ひとりでもう悩まない!クレーターになってしまったニキビ跡の治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
悩む女性

クレーター状のデコボコ(凸凹)が肌に残ってしまった。ニキビトラブルを抱えている方の中で、もっとも深刻な悩みの一つですよね。クレーター状になってしまったニキビ跡を目立たなくさせていく解決策として、最新医療の技術から、日常的にできるセルフケアまで様々なものがあります。まずは、自分の症状をよく知り、その症状にあったケアをしていくことが大切です。不安を解決し、少しでも自信の持てる肌を取り戻りましょう。

クレーターになりやすい赤ニキビは早めにケアを

クレーターとは、簡単に説明すると傷跡のことです。ニキビにも様々な種類がありますが、その中でもクレーターを残しやすいといわれているのが炎症を起こして化膿している「赤ニキビ」です。炎症したニキビは皮膚深部の組織を壊すため、治った後に、凸凹、シコリ、ケロイドなどの生涯の傷跡になってしまうのです。

炎症ニキビ

赤ニキビはクレーターになってしまう一歩手前のサイン。薬や化粧品などで、間違ったケアをする前にまずは皮膚科へ行って適切な治療を行いましょう!

自分の症状にあった、治療が大切。

まずは、自分の症状に必要な治療法をみつけましょう。

医師日本全国の「ニキビ」を専門とする皮膚科の医師が集まり、ニキビ治療の基本方針となるガイドラインが2008年にできました。患者さん一人ひとりにあったニキビの治療を行うために、皮ふ科の医師はニキビの程度を正確に診断します。その指標となるのがニキビの『重症度分類』といわれるもので、日本国内で統一した基準が作られています。これを元に皮膚科の医師はさまざまな治療を行っています。

日本皮膚科学会よるニキビ治療に対するガイドラインはこちらからダウンロードできます。
http://www.dermatol.or.jp/news/news.html?id=167

すでに深いクレーターとなってしまった肌は、日ごろのケアだけではなかなか治せないものです。そんな時は、医療機関や美容外科でまずは相談してみましょう。

○保険適用外の治療

・ケミカルピーリング
色素が沈着したニキビ跡や、比較的軽度のクレーターの方に有効な治療法です。
フルーツ酸などを用いて化学的に肌の表面を削る治療法です。古くなった角質を取り除き、ターンオーバーを促し、ニキビ跡を目立たなくさせます。
費用の目安:20,000円~
ケミカルピーリングに関する詳しい説明は、「日本皮膚科学会」のHPからご覧になれます。
http://www.dermatol.or.jp/qa/qa25/index.html

・フラクセルレーザー
重度のクレーターになってしまった方は、ケミカルピーリングでは完全に跡は消すことができません。そんな重度のクレーターに非常に有効とされています。レーザー光線をあて、その熱刺激で、皮膚組織の自己再生を促すもの。レーザー治療のメリットは、ニキビ跡に照射を行うだけなので、皮膚を切ったり縫ったりすることがないため、 出血したり傷跡が残ることがないという点です。人体にたいする副作用も少なく、最近では麻酔法が改善されていき、照射の時の痛みも減ってきています。
費用の目安:1カ所につき10,000円~

・フォトフェイシャル
皮膚の真皮層の繊維芽細胞を活性化してコラーゲンやエラスチンの生成を促進させる治療です。肌にかかる負担がレーザー治療よりもとても軽くなります。
費用の目安:¥30,000~

・FGF治療
肌の凹んだ部分に線維芽細胞増殖因子(FGF)を注射して細胞を増殖させる治療。
効果やメリット・デメリットに関しましてこちらに詳しく載っています
http://biyou-iryou.jp/catalog/detail/28/

・培養表皮移植
体の他の部位の組織をニキビ跡のくぼみに移植する手術です。
矢永博子先生による記事がこちらに掲載されています。
http://www.yanaga-cl.com/b_hyouhi.shtml

○保険適用の医療

・外用レチノイド
ニキビ跡に効果が高いと言われています。海外では、ニキビ治療の標準薬として使用されている、毛穴のつまりを取り除く塗り薬です。
「ニキビの世界標準治療について」
http://www.nikibi-hifuka.jp/preparation/new.html

ニキビの種類や状態は、体質や生活習慣などでも治療方法は変わってきます。症状に合わせて、場合によってはいくつかの処置を組み合わせて治療することもあります。医師とよく話し合い、適切な治療を進めていきたいですね。

まとめ

クレーター状になってしまったニキビを治すのは、なかなか難しいことです。でも一人で悩まず、まずは専門の医療機関に相談することが大切です。人によって症状の重さは様々です。間違ったケアをして悪化させる前に、自分の症状にあった適切な治療法を見つけましょう。またこれからクレーターを増やさないためにも、まずは「ニキビを作らない」ことが大切です。日ごろのちょっとしたケアで、ニキビ予防をしてみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*