簡単ですぐにできる!背中ニキビの治すときに知っておきたい5の秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 3:食べ物と背中ニキビとの関係。漢方を取り入れてもOK!

 ニキビの原因は実はひとつではありません。食生活が原因で、肌が脂性肌に傾いている人もいます。例えば、糖分や脂肪分、アーモンドなどのナッツ類、激辛の香辛料などは、皮脂腺が刺激され、皮質分泌量が多くなるので、背中ニキビをつくる原因となります。忙しく、食事に気を使っていられない人は、サプリメントえビタミンB2,B6を摂取するのも
効率的でいいと思います。毎日の食生活で、ニキビが改善できればよいのですが、それでも治らない場合、「漢方」を取り入れる方も多いようです。漢方では、カラダが本来持っている自然治癒力を高め、代謝・自律神経・ホルモンの3つのバランスを整え、キレイな血液・細胞を作ってバランスを回復し、さまざまな症状を改善します。長期的に体質改善をすることで、ニキビを治すため、費用と手間がかかるのがネックですが、将来の健康とキレイな肌のために、取り入れてもよいかもしれません。

4:経済的でもしかも楽に、背中ニキビを治すためには?

背中ニキビを治すために早速今日から取り組んで欲しいことがバスタイムのケア。シャンプーなどが顔や背中に残るとニキビの原因になるため、洗う順番を髪→顔→ ボディの順にすすぎ残しがないようにします。背中のゴシゴシ洗いやシャンプーなどのヘアケア剤、石鹸、ボディソープのすすぎ残しがないようにしましょう。また、スキンケアを取り入れることも行こうです。背中の皮膚から余分な角質をピーリングで取り除きます。ピーリングといっても、石鹸やジェルなど様々、背中は手が届きにくい部分なので、AHA(フルーツ酸)や酵素が含まれる石鹸タイプのもので洗って流すのもおすすめ。ピーリング後はしっかり保湿をしましょう。

5:それでも治らないなら皮膚科(クリニック)ケアを!

Young female doctor手が届きにくく、ケアしにくい背中のニキビ。例えば、夏までにニキビをキレイに治したい、1カ月後に控えた結婚式までに治したい、そんな時に「皮膚科(クリニック)」に来院する方も少なくありません。皮膚科ではどんなことをするのでしょう。まず一般的に行うことが「ピーリング」と呼ばれるもの。背中全体にピーリング剤(AHA)やサルチル酸、グリコール酸などを塗ります。肌表面の不要な角質を除去し、健康なターンオーバーを促すために必要です。次に、イオン導入です。ビタミンC誘導体などを肌全体に浸透させます。病院によって料金は様々ですが、1回の相場が1万5000〜2万円前後です。イオン導入やピーリングの場合、保険適用外なのでお値段はちょっとクリニック利用で、さらにキレイな背中がめざせるでしょう。

<まとめ>

いかがでしたか。背中のニキビケアは今日からできることがお分かりいただけたと思います。面倒がらず、バスタイムでしっかり背中を洗ったり、たまにクリニックでピーリングを受けたり。ぜひ工夫して治してくださいね。

参考サイト:背中にできるニキビの原因と治し方

M&Mスキンケアクリニック 副院長
今野 みどり監修

<prev 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

春のキャンペーン