お酒を飲むとニキビができる?美肌キープのポイント5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お酒も種類を選んでたしなむようにしてみましょう。

みなさん、お酒は好きですか?
好きな人、飲めない人、中には「好きだけどお酒を飲むとニキビがひどくなるから…」と控えている人もいるかもしれませんね。本当にお酒がニキビの原因になるのでしょうか。ここではニキビとお酒の関係について検証し、ニキビを防ぎながらうまくお酒と付き合う5つのポイントをご紹介します。

お酒とニキビの関係

飲酒は体に様々な影響を与えます。ニキビができやすい肌になってしまうことも…。

肌の炎症がおきる

アルコールには血管を膨張させて血行を促進する作用があります。お酒を飲むと体が温まりますよね。肌にもその影響があり、毛穴が炎症をおこしてニキビができやすくなったり、ニキビのかゆみがひどくなったりします。

 糖質・脂質が皮脂を分泌

ビールや日本酒などには糖質がたっぷり含まれています。また酒のつまみに、揚げ物など脂質や糖質を多く含むメニューを食べる人も多いと思います。糖質や脂質の摂りすぎは皮脂の分泌を促すため、ニキビができやすくなります。

肝機能の低下

肝臓はアルコール分解を促進する重要な働きをしてくれます。しかし飲酒が過ぎると肝機能が低下し、分解が追い付かなかった毒素が体内に蓄積されます。この溜まった毒素がニキビとして肌にあらわれることがあります。

 体内のビタミンを消費

アルコールを分解するとき、体内のビタミンB群が消費されます。ビタミンBは健康な肌をつくるために欠かせない成分なので、不足するとニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 間接的要因

飲み会に参加すると、ずっと化粧をしたままだったり、帰宅後に化粧を落とさずに寝てしまったり…ということもありますよね。長時間の化粧は肌のストレスになり、毛穴も詰まってしまいます。
またアルコールを摂取すると睡眠が浅くなります。すると交感神経が優位に働き、男性ホルモンが活性化して皮脂が多く分泌されます。こういったこともニキビができる要因となります。

ニキビを悪化させないお酒の飲み方

「ニキビはいやだ!でもお酒はやめられない…」という人のために、ニキビを悪化させないために気をつけるべき5つのポイントをご紹介します。

1.適量でストップ

美容・健康のためにはこの方法が一番。お酒に強い人・弱い人がいるため、どのくらいが適量か一概には言えませんが、肝臓への負担を考え、多くともビールなら中びん2本日本酒なら2合(200mLのコップ2杯弱)焼酎なら1.2合(200mLのコップ1杯強)でストップしましょう。(社団法人アルコール健康医学協会

自分の体調と向き合って、飲みすぎないよう心がけましょう。週に2日ほど休肝日を設けるのもおすすめです。

2.おつまみに注意!

ニキビのない美肌をめざすなら、おつまみの選び方にも注意が必要です。以下のポイントに注意しながらメニューを注文しましょう。

  • 揚げ物を避ける (唐揚げ、コロッケ、フライ枝豆ドポテトなどには糖質、脂質がたっぷり!)
  • 甘い味付けを避ける (焼き鳥ならタレではなく塩、魚なら照り焼きではなく塩焼きを選ぶ)
  • ビタミンBが豊富なメニューを選ぶ (枝豆、豚肉料理、レバーなどがおすすめ)
  • 締めのラーメンやデザートは控える (糖質が多く含まれます)

3. 蒸留酒を選ぼう!

お酒の種類は、製法の違いから醸造酒・蒸留酒・混成酒に分けられます。

  • 醸造酒 …穀物や果物を発酵させたもの(ビール、日本酒、ワイン)
  • 蒸留酒 …醸造酒を蒸留したもの(焼酎、ウィスキー、ウォッカ、泡盛、テキーラ、ジン、ラム)
  • 混成酒 …醸造酒や蒸留酒に糖や香料を加えたもの(梅酒、果実酒)

ここで注目したいのがお酒に含まれる糖質の量です。先ほど述べたように糖質を摂りすぎるとニキビができやすくなるので、できるだけ糖質の少ない蒸留酒を選ぶことをおすすめします。
糖質 表

※ 参考:姫野友美「美しくなりたければ食べなさい」/ 三笠書房

上の表からわかるように、醸造酒・混成酒には糖質が多く含まれますが、蒸留酒はほぼゼロです。醸造酒には原料の糖分が残っていますが、蒸留酒は蒸留(加熱してアルコールを気化させ、一気に冷やして液化する)の工程で糖分がアルコールと分離するため、糖質がほとんど含まれないのです。

☆オススメのお酒
蒸留酒の中でも、特に私がオススメしたいのが黒糖焼酎です。

黒糖焼酎れんと
画像出典:http://lento.co.jp/shop/products/list.php?category_id=11

糖質はゼロなのに、黒糖の甘みが活かされていて味がまろやかなので、女性にも飲みやすいお酒です。また、原料の黒糖にはミネラルやビタミンBが豊富に含まれているので、美容・健康にも嬉しいです!

☆醸造酒は糖質が多いから絶対ダメ、というわけではありません。ワインにはポリフェノール、ビタミン、ミネラル、日本酒にはアミノ酸といった美容に良い成分が含まれています。いずれにしても飲み過ぎは厳禁。適量を味わいながら飲むのが一番でしょう。

4.水分・ビタミン補給

アルコールには利尿作用があり、体内の水分が排出されます。水分を十分に摂取せずにお酒を飲むと、体が脱水症状をおこし肌も乾燥してしまいます。肌の乾燥はニキビの原因になりうるので、アルコールを摂取したあとは十分に肌を保湿しましょう。そしてお酒を飲むときは、水割りにしたりチェイサーを用意したりして、酒:水=11の割合で飲むことをおすすめします。

また、アルコールの分解で失われるビタミンも積極的に摂りましょう。レモン食べ物から摂取するのが理想的ですが、忙しいとなかなか難しいですよね。そんなときにはサプリで手軽に補うのも良いでしょう。

※サプリ選びのコツ: http://nikipedia.jp/acne-suppliment-2214

5.メイクは必ず落とす

飲み会で帰りが遅くなって、家に着いたらメイクしたままそのま洗顔まベッドにバタン…という女性もいるのではないでしょうか。夜遅くで疲れていても、必ずメイクは落としてください。クレンジング剤で落としてしっかり洗顔するのがベストですが、「そんな余力はない…」という方は、シートタイプのメイク落としを利用するとよいでしょう。

メイクをした状態が長時間続くと、それだけで肌にストレスがかかりニキビの原因になってしまいます。飲み会で遅くなることが多い人は、できるだけ肌にストレスをかけない化粧品を使用しましょう。

最近は肌にやさしい処方のベースメイク商品が多く販売されていますが、特にオススメなのがミネラルファンデーション。肌への負担が少ない処方ながら、しっかりカバーしてくれる優秀なアイテムです。

※ニキビを悪化させないファンデーションの選び方: http://nikipedia.jp/acne-foundation-2432

まとめ

今回はうまくお酒と付き合いながらニキビを防ぐ方法をご紹介しました。「ニキビができるかも…」と気にしすぎると、せっかくの飲み会も楽しめないし、ストレスになってしまいますよね。ぜひ5つのポイントに気をつけながら、楽しくお酒を飲みましょう!

プロアクティブ
大人のニキビにプロアクティブ+
シアー カバー
長時間メイクでも安心。
肌にやさしいミネラルファンデ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
大門 エリカ

大門 エリカ

ライター/外資系化粧品会社で翻訳などの業務に従事する傍ら、イギリスで舞台について学んだ経験を生かし、演劇に関するブログ執筆に携わる。舞台女優にも知人が多く美容に関しての知識が豊富。趣味はダンスとキックボクシング、美容雑誌を読むこと。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!