迷わずGO!病院へ行くべきニキビ「10のサイン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
病院に行くべきニキビ10のサイン

ニキビができたら病院に行くべき? あるいは、ニキビがどんな状態なら病院に行ったほうがいいの? 病院ではどんな治療が受けられる? そして、保険は適用されるの?

そんな疑問に、30年以上も医療に携わるベテラン総合内科医としてニキビ治療にも携わる武田 寿之(たけだ ひさゆき)先生が答えてくれました。

ニキビができたら病院に行くべきか?

白ニキビ・黒ニキビなど、皮脂の増加や古い角質で毛穴の出口を塞いでしまう「軽度のニキビ」の状態ならば、セルフケアで様子を見るのも良いです。ただし、以下にご紹介する「病院へ行くべきニキビ・10のサイン」のどれか1つにでも当てはまる場合は、病院に行くべきと言えるでしょう。

病院へ行くべきニキビ「10のサイン」

サイン1. 長年ニキビに悩まされている

ニキビの治癒と再発を繰り返す「ニキビループ」。このように、定期的にニキビができやすい体質の方、あるいは、肌環境が慢性的に悪化している場合には、セルフケアは難しいと判断しましょう。

武田先生「長年ニキビに悩まされている方は、早期にきちんとした医療を受ける事が大切ですね。実は、普段通りに洗顔や保湿を1〜2週間くらい続けても、ニキビが治りにくい場合は、すでに要注意です。」

サイン2 .大人ニキビができた

Tゾーンなどにできやすい思春期のニキビは、洗顔だけのケアでも、ある程度の予防・ケアが可能です。しかし、20代以降にできる大人ニキビは「治りにくく跡になりやすい」と言われています。

大人ニキビは、あごのラインや口まわりに出来やすいのが特徴。単なる皮脂分泌だけでなく、年齢によるターンオーバーの低下による角質の堆積(堅く、厚くなる)や、肌の乾燥、さらには生活習慣や食習慣など、複合的な要因が関係します。根本治療には、早めの受診が最適です。

武田先生「大人ニキビは、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れも大きく関係します。思春期のニキビとメカニズムが違うので、生活習慣や食生活の見直しも重要です。」

サイン3.ニキビ以外の症状がある  

ニキビができるだけでなく、他に何らかの症状が出たら「他の病気のサイン」という可能性があるため、早めに病院を訪れるべきです。

具体的な症状の一例としましては、ニキビの他に、月経異常、肥満、多毛、などが起こる場合がありますが、その場合「多嚢胞性卵巣症候」(PCOS)という病気の疑いもあります。

武田先生「確かに、ニキビが何か別の病気のサインになっていることもあります。ニキビと共に気になる症状があれば、皮膚科はもちろん、念のために内科も訪ね、問診や検査を受けたほうがよろしいでしょう。」

サイン4.手の届かない場所にニキビができている

ニキビは、顔などの目立つ場所にだけできるわけではありません。背中などにできたニキビは、知らずに悪化させてしまう可能性が高いと考えられます。睡眠中に寝返りを打つことでこすれ、ニキビが潰れて、二次感染が起きる場合もあります。二次感染とは、ニキビ悪化の原因となるアクネ菌以外の細菌が侵入し、ニキビ以外の症状が出ることです。一例として、黄色ブドウ球菌やマラセチア菌が入り込みと、毛穴で炎症が起きる毛包炎になるケースがあります。

武田先生「手が届かず、見えにくい場所にできたニキビは、発見が遅れることも珍しくありません。また、セルフケアがしにくく、どんどん悪化する、ということがあります。」

サイン5.赤・黄色ニキビが発生している

赤ニキビは、ニキビの内部で炎症が起きている状態。さらに、黄色ニキビは炎症状態が進み、内部で膿が発生している状態です。

どちらもニキビが悪化している状態ですから、放っておくと危険。場合によっては、抗生物質などの処方が望ましいため、病院にかかりましょう。

武田先生「ニキビの経験は誰でもありますが、その程度によってはきちんとした医療を受ける事が大切です。赤みが増し、化膿してくるようでしたら、適切な治療を要する状態と言えます。」

サイン6. 食生活が偏りがち・生活習慣が乱れがち

食生活や生活習慣も、ニキビの発生や悪化に大きく関係します。ある程度ご自分で改善することも可能ですが、正しい知識に基づいていないと、ニキビがさらに悪化する原因となるのです。

食生活や生活習慣に詳しい医師に指導を仰げば、現在の食生活や生活習慣の問題点が客観的に把握できます。ニキビの発生や悪化を防ぐための、具体的で無理のない食事方法などを知ることは有益です。このような指導は、長期的に見れば大変良いニキビ対策にもなります。ニキビができやすく、なおかつご自分の食生活や生活習慣に自信のない方は、一度、皮膚科専門医や総合内科を受診すべきです。

武田先生「ニキビ予防やケアの観点からも、生活習慣が極めて大切。中でも食生活は、特に注意が必要です。食事の偏り、つまり日頃から油に富んだ食べ物を好む方は、その改善から始めなくてはいけません。ロースや霜降りの肉、揚げ物、天ぷら、フライドポテト…、また糖質の多い食べ物にも注意をしないと、皮脂の過剰分泌によりニキビが発生、あるいは悪化します。患者さんの問題点へ個々に対応致しますので、一度は医師へご相談頂きたいですね」

サイン7. ニキビ跡で悩んでいる 

ニキビがかなり進行すると、炎症のダメージが「真皮層」(表皮の下の層)にまで到達することがあります。このようにして残った肌の凹凸は、一般に「クレーター跡」と呼ばれます。肌の新陳代謝(ターンオーバー)でも元に戻らないケースもあるため、医師にご相談ください。

武田先生「間違ったセルフケアで、ニキビ跡がクレーター状になっているものなどは、素早く医療機関を訪ねて下さい。クレーター跡は、炎症による皮膚組織の破壊ですから、自己判断でのケアは難しく、おすすめできません。」

next> 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
長谷川 洵

長谷川 洵

ライター/化粧品会社勤務7年目・東京都生まれ。受注業務のプロフェッショナルとして、またビューティアドバイザーとして5年間実績を積んだ後、マーケティング・PR業務に携わる。幅広い化粧品の知識を生かし、現在、ヘアケアやメイク、サプリメントなど7ブランドのECサイト運営を行っている。趣味は海外旅行、ネイル、ゴルフ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

paidy