お酒を飲むとニキビができる?美肌キープのポイント5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お酒も種類を選んでたしなむようにしてみましょう。

みなさん、お酒は好きですか?
好きな人、飲めない人、中には「好きだけどお酒を飲むとニキビがひどくなるから…」と控えている人もいるかもしれませんね。本当にお酒がニキビの原因になるのでしょうか。ここではニキビとお酒の関係について検証し、ニキビを防ぎながらうまくお酒と付き合う5つのポイントをご紹介します。

お酒とニキビの関係

飲酒は体に様々な影響を与えます。ニキビができやすい肌になってしまうことも…。

肌の炎症がおきる

アルコールには血管を膨張させて血行を促進する作用があります。お酒を飲むと体が温まりますよね。肌にもその影響があり、毛穴が炎症をおこしてニキビができやすくなったり、ニキビのかゆみがひどくなったりします。

 糖質・脂質が皮脂を分泌

ビールや日本酒などには糖質がたっぷり含まれています。また酒のつまみに、揚げ物など脂質や糖質を多く含むメニューを食べる人も多いと思います。糖質や脂質の摂りすぎは皮脂の分泌を促すため、ニキビができやすくなります。

肝機能の低下

肝臓はアルコール分解を促進する重要な働きをしてくれます。しかし飲酒が過ぎると肝機能が低下し、分解が追い付かなかった毒素が体内に蓄積されます。この溜まった毒素がニキビとして肌にあらわれることがあります。

 体内のビタミンを消費

アルコールを分解するとき、体内のビタミンB群が消費されます。ビタミンBは健康な肌をつくるために欠かせない成分なので、不足するとニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 間接的要因

飲み会に参加すると、ずっと化粧をしたままだったり、帰宅後に化粧を落とさずに寝てしまったり…ということもありますよね。長時間の化粧は肌のストレスになり、毛穴も詰まってしまいます。
またアルコールを摂取すると睡眠が浅くなります。すると交感神経が優位に働き、男性ホルモンが活性化して皮脂が多く分泌されます。こういったこともニキビができる要因となります。

ニキビを悪化させないお酒の飲み方

「ニキビはいやだ!でもお酒はやめられない…」という人のために、ニキビを悪化させないために気をつけるべき5つのポイントをご紹介します。

1.適量でストップ

美容・健康のためにはこの方法が一番。お酒に強い人・弱い人がいるため、どのくらいが適量か一概には言えませんが、肝臓への負担を考え、多くともビールなら中びん2本日本酒なら2合(200mLのコップ2杯弱)焼酎なら1.2合(200mLのコップ1杯強)でストップしましょう。(社団法人アルコール健康医学協会

自分の体調と向き合って、飲みすぎないよう心がけましょう。週に2日ほど休肝日を設けるのもおすすめです。

2.おつまみに注意!

ニキビのない美肌をめざすなら、おつまみの選び方にも注意が必要です。以下のポイントに注意しながらメニューを注文しましょう。

  • 揚げ物を避ける (唐揚げ、コロッケ、フライ枝豆ドポテトなどには糖質、脂質がたっぷり!)
  • 甘い味付けを避ける (焼き鳥ならタレではなく塩、魚なら照り焼きではなく塩焼きを選ぶ)
  • ビタミンBが豊富なメニューを選ぶ (枝豆、豚肉料理、レバーなどがおすすめ)
  • 締めのラーメンやデザートは控える (糖質が多く含まれます)
next> 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
大門 エリカ

大門 エリカ

ライター/外資系化粧品会社で翻訳などの業務に従事する傍ら、イギリスで舞台について学んだ経験を生かし、演劇に関するブログ執筆に携わる。舞台女優にも知人が多く美容に関しての知識が豊富。趣味はダンスとキックボクシング、美容雑誌を読むこと。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


ネスレ
キティLP