正しいニキビの治し方~ニキビの種類別・部分別・年代別~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ニキビ治し方

思春期から長い付き合いが続くニキビ。赤ニキビ・黄ニキビなどの炎症ニキビは治し方を迷う方も多いのでは? 10代の思春期ニキビの主な原因は過剰な皮脂、20代以降の大人ニキビは生活習慣の乱れやストレス、加齢など原因はさまざま。ニキビの種類や場所、年齢に合わせたケアが大切です。さまざまな角度からニキビの治し方を考えてみました。

1: ニキビの種類別、治し方

ニキビには段階・種類があり、それによって治し方が大きく変わってきます。最も治し方で悩みが大きいのが赤ニキビや黄ニキビなどの炎症が起こっているニキビですが、実はその手前の黒ニキビ・白ニキビの段階からケアをすることで炎症ニキビに発展することを防ぐことも可能です。今までさまざまな治療法にチャレンジした方も、種類別で治療戦略を変える基本的な治療法に戻ってみてください。

黒ニキビ・白ニキビ

毛穴の詰まりが発生しているだけの初期段階が白ニキビ、その白ニキビが酸化して黒くなったものが黒ニキビになります。白ニキビは毛穴が閉じた状態で、中の皮脂が空気に触れていませんが、黒ニキビは毛穴が開いて皮脂や汚れが酸化して黒くなっています。

どちらも原因は角質の異常による毛穴の詰まり。治すためには、古い角質を取り除き毛穴が詰まらない状態に改善していくことと合わせて、赤ニキビ・黄ニキビの段階に進ませないための予防がポイントになります。

メイク、日焼け止め、クレンジング、洗顔の見直し

毛穴に詰まりやすいメイク用品を使っていませんか?またクレンジングや洗顔は十分ですか?手持ちのアイテムを見直してみましょう。忘れられがちなのが日焼け止め。ウォータープルーフの日焼け止めは汗で流れないよう肌に密着する成分が多く入っていることがあります。専用のクレンジングで落としていないと毛穴を塞ぐ原因になることもありますのでご注意ください。

肌のターンオーバー正常化

肌の生まれ変わりを促進するサプリメント(ビタミンなど)や良質な睡眠を心がけましょう。

定期的なピーリング

週2回ほどピーリング効果のある商品でケアをして古い角質を落とす手助けをしてあげましょう。

保湿

乾燥によって角質は硬く・厚くなります。しっかり保湿できる基礎化粧品を使いましょう。

ニキビ予防のスキンケア

アクネ菌などニキビの原因菌を増やさないためにニキビ予防を目的としたスキンケアを選びましょう。

 赤ニキビ・黄ニキビなど炎症系ニキビ

赤ニキビや黄ニキビは、先にお話しした白ニキビ・黒ニキビが進化した状態です。白ニキビ・黒ニキビの状態で改善できれば良いのですが、長期間ニキビができている状態では、どんなにケアをしていても炎症を起こしてしまいます。アクネ菌は皮脂を好みます。特に白ニキビは毛穴が閉じているためアクネ菌が住みやすい環境で、一気に増殖してしまいます。ブドウ球菌やマラセチア菌など体に不利益な菌も増え、白血球の一種である好中球が集まり攻撃を始めます。

ここで大切なことは、戦ってくれている白血球が有利になるようにしてあげること、悪玉菌にとって不利な状態にもっていくことです。

市販のニキビ薬を使う

炎症が大きすぎない場合には市販のニキビ薬が有効です。アクネ菌が嫌いな抗菌成分が入っています。
ニキビの薬を詳しく知る

皮膚科に行って抗炎症の薬(抗生物質など)をもらう

大きく腫れた赤ニキビは市販薬では時間がかかるため、皮膚科で抗生物質などの抗炎症薬を処方してもらうことをおすすめします。

黄ニキビには面皰圧子(めんぽうあっし)

炎症が少し治まって芯が入口近くに押し上げられてきたような黄ニキビは、毛穴に少し穴を開けて膿と芯を出す方法が有効。この芯を餌にアクネ菌が増えるわけですから、芯がなくなると白血球が圧倒的優勢になり炎症が治まってきます。

しかし、自分でやると周辺の皮膚を傷つけてニキビ跡になる可能性もありますので皮膚科でお願いすることがベストです。

低刺激のスキンケアを使う

炎症が起こっているニキビ肌には、刺激が少ない敏感肌用の商品を使いましょう。アルコール濃度が高いものはあまりおすすめできません。

ニキビ跡の治し方

ニキビ跡は、炎症が終わった毛穴に色素沈着が起きたり、皮膚が元通り再生せずクレーターになったりすることです。ニキビ跡にしないためのポイントは、色素沈着(シミ)を作らせないための活性酸素ケアと、肌の生まれ変わりをサポートすることになります。
ニキビ跡をキレイにする裏技

ビタミンC誘導体など色素沈着に対応する美白化粧品を使う

ニキビ跡がシミにならないために、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合された基礎化粧品を使いましょう。特におすすめなのは美容液。高い濃度でシミを防ぐ成分が含まれています。

定期的なピーリング

肌の生まれ変わりを正常にするために、古い角質を落とすピーリングはおすすめです。炎症ニキビが治まったタイミングで開始しましょう。

皮膚科のニキビ跡治療(レーザーなど)

凹凸のあるクレーター状のニキビ跡になってしまった場合は自宅ケアでは治すことが難しいため、皮膚科治療が有効です。レーザー治療で一度皮膚を破壊し、新しい皮膚に作りかえる施術などの方法があります。

2: 部位別ニキビの治し方

皮脂腺が発達した毛穴は顔に多く存在しますが、顔以外にも皮脂性毛穴が多く存在する場所があります。それは胸元と背中です。顔の場所別、そして背中や胸元などニキビのできやすい場所ごとに、特別注意して欲しいこともまとめました。先に述べた治療法と合わせて対策してみてください。

おでこニキビ

おでこにニキビが集中してできる方は、ヘアケアが関与している可能性もあります。シャンプーやトリートメント・スタイリング剤にはシリコンなどコーティング剤が多く含まれていて、毛穴を塞ぐ原因になります。ちゃんと洗い流せているか、おでこに残っていないかを考えてみてください。もちろん、洗う順番は頭皮・毛髪の後に洗顔を。
おでこニキビ について詳しく知る
これだけで80%以上が改善!生え際ニキビを治す簡単な方法

あごニキビ

大人ニキビの特徴でもあるあごにできるニキビは重症化しやすいことが悩みです。毛穴が細く深い上、ついつい触ってしまい炎症が起きやすいのです。乾燥が原因の場合が多いので、保湿力の高いニキビケアを使いつつ、「触らない」を意識しましょう。ホルモンバランスの乱れも大きな原因の一つ。ホルモンバランスを整える生活法も心がけてください。
あごニキビ について詳しく知る

胸元ニキビ

胸元は背中と同じく「体のTゾーン」と呼ばれる皮脂が多い場所。もともとニキビができやすい場所になります。皮脂や毛穴汚れをしっかり落としてくれるバスケアを使いながら、洋服などの摩擦にも注意してください。
胸ニキビ について詳しく知る

3: 年代別スキンケア・生活改善のポイント

10代のニキビの主な原因は過剰な皮脂、20代はそれに加えて生活習慣の乱れやストレス、30代からは加齢。このように違いがあるのなら、年齢に合わせたニキビケアが大切です。各年代で特に気を付けるべきことをまとめました。

10代の思春期ニキビはしっかり洗顔を!

10代にできる思春期ニキビの原因は、成長ホルモンの分泌によって出る過剰な皮脂にあります。急に増えた皮脂に対して、毛穴の成長が追いつかず、汚れや皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。
思春期ニキビを撃退するためにもっとも大切なことは「肌を清潔に保つこと」。しっかりと洗顔を行ないましょう。ただし、過度に皮脂を洗い落すとかえってニキビを悪化させることもあるので気をつけて。キメ細かく泡立てた洗顔料で肌をやさしくマッサージするように洗ってあげましょう。
洗顔の際に注意したいのが、手の汚れ。手にばい菌が付着したまま洗顔してしまっては、ニキビケアも台無しですよね。洗顔前にはまず手を洗うようにしましょう。
朝の慌ただしい時間に泡を作るのが面倒であれば、ワンプッシュで泡が出てくるポンプ式の洗顔料を使用するのはいかが? 泡タイプの洗顔料は、実はメンズ向け製品に豊富です。ドラッグストアのメンズコーナーで探してみましょう。
出典:メンズビオレ 泡タイプ洗顔
http://www.kao.com/jp/mensbiore/mbi_face_foam_00.html

20代は生活習慣の見直しと保湿ケア

まだまだ若い20代ではありますが、徐々に新陳代謝の低下や細胞の老化が進み、肌の回復力は下がっていきます。そこに追い打ちをかけるかのように、社会人として避けられない飲み会、忙しさによる睡眠不足などの生活の乱れ、ストレス……。
まずは、規則正しい生活を心がけましょう。睡眠が十分に足りていれば、ストレスもいくぶんかは軽減されます。眠りの質をはかるアイテムとアプリで、自分の睡眠を見直してみましょう。
出典:オムロン ねむり時間計
http://www.healthcare.omron.co.jp/sp/hsl002c/

30代は体の外側からも内側からもケアを

30代の肌は加齢とともに肌細胞のパワー不足が顕著にあらわれます。新陳代謝の低下に加え、コラーゲンを作りだす力もだんだんと衰えてきます。ホルモンの分泌も減少してくるので、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が毛穴をふさいでしまうことでニキビができることも。

外側からのアプローチは「保湿」

30代のニキビ対策にはなにはともあれ保湿です。表面だけではなく、肌の奥にある真皮にもうるおいを届けることが大切です。化粧水の後に、保湿成分の高いクリームで肌にしっかり“蓋”をしましょう。
最近は、大人の肌の乾燥対策として昔ながらのニベアがブレイクしています。ハンドクリームのイメージですが、顔に使用しても問題ありません。
出典:ニベアクリーム
http://www.kao.com/jp/nivea/nva_cream_01.html

サプリメントや食事で内側からビタミンC&コラーゲンを補給

また、ビタミンCやコラーゲンが豊富に含まれている食材やサプリメントで、体の内側からもケアをしましょう。ホルモンのバランスを整える質の良い眠りも効果的です。
とはいえ、30代は働き盛りで忙しいもの。食事での摂取が難しい日はビタミンCとコラーゲンを配合したドリンクで補いましょう。睡眠を妨げないよう、ノンカフェインのものをチョイスしたいですね。
出典:資生堂 ザ・コラーゲン
https://www.shiseido.co.jp/collagen/product/theDrink.html

まとめ

10代、20代、30代と、年代によってニキビができる原因は異なります。とはいえ、10代での洗顔方法は20代でも引き続き行なうことができますし、20代で心がけはじめた生活習慣は、30代でも継続させたいもの。歳を重ねるごとに上手にケア方法をアレンジして、ニキビレスな肌を目指しましょう。

M&Mスキンケアクリニック 副院長
今野 みどり監修

プロアクティブ
どの年代の方でもお使いいただけます!今なら送料無料!
シアー カバー
ニキビを悪化させずにきれいに隠すファンデーション

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*