自然のハーブ「どくだみ茶」でニキビが治る4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
どくだみ

どくだみ茶は健康茶の中でも、ポピュラーなお茶のひとつです。毒のある草なのでは?と思う方も多いかもしれませんが、名の由来は「毒を矯める(ためる)」、つまり毒を抑えるという意味があります。強烈な臭いのどくだみは、生命力と繁殖力が高く、ニキビに効果があるといわれています。薬を使わずにニキビを治したい、という方はどくだみ茶をおすすめします。なぜこの植物がニキビに効果があるか、4つの理由を探ってみました。

1:どくだみがニキビに効く4つの理由

高い利尿作用

どくだみには、高い利尿作用があります。実際に試したところ、飲んだ直後からトイレにいきたくなるほどの利尿作用で、珈琲を飲んだ時以上に実感しました。どくだみに含まれるカリウムが腎臓機能を高め、体内の塩分を調整、血流を促進。これにより肌のターンオーバーが促され、ニキビができにくくなります。

 抗糖化作用

どくだみには、『糖化』を抑制する働きがあるといわれています。糖化とは、体内に取り込まれた糖のうち、エネルギー源として代謝されなかった糖とタンパク質が結びつくことで、糖化したタンパク質が生成され、体内に蓄積されることです。糖化したタンパク質はコラーゲンに悪影響を与え、肌バリアを低下させます。さらにターンオーバーの働きを低下させてしまうことでニキビの発症や進行の原因となります。どくだみは、抗糖化で肌のバリアを高めるとともに、肌代謝を正常に戻し、ニキビ予防ができます。

 整腸作用&便通改善

どくだみの含有成分クエルシトリン、イソクエルシトリンが便をやわらかくする働きがあります。どくだみ茶を飲んですぐ感じたのが便通改善でした。便秘が理由でニキビができることが多いため、これは大変効果が高いと思います。腸内にたまった毒素も排出できるため腸内環境がよくなります。ストレスによる胃腸の乱れにも有効です。

 デトックス効果

どくだみには老廃物や毒素を排出するデトックス効果があります。体内の老廃物を排出し、ニキビや肌荒れを改善します。体内の毒素が原因でアトピー性皮膚炎になるケースもありますが、どくだみで治ったという声もあるほどです。

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

paidy