自宅でできるニキビ跡をキレイにする3つの裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アイキャッチ1

ここ最近、ニキビが治りづらく跡が残ってしまってお困りではないですか。もともとニキビが出来やすい敏感肌の方に多いお悩みかと思います。

ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。にきび跡は、なかなか治らなく、場合によっては一生治らないといわれているのでとても心配ですよね。確かに、ニキビ跡の種類によっては、半年~1年、さらに長期になることもありますが、正しい方法で治療をし、食生活や生活習慣を見直すことで、早く改善することができます。
また、最近では医療が発達して、治らないといわれていた重症のニキビ跡もでも目立たなくできるようになってきているんです。

私たちは数々のニキビ跡をリサーチしてきましたが、症状にあわない間違った治療をしてしまうことが一番のトラブルになります。
あなたのニキビ跡の症状に合わせた治療を行って下さい。ここでは症状別の治療方法をご説明します。

1.ニキビ跡とは

ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。ニキビが、繰り返し同じ場所に炎症や傷がつくと次第にダメージが深くなり、皮膚深部の組織を壊すため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。

2.ニキビ跡の種類と原因

一概にニキビ跡といっても、3つのタイプに分類されます。それぞれ症状や原因は違います。あなたはどのタイプですか?

2−1.赤みが残るタイプ

膨らんだニキビが落ち着き平らになるが、赤みだけが残った状態です。原因は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴の周りでうっ血が起こることで赤みを帯びるからです。

赤ニキビ

出典元

2−2.紫色や茶色のシミが残るタイプ

シミのようなものが残った状態が色素沈着タイプのニキビ跡の特徴です。紫色っぽい跡と茶色の跡の2種類あります。紫色の色素沈着が見られる場合は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血がにじみ出たのが原因です。 

ニキビのシミ

出典元

茶色の色素沈着が残ったニキビ跡はいわゆるシミと言われる状態です。ニキビができることでメラニン(皮膚が日光に当たることで生成される色素)を大量に作るのが原因です。頬から顎にできることが多く、ニキビの上から日焼けをすることでさらに沈着してしまいます。

色素沈着

出典元

2−3.クレーター状の凹凸が残るタイプ

凹凸が残るタイプはクレーターと呼ばれるもので、いちばんやっかいなニキビ跡です。このタイプのニキビ跡は、赤ニキビが悪化して強い炎症が進行することで皮膚組織まで破壊されることが原因です。 破壊された皮膚組織は回復することなく凸凹状となって肌に残ります。強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多くみられる症状です。

クレーター

出典元

それでは、あなたのニキビ跡の症状がどのタイプか分かったところで、それぞれの症状別の治療方法を詳しくみていきましょう。

3.種類別の改善方法

3−1.赤みが残るタイプの改善方法

赤みが残るタイプのニキビ跡は、セルフケアでも薄くすることができます。ニキビ跡の赤みを薄くするのに最も効果を発揮するのは、ビタミンC配合の化粧水と美容液を使ってスキンケアを続けることです。ビタミンCには皮脂を抑える効果やニキビの炎症を抑える効果があります。 特に、お肌への浸透が高いビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した化粧水と美容液は最も効果的です。ちなみに、服用するビタミンCは効果がないので気を付けてください。

手順としては、

  1. 洗顔をする(洗顔方法についてはこちらを参考にしてください)
  2. 化粧水をつける
  3. 乳液をつける
  4. 美容液をつける
  5. イオン導入をする

オバジC20APPS+E化粧水ビタミンC誘導体と明記してある化粧水や美容液はたくさん出回っていますが配合率など考えても実際に肌に効果の出るものはなかなかありませんので、左記の化粧水と美容液をおすすめします。
画像出典:オバジ(美容液)
画像出典:APPSプラスEローション(化粧水)

そして、保湿成分(セラミドやヒアルロン酸など)を含んだ乳液を使用することでニキビ予防につながります。さらに、イオン導入(電流を利用したスキンケア方法)をするとビタミンCの浸透が高まる効果が期待できます。具体的には、美容液を顔に塗った後、イオン導入器でマイナスの電極を当て、お肌の深層部までビタミンCを送り込みます。
イオン導入は、美容皮膚科で行うか、家庭用のイオン導入器もあるので、自宅で行うこともできます。 毎日のスキンケアに加え、週に一回程度行うと効果的です。

用意するもの

  • 洗顔料
  • ビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した化粧水
  • 保湿成分(セラミドやヒアルロン酸など)を含んだ乳液
  • ビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した美容液
  • イオン導入器

3−2.色素沈着タイプの改善方法

紫色や茶色の色素沈着タイプのニキビ跡も、セルフケアで薄くすることができます。

手順としては、先ほどご紹介した方法と同様に下記の5つの手順で行ないましょう。

  1. 洗顔をする(洗顔方法についてはこちらを参考にしてください)
  2. 化粧水をつける
  3. 乳液をつける
  4. 美容液をつける
  5. イオン導入をする

用意するもの

  • 洗顔料
  • ビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した化粧水
  • 保湿成分(セラミドやヒアルロン酸など)を含んだ乳液
  • ビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した美容液
  • イオン導入器

3−2−1.茶色いシミが残るニキビの改善方法

さらに、茶色いシミが残るニキビ跡に効果的なのは、ピーリングです。 ピーリングとは、お肌の古くなった角質ではがれずに残ってしまったものを、ピーリング剤を使って落とすという角質ケア方法です。
なぜかというと、茶色いニキビは消えるまでに2~3年かかることもあり、その間に日焼けをしてしまうと消えにくくなるので、速効性のあるピーリングで消すのが最も最適だからです。ピーリング剤には角質を擦ってポロポロ落とすゴマージュやスクラブ、シート状の拭き取るタイプ、クリームやジェル状の洗い流すタイプなど、いろいろな種類があります。

おすすめは、酸度の強いピーリング剤を使用してやけどのような状態になってしまううトラブルもあるので、お肌への刺激が少ない洗い流すタイプです。 使う頻度は、1週間に1〜2度程度がいいでしょう。

APPS+Eクレンジング
画像出典:APPS+E(TPNA)ブライトピールクレンジング&ウォッシュ
こちらの商品は、クレンジングと洗顔を合わせてすることができます。

注意!ピーリングをした後の3つの注意点

  1. しっかり美容液で保湿しましょう。
  2. 刺激を与えず、紫外線対策をしましょう。
  3. やりすぎに注意しましょう。やりすぎは肌をおとろえさせてしまいます。

さらに、ピーリング後、ビタミンCイオン導入を行うと効果が高まります。

用意するもの

  • 洗顔料(ピーリング剤
  • ビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した化粧水
  • 保湿成分(セラミドやヒアルロン酸など)を含んだ乳液
  • ビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した美容液
  • イオン導入器

3−3.クレータータイプの最新治療法

結論からいいますと、クレーター状の陥没が残るタイプのニキビ跡はセルフケアでの改善は大変時間がかかり、非常に困難なため、美容皮膚科で治療を行うことをオススメします。
皮膚科で治療すると、自分でケアするのと比べ、治療費はかかりますが、最新の治療であれば、治らないといわれていた重症のクレーターでも目立たない程度に治せるようになってきていますので、一度ご相談する価値があるでしょう。

それでは、どのような治療法があるのか確認してみましょう。

  • ケミカルピーリング
  • フラクセルレーザー
  • フォトフェイシャル
  • FGF治療
  • 培養表皮移植など

軽度のものはケミカルピーリングでもよくなりますが、重症のクレーターニキビ跡はレーザーを当てて治療するほかないといわています。特に最近の注目は肌の凹んだ部分に線維芽細胞増殖因子(FGF)を注射するFGF治療です。

1.ケミカルピーリング

ピーリング剤を塗ることで、古くなった角質を除去し、ターンオーバーを高め、新しいお肌の再生を促す治療です。

2.フラクセルレーザー

専用の装置で発生させた光をニキビ跡に当てることで、皮膚の細胞が刺激を受け、再生しようとコラーゲンを増やす治療方法です。コラーゲンが増加すると陥没したニキビ跡の皮膚が盛り上がってくるため、凹みが目立たなくなります。

3.フォトフェイシャル

顔全体にソフトな広い波長の光を当てるのがフォトフェイシャルです。最近はフォトフェイシャルのような光治療機がいろいろ開発されています。

4.FGF治療

肌の凹んだ部分にFGF(線維芽細胞増殖因子)を注射して細胞を増殖させる治療方法です。FGF治療は、時間が経つと肌に吸収されてしまうコラーゲン注射やヒアルロン酸のように2~3ヶ月しか効果が保てない治療法と比べ、効果が長く続く事が期待できます。

5.培養表皮移植

体の他の部位の組織をニキビ跡のくぼみに移植する治療方法です。ここまで述べてきたのは肌の外側からのケアですが、ここでは、身体の内側から改善していく方法をお伝えしていきます。

4.ニキビ跡を改善、予防する生活習慣

ニキビ跡や慢性的にニキビに悩まされている方は、ターンオーバーを意識して、生活習慣から見直していきましょう。ターンオーバーとは、表皮の新陳代謝、生まれ変わりの事をいいます。睡眠不足が続き食生活が乱れると、肌荒れしやすくなりますよね。これは肌のターンオーバーの乱れが原因なんです。ターンオーバーによって肌が生まれ変わる周期は28日間です。この細胞の生まれ変わりの周期をスムーズにしていけば、にきび跡は改善されていきます。

下記の4つの生活習慣を意識してお肌のターンオーバーの周期をスムーズにしましょう。

4−1.しっかり睡眠をとる

睡眠時間をしっかり確保することによってキレイな肌がつくられます。肌の修復や再生は、あなたが寝ている間に分泌される成長ホルモンによって行われています。特に、肌のゴールデンタイムと言われている22時~2時に眠っていることが大切です。むずかしい場合は規則正しく就寝するようにして生活リズムを整えるだけでも十分、分泌が期待できます。

4−2.「タンパク質」「ビタミン類」を含む食事をする

肌のターンオーバーを促進する栄養は、特に「たんぱく質」が重要です。たんぱく質は、皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器、その他身体のあらゆる部分を構成している成分です。
肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品などです。

また、ビタミン類(ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE)やミネラルを多く摂取しましょう。
人参、カボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎ、鉱水などです。

4−3.適度に運動をする

適度に身体を動かすことも重要です。運動することで代謝がアップし、正しい周期でターンオーバーが行われるようになれば、不必要な角質はきちんと取り除かれ、老廃物やメラニンなどの排出もスムーズになります。また、ストレスが原因で肌荒れを起こしている人も多いので、適度に身体を動かすことで、ストレスの発散でき、美肌が保たれます。

4−4.紫外線対策をする

紫外線対策はしっかりすることが重要です。とくに、炎症性色素沈着によるニキビ跡は日焼けし、消えにくくなってしまいます。陽が当らないようにパウダーファンデーションを塗るなどして、しっかりUVケアをしてください。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。キレイな肌を取り戻すために、症状にあった正しい治療を行い、生活習慣を見直してくださいね。

参考サイト:ニキビ跡(痕)の種類、原因と正しいケア方法

ニキペディアTOPに戻って最新のニキビ記事を見る

M&Mスキンケアクリニック 副院長
今野 みどり監修

プロアクティブ
ニキビ跡もクリアに!新処方の「プロアクティブ+」
シアー カバー
ニキビ跡もきれいに隠せるミネラルファンデ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*