アクネ菌とは?殺菌法を知ってニキビの悪化を防ごう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アクネ菌

ニキビの原因であるアクネ菌はどうして毛穴にいるのでしょうか?また、殺菌するにはどうすればよいのでしょうか?性質や特徴を理解してケアするために、さまざまな観点から解説します。

アクネ菌とニキビの関係

アクネ菌とニキビの関係ニキビは皮脂や角栓などで毛穴が詰まると発生します。ふさがった毛穴の中に皮脂が溜まった状態が白ニキビ、面皰(めんぽう)とも呼ばれています。さらにアクネ菌が増殖して炎症が起こると、赤ニキビや黄ニキビに悪化してしまいます。そうならないためには、まずは正しい洗顔でアクネ菌を増やさないことが大切です。

顔ニキビとアクネ菌

アクネ菌の正式名称はプロピオニバクテリウム・アクネスといい、常在菌の一種です。常在菌というのは、普段からヒトのからだに住みついている菌のことで、代表的なものには腸内細菌が挙げられます。アクネ菌も他の常在菌と同様に、善玉菌と悪玉菌が存在するといわれています。皮脂を好み、増殖する特徴があります。異常な増殖をしなければ問題はありません。

体ニキビとマラセチア菌

背中や二の腕、胸などにできるニキビのような吹き出物はアクネ菌が原因ではなく、マラセチア菌による毛包炎である可能性あります。アクネ菌のニキビと違い、マラセチア毛包炎は痒みや痛みを伴わないのが特徴です。マラセチア毛包炎ができる基本的なメカニズムはニキビと同じですが、マラセチア菌はカビの一種。ニキビと違い、自然治癒の可能性が低いのですが、医療機関で治療をすると1~2ヶ月で治癒することが多いので、自己判断で顔ニキビと同じ薬を使わずに、早めに受診しましょう。体にアクネ菌によるニキビができることもあるため、体ニキビをケアするためには、アクネ菌の繁殖を防ぐ必要があるのです。

アクネ菌・マラセチア菌はどちらも皮脂や湿気を好むので、余分な皮脂を落とし、肌を清潔に保つことが第一の予防法といえるでしょう。

アクネ菌の増殖メカニズム

アクネ菌は常在菌ですが、なぜニキビができる人とできない人がいるのでしょうか。善玉のアクネ菌は肌を弱酸性に保ち、病原菌の繁殖を抑える性質がありますが、悪玉アクネ菌は「遊離脂肪酸」という有害な物質を排出し、その結果ニキビに炎症が起こってしまいます。アクネ菌は空気が入らず、皮脂の多い場所を好みます。角栓で塞がれた毛穴の中で、皮脂を餌に悪玉菌が増殖してニキビが悪化していくのです。炎症が起こるのは、 皮脂が悪玉菌によって分解されて毒性のある物質になってしまうためです。抗酸化作用・殺菌作用のある化粧水の使用やビタミンBを摂取することで、悪化を防ぐことができます。

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

ネスレ
キティLP