ニキビ、ニキビ跡に!ビタミンCの効果を最大限に引き出すコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ビタミンC

大人になってからできるニキビは一度治っても繰り返しやすいですよね。肌質から改善していくにはビタミンCの摂取が有効です。しかし、ビタミンCは熱に弱いため食事では摂りづらく、化粧品では真皮までは浸透しづらいこともあります。今回は、ビタミンCの効果を最大限に引き出すコツをご紹介します。

肌質の改善につながるビタミンC

ニキビは毛穴や皮脂腺に皮脂や角質が詰まり、アクネ菌が増殖し炎症してしまうことで発生します。ニキビを治療するにはアクネ菌の増殖を抑え、炎症を鎮めることが重要です。また、ニキビのない健康な肌を作るためには、ビタミンの摂取が有効です。特にビタミンCは美肌に欠かせない栄養素で、ニキビ治療にも効果を発揮します。美容皮膚科においてもニキビ治療におけるビタミンCの有効性は認められています。
参考までに、最近行われたビタミンCの美容法のセミナーの記事もご覧ください。

ニキビができた時に市販の塗り薬を使用する人は多いのではないでしょうか?市販の塗り薬は一時的にアクネ菌の増殖と炎症を抑え、ニキビを治療することができます。しかし根本的な肌質の改善には繋がりません。市販薬を使う場合でもビタミンCと併用することで肌質の改善に繋がり、ニキビをできにくくすることが可能です。ではなぜビタミンCはニキビの治療に効果的なのでしょうか?

ニキビにも効果を発揮するビタミンC

肌質の改善につながるビタミンCビタミンCは肌荒れの改善や美白などの効果があることは広く知られています。その美肌の味方であるビタミンCはニキビにも力を発揮します。ニキビや皮膚の状態に悪影響を与える活性酸素という物質があります。免疫や異物の除去など身体に必要なものですが、過剰になってしまうと細胞に傷をつけ、身体に害を与えてしまいます。ストレスを感じると体内に活性酸素が発生するのですが、この時ビタミンCはどんどん消費されてしまいます。なぜならビタミンCには強い抗酸化作用があり活性酸素を還元し無害化する働きがあるからです。ストレスによりビタミンCが消費され不足してしまうと肌のターンオーバーが乱れ、皮脂を毛穴から排出することができず、ニキビや肌荒れを招きます。そのほかビタミンCにはニキビの原因の一つである過剰な皮脂分泌を抑制する働きもあるので、ニキビを予防するためにはビタミンCを十分に摂取することが重要です。

また、ビタミンCは人間の体内でコラーゲンを合成する際に必要になります。ビタミンCが十分ならば肌のターンオーバーが円滑に行われるため、毛穴の詰まりやニキビによる軽微な炎症を予防したり治したりすることができます。コラーゲンが体内で十分に合成されることで肌の再生を促し、ニキビ跡によるデコボコを目立たなくする効果も期待できます。

ビタミンCを効率的に摂取する4つの方法

ビタミンCがニキビに対して様々な効果があることが分かりました。それではビタミンCを摂取するのに最適な方法はなんでしょうか?

1. 食材から摂取する

ビタミンCを含む食材ビタミンCを多く含む食材はパプリカ、パセリ、ゴーヤ、ピーマン、オレンジ、柿、レモンなどが挙げられます。しかしビタミンCは熱に弱く、加熱すると壊れてしまいます。また、水に溶ける性質を持っているので茹でるとお湯の中に溶け出てしまい、含有量が減ってしまいます。ビタミンCを食材から摂取するときは、なるべく生のままサラダなどで食べるとよいでしょう。

2. サプリメントから摂取する

ビタミンCサプリビタミンCをサプリメントから摂取することも有効です。熱や水による含有量の減少が起きず、十分に摂取することが可能です。ビタミンCは過剰に摂取すると尿として排出されてしまうため、一度に摂取するのではなく、複数回に分けて摂取するようにしましょう。

3. 化粧水から補う

ビタミンCとビタミンC誘導体の浸透の違い肌からビタミンCを補給するために、ビタミンCが配合された化粧水を利用するのも有効です。ビタミンCは不安定な物質であるためそのまま皮膚に塗っても角質で弾かれてしまい、真皮までほとんど浸透しないため、ビタミンC誘導体が含まれているものを選ぶようにしましょう。「リン酸ビタミンC」や「APS」、「リン酸アスコルビン酸Na」といった成分がビタミンC誘導体です。特に効果の高いビタミンC誘導体としてはAPPS(アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸3ナトリウム)が挙げられます。化粧水を選ぶ際は成分表記に注意するようにしましょう。

4. ビタミンCとBは相性ばつぐん

ビタミンBを含む食材ビタミンC以外にもニキビや美肌に効果があるのがビタミンB群です。特にビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸の3種類はニキビに有効なことが知られています。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質代謝を促し、皮膚が炎症を起こしにくい状態を保つことができます。レバーや魚卵、納豆、卵などに多く含まれます。

ビタミンB6

ビタミンB6は肌のターンオーバーを正常にする働きがあります。ニンニク、まぐろ、かつお、鶏肉などに多く含まれます。

パントテン酸

パントテン酸には皮脂の分泌を抑制する作用があります。

ビタミンCだけではなく、ビタミンB群を合わせて摂取することでニキビの発生を抑え、美肌をキープすることができます。

ビタミンCの効果を最大限に活かそう

ニキビの救世主であるビタミンCを効果的に摂取するためには、化粧水の成分や摂取方法に注意することが重要となります。ただやみくもにビタミンCを摂取るだけでは、効果を最大限に活かすことができません。ちょっとした点に気を配るだけで、ニキビのない綺麗な肌を目指すことができます。

プロアクティブ
No.1のニキビケア!今なら送料無料&4つから選べるプレゼントつき♪
シアー カバー
ニキビをきれいに隠すファンデーション♪豪華7点セットがお得です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*

ニキビケアの日