お尻ニキビを撃退!赤ちゃんのようなツルツルのお尻に近づくための4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニキビやニキビ跡のないキレイなお尻を手に入れるために、まずはご自身の状態をチェックし、症状にあった正しいケアをすることが大切です。お尻ニキビができる原因やできてしまったときの対処法、予防する方法についてご紹介します。

それ本当にニキビ?まずは自分の症状を把握する

体のニキビができやすい部分は?というアンケートで、4位にランクインするお尻。女性より男性の方が悩む方が多いようです。

アンケート(体のニキビが出来やすい部分は?)
※2006年12月 ガシー・レンカー・ジャパン調査(10代~40代を中心としたニキビに悩む男女3,067名)

お尻は衣服の摩擦やムレ、長時間座っていることによる圧迫刺激などで角質が厚くなり毛穴が詰まりやすく、ニキビができやすい部位といわれています。そしてイスに座ることでニキビに刺激を与えてしまうので、治りにくい部分でもあります。ニキビ跡になってしまうとなかなか消えず、跡が残ってしまうこともあります。

また、中にはニキビではなく、ニキビに似た別のできものの場合もあります。それぞれの症状にあったケアをすることが重要なので、下記を参考にご自身の状態を把握しましょう。

お尻の肌トラブルは3つ。ニキビ、粉瘤(ふんりゅう)、おでき

お尻の肌トラブルには、ニキビ、粉瘤、おできの3つがあります。あなたの症状がどれに当てはまるのかを正しく判断し、その症状にあった対処をしていきましょう。

ニキビとは?

毛穴が皮脂や角質で詰まり、中でアクネ菌が増えることでできる皮膚表面上の炎症。

  • 色:炎症が起きる前は白っぽい。炎症が悪化すると、赤くなったり黄色くなったりして膿む
  • 形:皮膚の表面がぽこっと盛りあがっている
  • 痛み:炎症がひどくなると痛みを伴う
  • 特徴:毛穴の多い箇所や、皮脂分泌が多い箇所にできる。ニキビの炎症が悪化すればするほど、跡が残りやすくなる

粉瘤(ふんりゅう)とは?

はがれ落ちるアカなどの老廃物が、皮膚の下にできた袋状の腫瘍の中に溜まった状態。良性の腫瘍

  • 色: 肌色、またはできものの真ん中が黒っぽい
  • 形:肌の表面がぽこっと盛りあがっている
  • 痛み:通常、痛みはないが細菌などに感染した場合、腫れて痛むこともある
  • 特徴:お尻だけでなく、首や顔など体のさまざまな部分にできる

粉瘤の画像はこちら(出典:日本皮膚科学会) 粉瘤の治療法はこちらをご覧ください

おできとは?

毛穴の奥にブドウ球菌が感染し、そのまわりが化膿している状態。毛穴のある場所ならどこにでもできる

  • 色: 赤い
  • 形:膿が溜まるとしこりになり赤く腫れる
  • 痛み:痛みを伴う
  • 特徴:ストレスや体調不良などによって免疫力が低下すると発生しやすくなる

お尻ニキビの対処法

ニキビができてしまったときの対処法は顔にできたニキビと同じです。なぜならお尻にできるニキビも、顔にできるニキビも原因は一緒。毛穴が皮脂や角質で詰まり、毛穴の中でアクネ菌が増えることで発生します。また、一度治ったニキビも油断していると再発します。

キレイなお尻をキープするためにも、ニキビケアを日々の習慣にして、下記の手順でしっかり撃退しましょう!

ニキビ撃退の三ヶ条

  • 毛穴をふさぐ皮脂や古い角質を取り除く
  • アクネ菌を殺菌する
  • きちんと保湿をする

準備するもの

  • 準備するものスクラブ入り薬用ボディソープ
  • ボディブラシ(電動で毛質が柔らかいものがオススメです。)

 

ケアの手順

ケアの手順

  1. 湯船に浸かる(毛穴を開かせ毛穴の汚れが取れやすい状態にする&古い角質を取りやすくする)
  2. スクラブ入りボディソープを手にとり、濡れたお尻につける
  3. ボディブラシを濡らす
  4. ブラシを肌にそっと触れるようなイメージで、力を入れずにやさしく円を描くように動かす
  5. ぬるま湯でしっかり洗い流す
  6. 毛穴のお掃除をしたあとは、肌が乾燥しないようにしっかり保湿をする
next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
長谷川 洵

長谷川 洵

ライター/化粧品会社勤務7年目・東京都生まれ。受注業務のプロフェッショナルとして、またビューティアドバイザーとして5年間実績を積んだ後、マーケティング・PR業務に携わる。幅広い化粧品の知識を生かし、現在、ヘアケアやメイク、サプリメントなど7ブランドのECサイト運営を行っている。趣味は海外旅行、ネイル、ゴルフ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

paidy