ニキビに乳液NGはウソ!選び方のポイントとおすすめの商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
乳液選び

ニキビに乳液がよくないと言われることがありますが、一概にそうとは言い切れません。乳液の役目や成分から、必要な理由、効果的な使い方、おすすめの商品までご紹介します。

乳液がニキビに良くないと言われるのはなぜ?

乳液は水分と油分を乳化させたもので、肌から水分が失われないようにバリアの役割を果たしてくれます。ニキビは過剰な皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖することでできるため、毛穴が詰まりやすいオイリー肌の人は、さらに油分を足してしまう乳液は控えた方がいいといわれています。

しかし、毛穴が詰まるのはオイリー肌の人だけではありません!実は乾燥が原因で肌が硬くなりターンオーバーが乱れたり、乾燥を防ごうと過剰に皮脂が分泌され毛穴が詰まることもあります。一見オイリー肌でも実はインナードライという人は、乳液を使うことで肌の水分が守られ、肌質やニキビの改善が期待できます。

ニキビに乳液、実は必要!

乳液には洗顔後に浸透させた化粧水の潤いを逃さないよう、肌に油分で膜をつくり水分の蒸発を防ぐ役割があります。他にも、外部の刺激から肌を守る、肌を柔らかく保つ、美容液などの成分を浸透しやすくする役割もあります。

乳液に含まれる成分は油分の割合が10~30%で、残りは水分と、美容成分のヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどです。化粧水をたっぷりつけても、なかなか肌に入っていかないと感じたことはありませんか? 化粧水は割合のほとんどが水分なので、皮脂の多い毛穴に浸透しづらいのです。浸透しなければ効果を発揮することはできません。

一方、油分が多い乳液や美容液は毛穴に浸透しやすい性質があります。つまり、ニキビ対策に殺菌成分が入ったスキンケア用品を使うなら、化粧水よりも美容液や乳液の方が効果的ということです。オイリー肌の人は化粧水による保湿をしっかりとして、それをコーティングするために乳液を薄くつけるのがいいでしょう。

乳液でニキビができてしまった!そんなときには使い方の見直しを

皮脂の分泌量が多いTゾーンやニキビができている部分には少な目に、刺激を与えないよう手のひらで押さえるようにつけ、乾燥する部分にはたっぷりと2回に分けて使うと効果的です。

また、基本的なことですが、化粧水や乳液を付ける際は清潔な手で! 乳液の容器の口を手でぬぐうのも衛生的ではないので、できるだけ容器の口には素手で触らず、液だれした場合はティッシュやコットンで拭き取るのがベター。

付け過ぎが気になる人はコットンを使うとムラにならず、余分な油分も肌に残らないのでおすすめです。ただし、摩擦が起きないようにやさしく滑らせるようにしてください。

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

ネスレ
キティLP