絞り出し、早期完治を目指しましょう。

とはいえ肌に複数の種類のニキビができていると、どれが白ニキビなのかの見極めが難しいですよね。白ニキビは、皮脂(コメド)が毛穴に留まることで現れます。やがて表面にうっすらと白く、ニキビの芯が見えてきます。それが白ニキビとなるのです。白ニキビはまだ炎症や化膿を起こしていません。溜まった皮脂(コメド)に常在細菌であるアクネ菌が入り込んで増殖しようとすると、好中球と呼ばれる白血球が、体を守ろうとアクネ菌と戦います。この戦いによって、ニキビの炎症が起こり、皮脂(コメド)の周りにはアクネ菌と戦った白血球の死骸が膿となって溜まるのです。これがニキビの芯の正体です。

【ニキビの種類と芯の状態】

ニキビはその進行段階によって種類分けされます。

ニキビ化膿程度

白ニキビ

白ニキビニキビの初期段階で、毛穴に皮脂や角質が詰まった状態です。顔を触ったときに「何かできている」と気づくことが多いでしょう。この段階でケアをしっかり行えば、早く治すことが可能です。

黒ニキビ

黒ニキビ

白ニキビが空気に触れることによって酸化すると、その色は白から黒へと変化します。黒くなった状態を黒ニキビといいます。この段階でも炎症は発生しておらず、痛みもありません。黒ニキビも比較的治しやすい段階です。ただし白ニキビと違ってコメドが乾いて毛穴に張り付いている状態のため、押し出しは困難です。ピーリングや毛穴の詰まりを改善する治療薬を使用して悪化を防ぎましょう。

赤ニキビ

角質や皮脂によって毛穴が塞がれている状態になると、私たちの肌に常駐しているアクネ菌が次第に増殖していきます。アクネ菌は本来肌を守る性質を持っているのですが、皮脂を栄養源としてどんどん増えていきます。この増殖によって、ニキビは炎症を起こし、赤ニキビへと変化していきます。炎症を起こしているため、痛みも発生します。この段階で芯を押し出すのは非常に危険です。芯が出にくいだけではなく痛みも伴います。赤ニキビは治療薬などで炎症を抑える治療をして、赤みが消えるのを待つしかありません。

黄ニキビ

赤ニキビの状態からさらに悪化すると、中に膿を持った黄ニキビへと変わっていきます。この膿とはアクネ菌と戦った白血球(好中球)の死骸です。黄ニキビになると赤ニキビよりさらに痛みを伴います。この膿を自分で出してしまうとニキビ跡が残りやすくなってしまいます。黄ニキビも赤ニキビ同様、セルフケアで芯を取ろうとしないこと。炎症を抑える治療薬を使いましょう。

紫ニキビ

膿に血が混ざった状態です。炎症が皮膚の奥まで進み、血液の流れがスムーズにいかなくなったことにより、膿と血が溜まってしまっている状態で、最もニキビ跡が残りやすい状態です。医療用語では結節性ニキビと呼ばれています。必ず皮膚科を受診しましょう。

next> 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

ネスレ
キティLP