繰り返すニキビの悩み。原因は「隠れニキビ」にあるかも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
隠れニキビ

「ニキビが治ったと思ったら、今度は別の場所にニキビができた」という経験はありませんか?洗顔や日常生活に気をつけているのにニキビが繰り返しできてしまう人は、もしかしたら「隠れニキビ」が原因かもしれません。赤ニキビの予備軍とも言われる隠れニキビについて紹介します。

1. 「隠れニキビ」って知っている?繰り返すニキビの原因になることも

まずはニキビの周りの肌をチェック!

ニキビができると、今あるニキビをなんとかしようとする人が多いかもしれません。しかし、ニキビのない肌をキープするには、ニキビの周りの肌や一見何もトラブルのない部分を確認することも大切です。

特に炎症性の赤いニキビを繰り返す人は、「隠れニキビ」が多いタイプである可能性があります。ニキビのない肌を目指すには、赤ニキビになる可能性のある「隠れニキビ」への対策も必要なのです。

2. 隠れニキビってどんなもの?

隠れニキビは、皮脂線がつまった毛穴のことを指します。隠れニキビには、目で確認できるタイプと、目で確認できないタイプがあります。

目で確認できる毛穴の詰まり

目に見える隠れニキビに、皮脂で毛穴の出口がつまって少し盛り上がった状態のものがあります。皮脂の色の状態により「白ニキビ」「黒ニキビ」と呼ばれることもあります。

医学的には、ニキビとは皮脂や細菌により毛穴に炎症を生じた「赤ニキビ」のことを指し、「尋常性ざ瘡」と呼ばれています。一方の白ニキビと黒ニキビは、医学的には「面皰(めんぽう)」と呼ばれ、ニキビの初期症状とされています。

この2つのニキビは毛穴が詰まった非炎症ニキビの状態で、悪化すると赤ニキビに発展する可能性のある「隠れニキビ」なのです。

隠れにキビ

白ニキビと黒ニキビはどのような段階を経て、赤ニキビになるのかは次の通りです。

  1. いくつかの原因により、肌の毛穴が皮脂によって塞がれる。(白ニキビの状態)
  2. 毛穴に詰まった皮脂が、空気に触れることで酸化する。(黒ニキビの状態)
    ————————————————————————————–
    (↑ここまでが隠れニキビとされる。)
  1. ニキビの原因菌が増えて、肌に炎症を起こす。(赤ニキビの状態)

赤ニキビになったあとも、肌の再生がスムーズに行われなければ、炎症が進んで膿がたまる「黄色ニキビ」、肌の中で出血して紫色になる「紫ニキビ」、紫外線によりシミとなる「茶ニキビ」の状態へと進むこともあります。こうなると、個人のセルフケアだけでは対処できなくなり、専門医の受診が必要となるケースもあります。ニキビは、赤ニキビが現れる前の隠れニキビの段階で対処するのがベターです。

肌がきれいな人も注意!目で確認できないタイプの隠れニキビ

目で確認できないタイプの隠れニキビ「私は白ニキビも黒ニキビもないから大丈夫」と思っている人も注意が必要です。隠れニキビは、目に見えるタイプだけでなく、目で確認できないタイプもあります。その正体は毛穴の中の皮脂腺にあります。

一見肌がキレイな人でも、肌の下にある皮脂腺は風船のように膨らんでいる場合もあり、将来ニキビになる可能性を持っているのです。目に見える毛穴の詰まりは、まさに氷山の一角の状態と言えるでしょう。

下記の番組動画で芸能人の方々が、隠れニキビがあるかどうか検査しています。(48分頃から)

http://www.miomio.tv/watch/cc274444/

※ニキビの話題は43分頃から始まります。

隠れニキビができやすいのは梅雨時から夏場

夏1年の中でも隠れニキビに特に注意したいのが、梅雨が始まる6月から夏場の時期です。紫外線の降り注ぐ量は、1年の中でも春頃からピークを迎えるといわれます。特に、紫外線を浴びると、肌の角質が厚くなるので、毛穴が通常より狭くなることもあります。そのため、皮脂腺から皮脂がスムーズに排出されないことで、毛穴が詰まりやすくなります。

さらに、6月以降になれば、湿度も増すので、アクネ菌などの細菌が増殖しやすくなります。6月から夏にかけて、肌はニキビを始めとするトラブルが一気に出やすい時期であるといえるでしょう。

3. 隠れニキビの原因と治し方

原因の多くは生活の乱れとストレス

隠れニキビができる原因として多く挙げられるのは、偏った食事や睡眠不足などの生活の乱れやストレスです。食事で摂る糖分や脂質が増えれば、体で合成される脂質も増えることで、毛穴から出る皮脂量も多くなります。また、睡眠が足りなかったり、ストレスをためると、男性ホルモンが優位になり、同様に毛穴から出る皮脂量が増えます。ニキビを繰り返す人は、まずは自分の生活習慣を見直すことが大切です。

日常生活のこんな行動も「隠れニキビ」の原因だった!

普段無意識に行っている行動も、肌に刺激を与えたり雑菌を繁殖させるなど、隠れニキビの元となる皮脂の増加の原因として考えられます。

頬杖よく顔を触る

手には見えない雑菌がたくさんあります。普段から無意識のうちに顔を触るクセのある人は雑菌が繁殖しやすく、さらに僅かですが肌への負担となります。そういった負担から肌を守ろうとして、皮脂腺から余分な皮脂が分泌されるようになります。頬づえをつく習慣がある人も要注意です。

タオル使い古したタオルを使用している

古くなったタオルをいつまでも使うことも、肌にとってはよくない影響があります。最初はふわふわだったタオルの繊維も使う度にゴワゴワに。ゴワゴワになったタオルで拭き取ることによる肌への負担はあなどれません。また、古いタオルの繊維が肌に残って、雑菌の繁殖のきっかけになることもあります。隠れニキビ予防のためにも、やさしい素材で清潔なタオルを選ぶようにしましょう。

今日から始められる!隠れニキビ対策は?

体の内側から肌を強くするのなら「コラーゲン」が有効!

ヒアルロン酸肌を守るために分泌される皮脂の量を抑えるためには、肌のバリア機能を高める必要があります。肌のバリア能力の決め手は、肌の弾力性と潤いです。これらを高める効果があるとされるのが、「コラーゲン」です。以前まで「口からコラーゲンを摂取しても、アミノ酸となって吸収されるため、肌に効果はない」という説もありました。しかし最近になって、口から摂取したコラーゲンの一部が血流に乗って体に行きわたり、肌の弾力を保つ効果があることが分かりました。実際に、コラーゲンの摂取により肌の水分量が上がることが研究により明らかになっています。

食品別コラーゲンの配合量1日に取りたいコラーゲンの量はどれくらい?

健康的な肌をキープするのに理想的なコラーゲンの量は、1日5 gとされています。日本人の平均的なコラーゲンの摂取量は3 gとされているので、隠れニキビを予防したいけれどコラーゲンが足りないという自覚がある人は、意識的にコラーゲンを摂ってみましょう。コラーゲンをよく含む食べ物には以下のものがあります。

コラーゲンは動物食品の骨や皮の部分に多く含まれます。肉類ではゼラチン質の部分、魚類の場合は皮まで食べるようにすると良いでしょう。

隠れニキビにはニキビ治療薬「ディフェリンゲル」が有効

最近の医療や美容分野で注目されているのが「ディフェリンゲル」です。2008年にニキビ治療薬として認可されたもので、医療現場でもニキビ治療で使用されるようになりました。ディフェリンゲルには、肌の角質化を抑える働きや、ピーリング効果があるとされており、隠れニキビの原因となる毛穴の詰まりを防ぐ働きがあります。なお、このディフェリンゲルは抗生物質ではありません。

毛穴の詰まりを防ぐという新しいタイプのニキビ治療薬であるディフェリンゲルですが、次のような副作用もあります。

  • 肌の赤みや刺激
  • 肌の乾燥、落屑(らくせつ)

この副作用は、ディフェリンゲルの皮膚の角質化を抑える薬理作用によるもので、この症状は1か月程度で落ち着くとされています。

ディフェリンゲルちなみにこのディフェリンゲルの副作用は、しっかり保湿をすることである程度防ぐことができると言われています。保湿する際は、ディフェリンゲルと一緒に処方されることが多い、ヒルロイドローションなどの保湿剤を塗ってからの使用をおすすめします。ディフェリンゲルを塗ってから保湿剤を塗ると、必要な部位に塗ったはずの薬が違う部位にまで拡散されるためです。

出典:http://www.differin-gel.info/mechanism/index.html
薬品名:ディフェリンゲル0.1%
製薬会社名:シオノギ製薬
内容量:15g

番外編:「隠れニキビ」は痛い?

一見ニキビと判断しにくい、隠れニキビに近いできものとして、「粉瘤(ふんりゅう)」というものがあります。これは皮膚の下に袋ができ、その中に老廃物が溜まることでできるもので、ニキビとは似て非なるものです。この「粉瘤」は基本的に痛みを伴うできものではありませんが、ときに炎症を伴った「炎症性粉瘤」と呼ばれるものに症状が悪化するケースがあるので、痛みを感じ始めたら皮膚科などの医療機関で診てもらうことをおすすめします。

参考記事: 大きくかたいニキビを早く治す方法

 4. まとめ

ニキビを繰り返す原因である「隠れニキビ」は、赤くなったニキビの周りの肌や、一見トラブルのない肌に潜んでいます。日頃から、皮脂の分泌を促すような行動を控えたり、肌のコンディションを高めるとされるコラーゲンを意識して摂るなどして、隠れニキビを防ぐようにしましょう。

プロアクティブ
新処方が隠れニキビに最適!薬用成分が毛穴の奥に届きます!
シアー カバー
隠れニキビ予防に!石鹸で落とせるミネラルファンデーション!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
長谷川 洵

長谷川 洵

ライター/化粧品会社勤務7年目・東京都生まれ。受注業務のプロフェッショナルとして、またビューティアドバイザーとして5年間実績を積んだ後、マーケティング・PR業務に携わる。幅広い化粧品の知識を生かし、現在、ヘアケアやメイク、サプリメントなど7ブランドのECサイト運営を行っている。趣味は海外旅行、ネイル、ゴルフ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*