体の不調と大人ニキビの関係|何かの病気の現れかも!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
病気のサインかも

思春期を過ぎた大人なのに、ニキビが同じところに繰り返しできて困っている人もいるのではないでしょうか? 思春期ニキビとは異なり大人ニキビの場合、体の不調が肌トラブルとして現れていることがよくあります。何度も繰り返しできる場合、単なるホルモンバランスの影響で終わらせるのではなく、病気の可能性を視野に入れるべきかもしれません。

ニキビができる仕組み

アクネ菌とニキビの関係ニキビは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という炎症性疾患であり、主にホルモンの影響を受けて炎症が生じることで発症します。最初の症状は「面皰(めんぽう)」といわれているもので、毛穴に皮脂が詰まり膨らみます。

このとき、まだ炎症は発生していません。やがてアクネ菌が繁殖して炎症すると赤い「丘疹(きゅうしん)」となり、さらに炎症が激しくなると膿が浮かんできて「膿疱(のうほう)」になります。

そして、炎症が収まってくると膿や丘疹の上の皮膚にかさぶたができ、徐々に沈静化していきます(炎症は起こらず沈静化する場合もあります)。

繰り返す大人ニキビは、病気と繋がっている可能性も

口周りの写真口元のニキビは内臓の不調と関係があるとも……

思春期ニキビは主にホルモンの影響を受けてできますが、大人になってから口や顎周りにかけてニキビが繰り返しできる場合があります。

例えば、暴飲暴食をした翌日、口や顎周りにニキビや吹き出物ができてしまう人はいませんんか? これは食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなど生活習慣の乱れにより、胃腸が弱っていることが原因と考えられます。

実は胃腸は口や顎周りと密接な関係があるといわれており、胃腸が弱ると皮膚の働きが落ち、細菌によってニキビができやすくなるといわれています。繰り返す場合は一時的な不調ではなく、すでに病気に繋がっている可能性も。

この他にも「頬」のニキビは胃腸と小腸、「目・こめかみ」のニキビは肝臓、「鼻周り」は大腸系の病気の疑いがあるといわれています。

女性の場合、婦人科系の病気も疑うべし

婦人科さらに女性の場合、顎周りに大人ニキビの症状が続くようであれば、「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん 略称PCOS)」という婦人科系の病気の可能性があります。PCOSは卵巣に卵胞はたくさんできるのに、排卵が起こりづらくなる病気です。症状はニキビ以外にも、月経不順や不正出血が現れる点が特徴的。

原因は、卵巣内の男性ホルモン増加が考えられます。ストレスや生活習慣、食事の乱れなどが原因になる場合も。まずは体を温めて血行を促進し、食事バランスや睡眠の質を改善していくことが大切です。そして、早めに婦人科を受診することをオススメします。

このように、大人ニキビはできる位置により、病気や体の不調の兆しとなっていることがあるのです。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ニキビの状態を把握することで病気を事前に防げる可能性があるため、ニキビを通して自分の体を見つめ直し、毎日の健康を意識してみてはいかがでしょうか。

プロアクティブ
ニキビケアの王道!今なら送料無料で電動洗顔ブラシプレゼント!
シアー カバー
ニキビを悪化させずにきれいに隠すファンデーション

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
katashiho

katashiho

コスメコンシェルジュ・ライターとしてWebメディアを中心にBeauty記事を執筆中。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*