【毛穴汚れが引き起こす4つの肌トラブル!解消方法を一挙紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
毛穴汚れは肌トラブルの元

女性なら誰もが憧れるのが、卵のようなつるんとした肌です。しかし現実には、吹き出物や乾燥など肌荒れで悩んでいる女性は多いと思います。実は一連の肌トラブルは、毛穴の皮脂詰まりなどの毛穴汚れが原因となっていることが多いのです。そこで毛穴汚れが原因で起こる、主な肌のトラブルを4つ挙げます。

毛穴汚れが原因の肌トラブル

肌のくすみ

「肌のくすみ」とは、「肌の潤いや透明感、明るさがない状態」のことです。肌のくすみは原因によって様々なタイプがありますが、毛穴汚れによって肌がくすんでいるように見えるのは、乾燥で肌がごわつき、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒ずんだ状態になっていることが原因です。

かゆみ

毛穴に溜まった皮脂などの汚れが雑菌のエサとなり、雑菌が増殖することで皮膚がかゆくなるということはよくあることです。また皮脂によるテカリがひどいからと、保湿をしないことで肌が乾燥し、かゆみを引き起こす場合もあります。

皮膚疾患

毛穴に詰まった皮脂汚れに雑菌が集まり、それが原因で炎症やニキビなどの皮膚疾患を引き起こすこともあります。多少の雑菌が発生していても、正常な皮膚にはバリア機能が働いているため、炎症などのトラブルは起きないものです。しかし、汚れを放置して雑菌が増殖すると、肌のバリア機能が破壊され、炎症やニキビなどの皮膚疾患を引き起こしやすくなります。

皮脂の落としすぎによるトラブル

毛穴汚れを気にしすぎて、必要以上に皮脂を落としてしまうことによって肌がカサカサに乾燥してしまうケースも珍しくありません。また、必要な皮脂まで落として肌が乾燥することで、毛穴は乾燥から肌を守ろうと余計に多くの皮脂を分泌しようとするので、洗顔のしすぎには注意しましょう。

肌トラブルを予防するための毛穴ケア3選

毛穴汚れを解消するだけで、先に挙げたような肌トラブルも改善される可能性があります。ここで肌トラブル予防のための毛穴ケアを取り上げます。

① 1日2回の正しい洗顔と保湿

正しい洗顔と保湿毛穴ケアの基本は洗顔と保湿です。

まず正しい洗顔については、朝と寝る前の1日2回行うこと、そして洗顔料をよく泡立てて、泡を転がすようにやさしく汚れを取り除くのが基本です。皮脂汚れをきれいにしようとゴシゴシ強く洗ったり、1日に何度も洗顔するのはNGです。過度に洗顔することで必要な皮脂まで取り除いてしまい、かえって皮脂を多く分泌させ、黒ずみができる原因になります。

洗顔後は化粧水で水分補給をし、乳液またはクリームで保湿します。肌がベタつくからと、化粧水だけでケアを終わらせる方もいますが、化粧水だけではせっかく肌に補給した水分が蒸発してしまいます。化粧水の後に、乳液、クリームなどで水分を閉じ込めて潤いを与えるまでがセットだと考えましょう。

ニキビケアだけじゃない!プロアクティブ+による洗顔、保湿で毛穴ケア

プロアクティブ+の3Stepニキビケア化粧品として有名なプロアクティブ+は、ニキビケアと同時に下記のような肌トラブルの予防を考慮して開発されています。

  • 肌あれ
  • 過剰な皮脂、毛穴汚れ、テカリ
  • 乾燥
  • くすみ
  • シミ、そばかす
  • ザラつき

参考:プロアクティブ+の働き http://proactiv.jp/about/concept.html

まずプロアクティブ+は洗顔料、美容液、クリームの3ステップを基本としています。この3ステップそれぞれの役割は以下の通りです。

ステップ1: 洗顔料 毛穴づまりの原因となる古い角質を取り除く。

ステップ2: 美容液 スマートターゲット™ テクノロジーにより毛穴の奥まで有効成分を届ける。

ステップ3: クリーム 厳選された天然由来の植物成分が毛穴の奥まで浸透して保湿する。

また、プロアクティブ+が上記の肌トラブルに対して有効なのは、有効成分を毛穴の奥まで浸透させる「スマートターゲット™ テクノロジー」という独自の技術を採用しているためです。この技術により、洗顔時に不要な毛穴汚れを落とした後、保湿の際にも毛穴の奥まで浸透させて潤いを与えることができるのです。

以上のような効果があることから、プロアクティブ+はニキビケア化粧品としてだけでなく、様々な肌トラブルを予防するスキンケア化粧品としての性質も持ち合わせているのです。

② クレンジング

「クレンジングをすると余計に毛穴の黒ずみが目立つ」という説もありますが、それは必要以上に何度も使っているなど、誤った使い方をしている場合が考えられます。

よく「肌の負担を減らすため、界面活性剤の少ないクレンジング剤を選んだ方が良い」ということが言われていますが、界面活性剤の少ないクレンジング剤というのは洗浄力も低く、メイクのタイプによっては落としきれない場合もあります。肌にやさしいクレンジング剤を選ぶというよりも、自分の肌質やメイクのタイプに合わせて、適切なクレンジング剤を選ぶことが肝心です。

以下表に、ファンデーションのタイプとそれに適したクレンジング剤をまとめているので、参考にしてみてください。

ファンデーションとクレンジング剤の関係

クレンジングの時のワンポイントケア:蒸しタオル

クレンジングの際に蒸しタオルを使用することで、角質を柔らかくし、毛穴の汚れを取り除きやすくします。

  1.  タオルを濡らし、電子レンジを温め蒸しタオルを作る。
  2. クレンジング剤を顔に塗り、蒸しタオルを当てて3分置きます。
  3. 時間が経ったら、タオルでクレンジング剤を取り除き、ぬるま湯ですすぎます。
  4. 普段通りに洗顔してから保湿をしましょう。

ただし蒸しタオルケアは、やりすぎると毛穴を余計に広げる原因となります。目安としては週2回を限度としましょう。

③ 有酸素運動やサウナなどで汗をかく

水泳、ランニングなどの有酸素運動やサウナなどで汗をかくことが習慣化している人の肌で、毛穴が黒ずんでいるというケースは少ないです。それは汗をかくことが習慣となっていることで、毛穴の皮脂が外に出やすい状態になっており、皮脂が角栓化しにくくなっているためです。さらに運動が習慣化している人の肌は汗をかきやすく、肌に水分が保持された状態になるので、毛穴が目立ちにくくなるという効果もあります。ただし、汗をかいた後はなるべく早く洗い流す、洗い流せる状態でなくてもタオルなどでこまめに拭き取るようにしましょう。

番外編:専門家が教える意外な角栓ケア

毛穴の汚れの中でも落ちにくいのが角栓。毛穴の汚れが酸化した角栓は、皮脂以外にタンパク質が含まれています。そのため、洗顔やオイルクレンジングでは、簡単に取り除くことができません。そこで皮膚科医である吉木伸子医師が認める、少し意外な鼻の毛穴ケアについて紹介します。

① 指、ピンセット、毛穴パックなどで角栓を出す

「自分で毛穴に詰まった皮脂を出すのは厳禁」という話も耳にしますが、毛穴に刺激を与えないようにすれば、場合によっては問題ないようです。

指を使って出す場合は、指の腹で軽くつまんで角栓がにゅるっと出る程度、ピンセットを使う場合は、毛穴から表面に角栓が出そうなものをつまんで取り出す程度ならOKです。

また毛穴パックについても、余計に毛穴を広げて角栓を増やす原因になるので止めた方がいいと言われることが多いですが、月1回程度の使用であれば有効なのだそうです。

② ブラシ洗顔

プロアクティブの洗顔ブラシブラシ洗顔は、メイク用ブラシなど細く柔らかい毛先のブラシを使用して、毛穴の汚れが表面に出てきそうな場合に有効です。

プロアクティブ+の初回セットについてくる洗顔ブラシは、毛先が非常に柔らかく、肌を傷つけずに汚れを取り除けるようにつくられているのでおすすめです。

プロアクティブ+ 電動洗顔ブラシ(シリコンブラシ付)
https://proactiv.jp/order_tri.aspx

まとめ

毛穴の汚れというのは気になりだすとキリがないものですが、毛穴汚れを完全に除去するというのは不可能ですし、ある程度の皮脂は肌の保護には必要です。肌のトラブル予防には、完全なケアを目指すのではなく、顔表面の汚れだけはきちんと取り除くなど、基本的なケアをするだけでも効果はあるものです。

プロアクティブ
薬用3ステップと洗顔ブラシで毛穴スッキリ!今ならプレゼント付きで送料無料!
シアー カバー
しっかりカバー&落としやすい!毛穴にやさしいミネラルファンデ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
大門 エリカ

大門 エリカ

ライター/外資系化粧品会社で翻訳などの業務に従事する傍ら、イギリスで舞台について学んだ経験を生かし、演劇に関するブログ執筆に携わる。舞台女優にも知人が多く美容に関しての知識が豊富。趣味はダンスとキックボクシング、美容雑誌を読むこと。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*

ニキビケアの日
ニキビケアの日