ママでも美肌!妊娠中のニキビ・5つの原因&2つのケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
妊婦

妊娠すると心身の状態が様々に変化します。その中の症状の1つにニキビがあります。妊娠中でも美肌をキープしたいのは当然のこと。そこで「妊娠中のニキビの原因」と「望ましいニキビケア」を知っていきましょう。取材に協力してくれたお2人(現在妊娠中のAさん、半年前にお子さんを出産されたBさん)の声とともに、お届けします!

妊娠中のニキビ・5つの原因

1. ホルモンバランスの変化

エストロゲンホルモン妊娠中は心身の状態が大きく変化しますが、1番の原因が「ホルモンバランスの変化」です。特に、妊娠初期は「プロゲステロン」と「エストロゲン」という、2種類の女性ホルモンが活発に分泌されます。中でも「プロゲステロン」(黄体ホルモン)には、皮脂分泌量を増やす働きがあるため、毛穴詰まりから、ニキビへとつながることがあります。また、ホルモンバランスの変化から体調不良やだるさが起き、スキンケアが手に付かなくなる方も少なくありません。

Aさん「個人的には、ホルモンバランスの変化による心身の変化がニキビの原因になりやすいように感じます」
Bさん「つわり以外には大きな体調の変化はありませんでした。けれど、つわりの時はスキンケアに手が付かず、満足ゆく肌がキープ出来なかったと思います」

女性ホルモンの分泌量が変化する妊娠中は、心身の変化で体調不良やだるさが起き、ニキビケアもおろそかになってしまうようです。そのような状態でも無理なく継続できる、シンプルなスキンケア方法を考えておく必要があります。

2. 食生活の変化

飴の袋

ある日のAさんの机。めったに食べない飴を短時間でこんなに食べてしまいました!

妊娠中は、偏食や食欲の波、食べ物の好みの変化なども珍しくありません。例えば、妊娠中に甘いものが食べたくなる方も多いようです。エネルギー源であるブドウ糖が、赤ちゃんの成長に使われるため、その不足分を無意識に補おうとしているのだと考えられます。実際に、今まで甘いものに興味がなかったのに、急に甘いものが食べたくなるケースもあります。このような、食生活の変化が原因でニキビが肌に表れることがあるのです。

Aさん「私は、味覚が変わりまして、普段食べないようなケーキ、アイスにとどまらず、和菓子なんかにも手をだしました。妊娠中は、甘いものが食べたくなる傾向にあるようです。滅多に食べない甘いものを、短時間でかなり食べたこともありました。何かを口に入れていないと吐き気をもよおすので…。私の友人は、絶えず脂の多い食べ物を食べていました」
Bさん「妊娠前とは食べ物の好みが変わりました。つわりの時などは珍しく、脂の多い食べ物が食べたくなりました。」

甘いもの(糖質)や脂っこい食べ物(脂質)を多く摂取すると、皮脂の分泌が活発化し、分泌された皮脂が毛穴につまることで、ニキビが発生します。このように、妊娠中の食生活の変化がニキビにつながることも考えられます。

next> 1 2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

paidy