3つの部位別リサーチ!フェイスラインのニキビで注意すべき点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フェイスラインニキビに悩む女性

フェイスラインとは、耳から顎にかけてのいわゆるUゾーンのことを指します。フェイスラインにニキビができると、頬杖をついた時についつい手で触わってしまうということはないでしょうか?フェイスラインのニキビは手で触れやすい場所であるがゆえに、悪化しやすいニキビです。今回は、フェイスラインの中でも各部位別に検証し、各所のニキビを悪化させる要因と改善方法を紹介します。

1. 部位別に検証!フェイスラインのニキビの注意点

フェイスラインの説明フェイスラインのニキビといっても、それぞれの部位で注意すべきことがあります。

イラストの赤マル箇所①耳の前(もみあげ付近)、②頬付近、③顎、顎の下、について、それぞれの特徴や注意すべきポイントを挙げていきます。

①耳の前(もみあげ付近)

・シャンプーや洗顔料のすすぎ残しでニキビ悪化

もみあげのあたりのニキビを悪化させる原因として、よく耳にするのがシャンプーや洗顔料のすすぎ残しです。洗顔の際に水で流しきれずに残った洗顔料が毛穴に詰まり、ニキビを悪化させるというケースは少なくないので注意が必要です。

下記ページにて、生え際のニキビの改善方法を紹介した記事が掲載されているので、参考にしてみてはいかがでしょう。
http://nikipedia.jp/hairline-acne-5051

・ニキビとは違う!粉瘤というできもの

フェイスラインの中でも耳の前のあたりは粉瘤(ふんりゅう)ができやすい場所でもあります。粉瘤とは皮膚の下にできるできものの一種で、しこりになっていて硬く、中央に黒い穴のような点があるのが特徴です。粉瘤はニキビと違い、スキンケアで治るものではありません。粉瘤とは知らずにニキビだと思って放置していたら、いつのまにか大きくなって激痛で眠れなくなったという人も…。

もし、下記ページの写真と症状が一致しているようでしたら、専門医に診てもらいましょう。

>粉瘤の写真の掲載ページ
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa17/q01.html

>ポコッとできた謎の痛いしこり!おできやニキビと粉瘤を見分けるには
http://health-to-you.jp/konakobu-shu/odekifunryuumiwakeru5553/

②頬付近

・不衛生な枕でニキビが悪化

頬付近のニキビで気をつけたいのが、普段使っている枕。枕カバーを洗わずにそのまま使い続けると、ダニとその死骸など雑菌の巣窟になります。特に、就寝前に化粧水や保湿クリームをつける人は、それが枕に付着するのでダニや雑菌の繁殖率は何倍にもなります。そのような環境で、長時間頬に枕が触れている状態が続くと、ニキビ部分に雑菌が付着し、ニキビの悪化につながります。枕カバーは常に清潔に保つためにも、最低3日1度は変えたいところです。カバーを変えるのが面倒だというときは、枕に手ぬぐいなどを巻いてそれを変えるというのも良いでしょう。

・髪の毛が触れることでニキビが悪化

特に頬のあたりに髪の毛が触れやすいボブヘアなどの髪型にしている場合は要注意です。毛先が肌にあたること、髪に付着した雑菌がそのまま肌に触れることなども、ニキビの悪化要因としてはあなどれません。極力髪を後ろに束ねるなど髪が肌に触れないようにするのが理想です。

また、洗い流さないトリートメントなどを使っていて、その髪がちょうどフェイスラインにあたり、ニキビができてしまったという人もいるので、フェイスラインのニキビが気になる時は、髪にトリートメントやスタイリング剤をつけるのは控えた方が良いでしょう。

※ホホバオイルを髪につければ、肌に触れても大丈夫!

ホホバオイルこれまで洗い流さないトリートメントを使っていて、フェイスラインにニキビができたという人が、スキンケア用のホホバオイルをトリートメント剤代わりに使ってみたら、髪の毛が肌に触れていても、ニキビができなくなったというケースがあるようです。

ホホバオイルは、人間の皮脂と似ていて高い浸透力と保湿力があり、皮脂のバランスとターンオーバーを整える効果があるので、洗い流さないトリートメントと比べ、ニキビへの影響がなかったのかもしれません。

髪は肌に触れないようにするのがベストですが、どうしても髪をおろしたい、髪でニキビを隠したいという人は、ホホバオイルを試してみてもよいかもしれません。

画像出典:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076986591

※以下の記事でホホバオイルについての詳しい情報が掲載されています。
http://nikipedia.jp/jojoba-oil-acne-5127

顎、顎の下

顎近辺は程度の差はあれ、男女関係なく男性ホルモンの影響を受けやすい箇所です。男性ホルモンの影響でニキビが悪化する要因として、ひとつ挙げられるのは「髭」です。特に男性はニキビができて肌が弱っている状態であれば、カミソリをあてるのは控えましょう。硬い髭をカミソリで剃るときの肌への負担は大きいので、髭を剃るときは、電気カミソリを使うことをおすすめします。

一方、女性の場合でも顎のあたりの産毛が気になるという人はいるのではないでしょうか。男性の場合は毛が濃いため、シェービング時に肌に負担がかかりますが、女性の場合、やり方次第では産毛の処理をした方が良いという意見もあります。ニキビケアの観点で顔そりの利点を説明したページがあるのでご紹介しておきます。

>顔色アップだけじゃない!顔そりはしつこいニキビにも効果あり?
http://www.skincare-univ.com/article/000593/

※その他、フェイスラインのニキビの注意点

冒頭でも触れていますが、フェイスラインのニキビは、無意識のうちについ手で触りやすい場所です。特に何気なくつぶしてしまうことで、菌がその周囲にまで繁殖してしまい、今までニキビがなかった箇所にもできてしまう恐れがあります。フェイスラインにニキビがある時は極力触らないように意識してください。

さらに、フェイスラインにニキビができるその他の要因として、バランスの崩れが招く皮脂の過剰分泌、腸内環境の乱れなどが挙げられます。それらの要因に対する対処法をまとめている記事があるのでご紹介します。

>二度と顎ニキビで悩まないために今日からできる3つのこと!
http://nikipedia.jp/acne-chin-1227

フェイスラインのニキビ専用アイテムで集中ケア!

数多くあるニキビケアの商品の中でも、フェイスラインのニキビ向けの商品が販売されています。ここではおすすめの商品をご紹介します。

・ペリカン石鹸 薬用石鹸 For U zone

ペリカン石鹸ForUZone画像出典: http://www.cosme.com/product/pdt_dtl/item_id/1000026624

Uゾーンのニキビケアに特化している珍しい石鹸です。爽やかなハーブの香りが効いていて、洗い上がりはさっぱりしています。値段もそれほど高くなく、普通の石鹸よりも減りにくいのでコストパフォーマンスにも優れた石鹸です。

メルライン

メルライン画像出典:http://www.real-beautycare.com/melline_a7/

メルラインは、フェイスラインにニキビができる3大原因とされているターンオーバーの乱れ、乾燥、毛穴の皮脂詰まりに着目し、フェイスラインに潤い成分を与え、健康な肌サイクルに戻すことを目的につくられたジェルです。また、このジェルひとつで化粧水、乳液、美容液、クリームの効果があるため、忙しい中でも簡単にスキンケアが出来るところが嬉しいアイテムです。

まとめ

フェイスラインのニキビは案外目立つもので、治りにくいことも多いため、なかなか悩ましいものだと思います。今回紹介したフェイスラインのニキビを悪化させる要因以外にも、頬杖をつくなどの普段の何気ないクセがニキビに悪影響を及ぼすこともあるかもしれません。さらに頬杖つくことが習慣になると、ニキビが悪化するだけでなく、フェイスラインのゆがみが生じることも…。

普段ついやってしまう良くない習慣を改めることは、ニキビを改善させるだけでなく、美を維持することにもつながります。これを機に普段の行動を見直してみてはいかがでしょう。

プロアクティブ
フェイスラインのニキビにもオススメ!新処方のプロアクティブ+
シアー カバー
フェイスラインのニキビもきれいに隠せるファンデーション

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*