ニキビと角栓の関係、対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
角栓を取る女性

角栓(毛穴の詰まり・白ニキビ・コメド)は炎症ニキビ・ニキビ跡の大きな原因になります。ニキビと角栓の関係から、角栓を作らない・残さないケア方法・食事などの生活法をまとめました。

ニキビの原因「角栓」ができる原因

毛穴を塞ぎニキビの原因となる「角栓」。この角栓ができてしまう原因は肌のターンオーバーの乱れにあります。古い角質が剥がれ落ちず毛穴の出口を塞ぐことで毛穴の中の皮脂が排出されにくくなり、皮脂と角質が混ざりあうことで角栓ができるのです。

角栓ができる場所

手足にニキビはほとんどできません。これは脂腺性毛包と呼ばれる皮脂分泌が活発な毛穴は主に、顔、胸元、背中の中央に集中しているからです。この脂腺性毛包が多い場所ほどニキビができやすい場所になります。脂腺性毛包が多い場所は顔も体も「Tゾーン」と呼ばれています。

角栓のできる場所

角栓とニキビのメカニズム

ニキビは角栓が原因で発生します。思春期は男性ホルモンが活発になり、過剰に皮脂が分泌されることで、角栓ができやすくなりニキビができます。大人になってから出来るニキビは皮脂の過剰分泌が原因の場合もありますが、年齢を重ねることでターンオーバーが乱れ、保湿力が低下した肌に角質が蓄積しやすくなることも原因となっています。

白ニキビから炎症へ

ニキビの出来初めは白ニキビと呼ばれ、それが乾くと角栓になり、薄い膜がかかっている状態になります。薄い膜がはがれて空気に触れることで角栓が酸化して黒ずんで見えます。この状態になるとニキビが黒く見えるので黒ニキビと呼ばれる状態になります。黒ニキビを放置して進行するとアクネ菌が増え、ニキビが炎症を起こした状態の赤ニキビになります。さらにそこに膿がたまると黄ニキビと言われ、この段階まで来ると皮膚科に行くなどの適切な処置を行わないとニキビ跡が残ってしまう場合があります。

原因は皮脂分泌だけではない

オイリー肌の人はニキビが出来やすい印象がありますが、実は乾燥肌の人も同様にニキビが出来やすい肌といえます。乾燥肌の場合、角質が硬く厚い状態になっているため老廃物が残ってしまい毛穴に皮脂がたまり角栓ができやすくなっているのです。ほかの原因としては肌に負担をかける長時間のメイクや、落としきれていないメイク汚れが毛穴に詰まりニキビの原因となることもあります。

毛穴が詰まる理由

新陳代謝の低下やホルモンバランスの乱れで肌表面が固くなり、老廃物や皮脂の排泄が悪くなることが毛穴の詰まりの原因となります。また外からの強い刺激を受けると肌を守るために角質が固くなり皮脂が詰まりやすくなります。

角栓から炎症ニキビへ アクネ菌の増殖とは

アクネ菌は皮脂を食べて増殖し、リンパ球と好中球を活性化させます。それにより活性酸素が増産され、ニキビが炎症を起こすと考えられています。

角栓除去とニキビ予防

角栓の予防はまずはきちんとした洗顔を行うことが大切です。クレンジングできれいに化粧を落としたら、洗顔料で丁寧に洗います。このとき決して、ごしごしと力強くこすったりしないよう気を付けてください。洗顔後は肌が乾燥しないようにしっかりと保湿することで、角栓の原因となる皮脂の過剰分泌を防ぎニキビの予防にもなります。また、週に2~3回のピーリング・毛穴吸引などスペシャルケアを取り入れてもよいでしょう。ただし、スペシャルケアは肌の負担にならない程度の回数にとどめておくことが大切です。

抜いてもOK!?角栓を取る方法

コメドプッシャー角栓除去は、白ニキビまたは黒ニキビまでの段階で行うようにしましょう。炎症を起こしてから自分で角栓を無理に抜いたりすると、跡が残る場合があるので気をつけましょう。角栓を取る方法はいろいろあります。酵素配合の洗顔料や、オイルクレンジングを使用する方法、コメドプッシャーで押し出す方法、ピンセットで抜く方法などいろいろとあります。どの方法も正しく行うことが大切です。酵素洗顔は肌への刺激が強いので毎日の使用は避けたほうがよいでしょう。コメドプッシャーを使う場合は周りの肌を傷めないようにはじめに肌を柔らかくしておくことが大切です。

詳しい方法は「白ニキビは潰してOK!その理由とケア方法」で紹介しています。

毛穴の詰まりを予防する

ニキビの発生を未然に防ぐ方法として、毛穴の詰まりを予防することが大切です。毛穴の詰まりの予防で一番大切なのは毎日の洗顔で毛穴を清潔に保つことです。洗顔をする際にはまず自分の手を清潔に保ち、水かぬるま湯を使用しましょう。熱すぎるお湯を使用すると毛穴が開き、肌が乾燥するためかえって皮脂が出やすくなってしまいます。洗顔は指の腹でクルクル回しながらこすらないように洗います。洗顔後には必ず保湿をしてください。化粧をしている場合は必ずクレンジングを使用して毛穴の汚れを落としてから洗顔をしてください。毛穴に残った化粧品は炎症の原因になります。

また、適度なピーリングをして毛穴をきれいにすることも効果的です。ただし、ピーリングはやりすぎると肌にダメージを与えるので、週に1回~3回くらいの頻度で行いましょう。また、使用している化粧品が自分の肌に合っているかどうかも重要な要因となります。もともと油分の多い肌質なのに、しっとりタイプを使っているとか、乾燥肌なのにさっぱりタイプを使用しているなど、肌に合わない基礎化粧品を使用しているのであれば見直す必要があるかもしれません。

食事や生活改善での予防法

角栓の原因である皮脂の過剰分泌や乾燥肌は、食事や生活法が影響していることもあります。不規則な生活や睡眠不足はホルモンバランスの乱れや肌のターンオーバーに大きく影響します。動物性脂肪の過多・ビタミン不足は皮脂の過剰分泌の原因に。

  • 夜10時~2時のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとる
  • 皮脂を抑えるビタミンBやC、肌の生まれ変わりに必要なビタミンB群を意識的に摂る
  • 動物性脂肪を摂りすぎない

この3つだけでも守ってみてください。きっと肌の変化を感じることができるはずです。

角栓を放置して炎症ニキビにしないためのスキンケア

角栓の段階で除去することが最も大切ですが、数日角栓が毛穴に住み着いてしまうこともあります。そんな時は炎症ニキビにしないために、ニキビの原因となるアクネ菌と戦う有効成分配合のスキンケアを必ず使いましょう。ニキビ用基礎化粧品には、サリチル酸などアクネ菌の増殖を防ぐ有効成分が含まれています。こういったニキビ用の化粧水や乳液、美容液などを使うことで炎症ニキビを予防することができます。

注意して欲しいのは、スキンケアを「化粧水だけ」にしないこと。角栓は前で述べたとおり皮脂や汚れが固まったものです。いわば油の塊、油分が入っている化粧品でないと毛穴の中まで浸透しにくいのです。乳液や美容液・クリームのニキビケア製品をお使いください。

まとめ

まずはアクネ菌のエサとなる角栓(白ニキビ・黒ニキビ)を予防することが大切です。これまでに紹介してきたように、「肌を乾燥させない」ことや「ストレスをためない」などニキビの原因となることをしないように気をつけましょう。それでもできてしまった場合には早めの対処が大切です。

プロアクティブ
角栓を防ぐふき取り化粧水付きのセットが送料無料!
シアー カバー
ノンコメドジェニック処方のミネラルファンデ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みんなの保健室【ニキビ相談室】

ニキビに悩んでいても誰にも相談できない、、どうしていいかわからない、、、そんな時には、「ニキビ相談室」の金子さんに相談してみましょう!保健室の先生を訪ねる感じで、気軽にご質問をお寄せ下さい。みなさんのお悩みに、丁寧にお答えいたします。  


金子さんの写真スキンケアアドバイザー:金子友子 大手化粧品会社、大手通販化粧品会社で、美容部員のトレーナーおよび、セミナー講師として活躍後、ガシー・レンカー・ジャパンへ。 現在はスキンケアアドバイザーとして、国内283万人のニキビの悩みに応えています。

    ニキビ相談室に相談する

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*