重症ニキビこそ、抗生物質が効く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
抗生物質

「ニキビがなかなか治らない、大量にニキビができてしまう…」。こんな方は、病院に行かれる人も多いようです。ニキビ治療薬として、処方されるのが抗生物質。効果に期待ができる反面、長期的な服用には抵抗がある人が多いのも事実です。ニキビの悩みや効果は、個人差があるため、一概にこうした方がいいという結論を出すことができませんが、「炎症が強いニキビや痕を残したくない」といった場合に、短期的に取り入れることがよいのではないでしょうか。

抗生物質のデメリットとリスク。

抗生物質は、病院で診断後、薬を処方してもらいます。病院の診察費用は、3割負担の場合、初診料810円、再診料370円、処方箋料200〜210円、その他処置料がかかり、さらに薬代として500〜3,000円前後かかります。また、通常5日分〜2週間分の薬を処方してもらうため定期的に病院に行く場合は、その分費用もかさみます。また手間や時間もかかることもデメリットでしょう。抗生物質についてのリスクですが、薬ですので効果がある一方で副作用が出る場合もあります。そもそも抗生物質は長期服用するとニキビの殺菌耐性をつけてしまい効果がなくなってしまう性質があるので頻繁に利用するのは注意が必要です。炎症が強い時や膿をもったニキビの時に使用します。

抗生物質のメリットは、ズバリ重症ニキビの改善。

抗生物質は食前食後のタイミングなどで飲むタイプの「内服薬」と、ニキビができている患部に塗る「塗り薬」の2種類があります。ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌することにより、炎症をおこしたり化膿したニキビを治します。

next> 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


paidy