洗顔のしすぎがニキビを増やす!?ニキビを改善するための3つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
洗顔

何度も洗顔しているのにニキビが増えた、悪化したと悩んでいませんか?ニキビケアでは洗顔で余分な皮脂を落とす事が大切です。しかし何度も洗顔したり肌に合わない洗顔料を使うと、肌のバリア機能が低下し、水分や油分が蒸発しそれを補おうとさらに皮脂を出し、ニキビが増えたり悪化する原因となります。ここでは、ニキビを防ぐための正しい洗顔と洗顔料についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

洗いすぎは肌のバリア機能を低下させる

健康な肌は肌内部で作られる水分や油分(脂肪間脂質)によって保たれ皮脂膜が外からの刺激をブロックしてうるおいを保っています。ところが、過剰な洗顔など外からの刺激により、バランスが崩れると肌のバリア機能が低下し水分や油分が蒸発し、乾燥した状態になります。乾燥した肌はうるおいを取り戻そうと過剰な皮脂をし、その皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの原因となります。
健康な肌うるおいのない肌

ニキビを予防・改善するための洗顔3つのポイント

では、肌にダメージをあたえず余分な皮脂をとるためには何に気をつければよいでしょうか? 3つのポイントをあげましたので参考にしてみてください。

肌を傷つけない洗顔方法

洗顔

ニキビを予防、改善するためには、肌を傷つけず余分な皮脂や汚れを落とす事が重要です。まずは正しい洗顔方法でニキビのできにくい肌を目指しましょう。

1.油性の汚れをしっかり落とすメイク落としを使おう

メイクをしている場合は洗顔の前にクレンジングでメイクを落としましょう。化粧品は油性でできているため、脂汚れがキチンと落ちるクレンジング剤を選びたいですね。オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど様々な種類がありますが、油性の汚れを落とすという機能は同じです。ニキビ肌には、肌になじみのよい洗い流せるクリームタイプや乳化ジェルなどがおすすめです。油性の汚れをしっかり落として洗顔しましょう。それでは、次から具体的な洗顔方法の手順についてご説明致します。

2.ニキビを改善させるための洗顔方法

1.手を洗う

手には以外に殺菌がついています。洗顔料を泡立てやすくするためきちんと手を洗いましょう。

2.ぬるま湯で顔をぬらす

ぬるま湯で顔をぬらすと毛穴が開きやすくなり、洗顔料のなじみもよくなります。時間がある場合は蒸しタオルなどで毛穴を開いてもよいでしょう。
洗顔4
3.ぬらした手で洗顔料を泡立てる

肌を傷つけないために洗顔料を泡立てましょう。手のひらのくぼみに洗顔料を乗せ、ぬるま湯を混ぜながら指の腹で泡立てます。石鹸の場合は市販の泡立てネットを利用するのもよいでしょう。
洗顔2

4.肌を傷つけないように優しく、顔の中心から洗い始める

卵ぐらいの泡ができたら、顔の中心Tゾーンや顎に泡をのせ外にむかって洗い始めます。その際ゴシゴシをこすらず、泡を滑らすようにくるくる円を描きながらやさしく洗います。
洗顔3

5.洗顔料がしっかりと落ちるようにぬるま湯ですすぐ

洗い終わったらぬるま湯を顔にかけるようにしてすすぎます。フェイスラインやこめかみなどすすぎ残しのないように、20回程度すすぎ、洗顔料が残らないようにしましょう。

洗顔4
6.水分をとるときはゴシゴシとこすらないように注意

乾いた清潔なタオルを顔に押しあてるようにして水分を取ります。この時もゴシゴシとこすらないようにしましょう。

洗顔5

7.保湿は時間をおかずに、すぐに行なう

洗顔後は水分が蒸発しやすくなっています。時間をおかずに、すぐに化粧水などで保湿しましょう。

3.洗顔は1日2回

朝夜

ニキビを防ぐための洗顔は、余分な皮脂や汚れをしっかり落とす事が大切です。しかし、洗いすぎると肌に必要な水分や油分を取り去ってしまい乾燥を招き、過剰な皮脂が分泌されることもあるため、基本的に朝と夜の1日2回を目安にしましょう。

2.ニキビに良い洗顔料の選び方

洗顔料ニキビを防ぐための洗顔料選びで重要なのは、肌にダメージを与えず余分な皮脂や汚れを落とす事です。石鹸やクリーム、ジェル、粉など様々なタイプがありますが、自分の肌の状態に合わせて選びたいですね。

 

1.洗浄力が高く泡立ちのよいもの

肌を傷つけず洗顔できるよう、泡立ちのよい洗顔料がおすすめです。

石鹸タイプ

一般的に固形石鹸は洗浄力も高くさっぱりと汚れを落とす事ができます。無添加のシンプルなものは洗浄力も強いため、乾燥タイプの方は添加物が少なく、植物エキスなどが入っている洗顔石鹸などがよいでしょう。しっかりとした泡を作るには市販の泡立てネットなどを使うと泡立てやすくなります

ジェルタイプ

ジェルタイプは水分が多く泡立ちやすく一般的に洗浄力が高いものが多いようです。

泡タイプ

泡を立てるのが苦手という方には、泡タイプの洗顔料もおすすめです。ポンプ式できめ細かい泡がでるため、肌に負担をかけずに洗えます。

2.ニキビに有効な成分の入っているものを選ぼう

肌の汚れや皮脂を落とすだけではなく、ニキビに有効な成分が配合された洗顔料を使う事もおすすめです。

炎症を沈める効果のあるもの

・『グリチルリチン酸』甘草の根や茎に含まれる有効成分  ニキビの悪化を抑える抗炎症効果があり肌の炎症を沈めます。
・『ティーツリー油』殺菌消毒効果にすぐれているため肌を清潔に保つ効果があります。

角質を除去するもの(ピーリング効果のあるもの)

・『グリコール酸』サトウキビやブドウの実や葉などに含まれる有機酸
・『フルーツ酸』リンゴや柑橘系から抽出AHAと言われるフルーツ酸は角質を柔らかくしたり、 除去する効果があり、乾燥などでざらついた肌をなめらかに整えます。 ピーリング効果のある商品(石鹸や洗顔フォームなど)には成分の濃度が記載(1〜5%など)されています。濃度が低い方がピーリング効果が薄く肌にやさしいので肌の状態に合わせて選んでください。

まとめ

ニキビを予防、改善するためには、余分な皮脂や汚れをしっかり取り朝と夜の1日2回を目安に正しい洗顔をする事が大切です。そして、洗顔後の保湿を十分にして肌を乾燥させないようこころがけましょう。毎日の習慣がニキビのできにくい肌へつながります。ぜひ、試してみてください。

M&Mスキンケアクリニック 副院長
今野 みどり監修

ニキペディアTOPに戻って最新のニキビ記事を見る

プロアクティブ
洗顔→美容液→クリームの簡単3Stepで
ニキビを改善!プロアクティブ+
ビタプロ
内側からキレイをサポート
ビューティ青汁ですっきり週間

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
このは まり

このは まり

ライター/化粧品・健康食品会社勤務。アートディレクター・デザイナー歴17年。化粧品のカタログ、ポスター、パッケージデザイン、ウェブ広告などに携わる。趣味は自然療法。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!