女子なのに?ニキビとヒゲの深~い関係!10秒でホルモンバランス診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヒゲの写真

アラフォーになると、ガラッと体質や体調が変わって、病気にかかりやすくなる女性は多いようです。原因の一つに、女性ホルモンの減少と言われています。女性ホルモンは、美肌には欠かせないもの。女性ホルモンが関わる生理とニキビの関係を図にするとこうなります。

ホルモン

エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がピークになる、排卵前が美肌期間です。さて、エストロゲンという女性ホルモンが美肌づくりに役立つこと、ホルモンバランスが崩れるとニキビができやすくなることがわかったところで女性ホルモンが減ってしまう話をしていきます。

そもそも、女性ホルモンって何?

「生理があり、妊娠して、出産して」・・・という、女性のカラダならではの働きを司るのが、女性ホルモンの役目。エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、実はエストロゲンは、別名「美肌ホルモン」とも言われています。つまり、女性のカラダの美しさを整えるのも、女性ホルモンの役目なのです。

ところが、このエストロゲンは残念なことに30代後半になると、だんだん分泌量が少なくなっていってしまうのです!女性の体質や体調がアラフォーになると変わってくるというのは、そういうわけなのです。でも女子力ピークの頃だって、毎月同じ分泌量というわけではありません。生理が終わってから排卵期までは盛んに出るけれど、排卵期からはプロゲステロンの分泌のほうが優勢。
つまり、この2つのホルモンの分泌具合が絶妙にうまくいっていれば「ホルモンバランスがいい」という事になります。逆に、どっちかの分泌量が極端に減ったり増えたりするのが、「ホルモンバランスが崩れてる」状態です。

では、プロゲステロンは、美肌にどう関係するのでしょうか?実はプロゲステロンには男性ホルモンの働きを抑える作用があるのです。「男性ホルモンが働いているのって、仕事が生き甲斐女子とか、ヒゲが生えてきたという、オス化している女の人だけでしょ?」と思ったかもしれませんが、それは違います。どんな女性でも、男性ホルモンが少しだけど分泌されています。ただ、ストレスなどの原因で女性ホルモンの分泌量に対する男性ホルモンの分泌量の割合が崩れてくると、男性ホルモンの役目が強くなってしまうことがあります。

ニキビができやすくなるのは、どのホルモンのせい?

今度は男性ホルモンの役目についてお話ししてまいります。男性ホルモンにもいくつか種類があり、なかでも分泌量が一番豊富で名前もよく知られているのがテストステロン。女性のカラダにも少しは分泌されていて、男女ともに、カラダ、特に筋肉を成長させたり、やる気を出したりする作用があります。カラダやキモチを元気にするには欠かせないホルモンです。
ですがテストステロンには、「皮脂腺を刺激する」という作用もあります。皮脂が過剰に分泌されると、当然毛穴に詰まることも増え、それがニキビの原因になっていくのです。直接の原因ではないけれど、男性ホルモンが活発になると、皮脂も分泌されやすくなって、結果的にニキビもできやすくなる。というわけだったのです。

男性ホルモンが多い人の特色とは?

さて、自分の男性ホルモン量が気になってきた女性もいるのでは?
女子向け「ホルモンバランスが崩れているのでは?」チェックを作ってみました。ここで大切なのは、もともとの男性ホルモン・女性ホルモンの分泌量が多いあるいは少ないというのは関係なく、「分泌量やバランスが、今までとは変わった」こと。最近の変化に注目して、チェックしてくださいね。たくさん当てはまる人は、最近ホルモンバランスが崩れちゃうような生活をしているという事です。今すぐホルモンバランスを整える生活習慣に変えましょう!

【ホルモンバランスチェッカー】(女子用)

チェック次のAグループ、Bグループそれぞれの中から、以前(3カ月以上前)と比べて、気になる変化をチェックしてね。

グループA
□あごにニキビができやすくなった
□声が低くなった
□好戦的、すぐけんか腰になってしまうようになった
□あごに、太くしっかりした産毛が生えるようになった

グループAの合計__個

グループB
□体毛が濃くまたは太くなった
□最近、ストレスを感じることが増えている
□抜け毛が増えてきた
□くせ毛が強くなってきた

グループBの合計__個

さて、結果の出し方です。グループA、Bそれぞれで、当てはまった数を数えてください。
Aが多い人は、男性ホルモンの分泌が増えているかも?
Bが多い人は、女性ホルモンのバランスが崩れているかも?
そして、AとB両方で3つ以上当てはまる人は、女性ホルモンのバランスが崩れて、男性ホルモンの影響を受けやすくなっている人です。

ホルモンバランスを整える6つの方法

男性ホルモンも、女性ホルモンも、いろいろな作用があるけれど、どちらもヒトのカラダには欠かせないものです。大切なのは、ほどよいバランスに整えることです。では、どうしたらバランスが整うのでしょうか?それには、当たり前すぎて拍子抜けしそうだけど、「生活習慣の見直し」が大切。ぜひ、次の6つに気をつけてみてください。

1.食事は栄養と量に気をつけて

食事は健康なカラダをつくる基本。特に、良質のタンパク質は大事です。
また、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンもおすすめです。
食べ過ぎや、逆に極端なダイエットには注意して!

女性ホルモンをアップする食べ物は?

大豆製品
大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分なのです。お豆腐、納豆、豆乳、調味料ならお味噌。迷ったら、大豆を使ったメニューを選びましょう!

ビタミンE
女性ホルモンと似た働きをして、ホルモンバランスを正常に整える働きがあります。ビタミンEが豊富な食品は、カボチャやアボカド、アーモンドなど。「それなら大好き!」という女性も多そうですね。サラダやおやつなどで積極的に取り入れてみてください♪(ニキビ肌におすすめの野菜ジュースの記事もどうぞ!「ニキビに効果あり! 美肌になれる4つの野菜ジュースレシピ」)

ビタミンB6
排卵期の女性ホルモンのバランスを整えるには、ぜひ摂りたいもの。まぐろやニンニク、バナナなどに豊富に含まれています。

良質のタンパク質
人のカラダを作るのは、タンパク質。美肌にも必要な栄養素です。でも、カロリーも高いので、ダイエットも気になりますよね。そこで、鶏のササミや赤身のお肉、魚などがオススメです。もちろん、大豆のタンパク質も大歓迎!

良質の脂質
ちょっと意外かもしれませんが、カラダを作るには欠かせません。摂り過ぎは禁物ですが、上手に摂らなければならないのです。そこで、良質の脂質を選ぶように気をつけてみて。お肉の脂身やバターではなく、オリーブオイルやナッツなどから摂るのがオススメ。

レソルシル酸ラクトン類
ごま、小麦、エンドウ豆に含まれていて、女性ホルモンと似た働きをします。ごまは黒ごまでも白ごまでもOK! 最近はごまのスイーツも増えているので、簡単に美味しく摂れそうですね。

2.睡眠で疲れをリセット

良質で十分な睡眠は、規則正しい生活の基本。ちゃんと眠れていないと、ホルモンもほどよく分泌されません。(睡眠とニキビに関する記事も参考にしてみてください。「働く女子必見!睡眠の質を上げ、ニキビ予防するとっておきの方法」)

3.ストレスはこまめにリフレッシュ

ストレスは万病のもと。過剰なストレスがたまると、ホルモンの分泌にも悪影響が。 (ストレスとニキビに関する記事もご覧ください。「天敵はストレス・食生活の乱れ・寝不足!大人ニキビの3つの原因」)

4.酒・タバコはほどほどに

適量ならリフレッシュになるお酒やタバコだけど、摂り過ぎは内臓をはじめ、カラダのさまざまな部分に負担をかけます。適量を守って!

5.体を冷やしすぎない

冷えはホルモン分泌の大敵。特に、腰回りは大事です。マッサージをしたり暖めたりして冷えの解消を。

 6.体は適度に動かして

運動をすると、血行がよくなって冷えの解消にも効果大。ストレス発散にもなります。軽いストレッチや、お散歩などでもOK。こまめに動かしましょう。

女性ホルモンの分泌を活発にすれば、男性ホルモンとのバランスもとれて、自然にニキビのない、いきいきした肌になっていくはずです。もちろん1~6を実行すれば、ホルモンバランス改善だけでなく、体調がかなりよくなりそうです!アラサーでも、アラフォーでも、アラフィフでも、普段の生活を見直し1~6を守って、ホルモンバランスの整え、ニキビやヒゲのない美しい肌でいたいですね。

北枕そねみ監修

ニキペディアTOPに戻って最新のニキビ記事を見る

シアー カバー
ニキビをきれいに隠せるファンデーション
ブラシ付きのお得なセット
プロアクティブ
ニキビの悩みはプロアクティブにおまかせ!
今なら洗顔ブラシプレゼント中!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!