大人ニキビの悩みを解消する3つの飲み物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ビール

この記事は、大人ニキビの解消法として紹介しているアメリカの記事を参考に、加筆修正したものです。ご参考までに紹介いたします。オリジナルの英語サイトはこちら⇒http://www.wikihow.com/Treat-Your-Adult-Acne

10代にできるニキビは「時間が経つにつれて自然と治るもの。」と言われることが多いですが、それはすべての人に当てはまることでしょうか?10代にできるニキビの主な原因は、ホルモンの変化によることが多いです。しかし20代後半以降にできる大人ニキビは何が原因なのでしょう?本来、私たちが普段口にするものによって、私たちの体調や、肌の状態が左右されるものです。今回は、私たちが普段口にする飲み物にフォーカスを当てます。

1. 水

水1日2リットルの水を飲むのが良い。」ということはよく耳にする話です。実は大人ニキビに対してもそれは例外ではないのです。もちろん、水を飲むだけでニキビが治るということではないのですが、水分を十分に摂ることでニキビの予防につながることがあるのです。
水を飲むことのメリットはひとことで言うと、「代謝がアップして老廃物が排出されやすくなる」ということに尽きます。代謝を上げることで食べ物の消化のスピードが早くなり、便秘も解消されるなど、肌にとっては良いことづくしです。
では、よく耳にする「1日2リットルの水を飲むのが良い。」という話ですが、一度に2リットル飲めばよいのかというとそうではありません。飲むタイミングも重要なのです。

水を飲むタイミングは

  • ・寝起き
  • ・朝、昼、晩の食事時
  • ・入浴後

最低限このタイミングには飲むようにしたいものです。特に朝起きたときに飲むのは効果が高いです。なぜなら起床時というのは、特に暑くなくてもコップ1杯分(約200~300ml)の汗をかくといわれています。そのため、朝一番は体が最も乾燥している状態にあります。さらに空腹時に水を飲むことで大腸がクレンジングされ、血中の毒素も流してくれるので、肌のトーンアップにもつながるのです。

そして水分を1回に摂取する量ですが、それは250ml以下、つまりコップ1杯分くらいの量が最も効率良く体に吸収される量です。一気に2リットルを飲んでも、トイレが近くなるだけですので、コップ1杯を約8回ほどを摂取するのが良いでしょう。

ここで注意しておきたいのが、飲む量は個人差、または気温などの諸条件によって違うということです。

1日2リットル、1回の摂取量は250ml目安と書きましたが、夏場や、普段から運動などで汗をかいている人などはその都度水分補給が必要になってきます。また普段からあまり動かない人が過剰に水分補給をすると、胃を痛めることがあります。水分補給に限らず、何事も摂り過ぎには注意しましょう。

2. お茶

お茶緑茶が健康に良いとよく言われていますが、紅茶も忘れてはいけません。一日一杯の紅茶は肌の状態の改善を助け、また毛髪の成長にもつながります。
※アメリカではこのように取り上げられていますが、紅茶はカフェインを含み、カフェインの過剰摂取はシミの原因につながるので、摂り過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

カフェインが気になる方や、妊娠中、その他の理由でカフェインを摂取できない方は、ハーブティーがおすすめです。ニキビや吹き出物を内側からケアできるハーブティーは、ネトル、マリーゴールド、レッドクローバーのブレンドのハーブティーです。ミネラルを豊富に含むネトルはストレスに対する抵抗力をつけます。マリーゴールドはリンパの流れを良くし、レッドクローバーはデトックスの効果があります。ハーブティーを上手く取り入れることで毒素を排出し、身体の内側からの改善を目指してください。

3. フレッシュジュース

フレッシュジュース自宅で作るフレッシュジュースは、お腹の中をキレイに保つことが出来ます。特に果物や食物繊維を多く含んだ野菜などでつくったジュースは、肌の状態を改善するのに効果的です。野菜を使ったフレッシュジュースのレシピについては、過去の記事でも取り上げていますのでそちらも参考にしてみてください。(過去の記事⇒ニキビに効果あり! 美肌になれる4つの野菜ジュースレシピ

補足として、フレッシュジュースを取り入れることのメリットをご紹介します。

腸を刺激して腸内環境を整え便秘改善にも

水分と食物繊維の多い手づくりジュースを飲み、腸を刺激することで、便通を促し腸内環境を整えてくれます。腸内環境を整えることはニキビができるのを防ぐことにもつながるのです。

手軽に身体に必要なビタミンを摂取できる

仕事で忙しい毎日を送っていると、どうしてもビタミン不足で肌の不調にもつながり、ニキビができやすくなりがちです。手づくりのジュースというと手間に感じる方もいるかもしれませんが、果物や野菜をミキサーにかけるだけなので、習慣化してしまえばそれほど面倒なことではありません。またジュースにすることで多くの野菜を手軽に摂取できるので、野菜を多く食べるのが負担だという方にもオススメです。

ただし、フレッシュジュースを飲むときは、糖分に注意して下さい。特に果物には糖分がたくさんはいっており、糖質はとりすぎることで、皮脂分泌を活発にしてしまいます。一日250ml程度のコップ一杯の量で抑えるようにしてください。

青汁
おなかスッキリ!ジュースのように飲める青汁
ビタプロ
身体の内側からもニキビケア
1日1袋のお手軽サプリ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
このは まり

このは まり

ライター/化粧品・健康食品会社勤務。アートディレクター・デザイナー歴17年。化粧品のカタログ、ポスター、パッケージデザイン、ウェブ広告などに携わる。趣味は自然療法。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*