ニキビの症状ごとに最も効果が高いニキビの薬5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニキビがどうしても気になるときは、薬を使って今すぐなんとかしたい!と思いますよね?ニキビの薬と一概に言っても、市販薬から処方薬、漢方薬まであって、お医者さんに処方してもらった薬が一番いいのだろうけど。。。とは思いつつも、病院に行くのは手間なので、できれば身近なドラッグストアで済ませられたらいいなとも思いませんか?

症状によって、適切なニキビ薬を使用すればニキビが改善され、あなたの悩みを一時的に無くすことができるかもしれません。今回は、ニキビ薬の種類から症状別の使い方、効果的な使い方まで、ニキビ薬について詳しく紹介します。

薬の使い方を間違えると、効果を感じられないということもありますので、しっかり自分の症状と見比べて使用してください。

1、市販薬と処方薬の違い

ニキビの薬には下記のような種類があります。

  • 医療用医薬品
  • 一般用医薬品
    • 第一種医薬品
    • 第二種医薬品
    • 第三種医薬品
  • 医薬部外品

大きく医療用医薬品と一般用医薬品に分けられ、一般用の中でも第一種~第三種、そして医薬品ではありませんが薬用効果のあるケア製品として医薬部外品があります。医療用医薬品は医師の診断・処方が必要です。

皮膚科がニキビに処方するものには抗生物質やホルモン剤、ビタミン剤など、さまざまな種類があり、市販のニキビ薬よりも幅広い症状に対応することができます。

逆に一般医薬品は通称OTC(Over The Counter)医薬品と呼ばれ、誰でも選んで購入することが可能です。ただし、第一種医薬品は薬剤師により情報提供が義務付けられていますし、第二種医薬品は薬剤師や登録販売者が常駐する店舗でしか購入ができません。

簡単に言えば、上記箇条書きで上にいけばいくほど高い効果が期待できるが副作用などのリスクもあり、下にいけばいくほど効果はゆるやかでリスクが低いということです。

ニキビ薬は一般用医薬品も多く販売されていますが、さまざまな商品を試しても結果が得られない方もいると思います。そのような方は皮膚科で医療用医薬品を処方してもらうことをおすすめします。

2、薬の種類

薬の種類として、一般のドラッグストアで販売されている一般用医薬品、皮膚科で処方してもらう医療用医薬品、漢方の3つがあります。

ちょっとしたニキビであれば、市販の薬でも改善は見込めますが、どうしてもすぐに改善したい方は皮膚科で処方してもらう方が確実です。

2−1、市販のニキビ薬

適量を患部に塗布するだけの塗り薬が主流です。ただし1週間使用しても改善しない場合は、使用を中止して医師に相談しましょう。ステロイドの長期使用は逆にニキビの原因になることもあります。下記の中では「テラ・コートリル」が抗生物質配合ステロイド系の外用薬です。大きく腫れた炎症ニキビを早く治しますが継続的に、そして広範囲に使わないよう注意してください。

市販薬

オロナインH軟膏(医薬品) リンク先:@コスメ商品ページ 口コミ評価 ☆5.3
テラ・コートリル(医薬品) リンク先:@コスメ商品ページ 口コミ評価 ☆5.3
クレアラシル(第2類医薬品) リンク先:@コスメ商品ページ 口コミ評価 ☆2.3

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


春のキャンペーン