自己流治療は跡が残る!?紫ニキビの正しい対策法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
紫

顔に広がった紫がかったニキビ。そんな「紫ニキビ」の症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。見た目に影響があるだけでなく、紫ニキビは跡になりやすく、治療に時間がかかることも悩みのタネです。
「紫ニキビの原因」「治療法」「セルフケアができるのか」など、さまざまな疑問があると思います。今回はそうした紫ニキビに関し、特徴や原因、治療法などを詳しくご紹介します。

痛そう!と言われてしまう”紫ニキビ”は普通のニキビと何が違う?

【1-1】紫ニキビとは?見た目や特徴

ニキビに悩む女性赤ニキビの炎症がさらに悪化し、見た目にも赤黒く、紫がかった腫れになった状態が「紫ニキビ」です。紫ニキビは、「嚢腫(のうしゅ)」「結節性ニキビ」とも呼ばれ、ニキビの中でも最も悪化してしまったケースです。
多くの場合、触ると硬くごわごわとしており、芯があるような感触があることも特徴です。痛みやかゆみが出ることは少ないですが、まれに熱を持ってしまうことがあります。外見上も目立ち、また治療しても跡が残りやすいため多くの方が悩まれています。

【1-2】紫ニキビは、毛穴の炎症が悪化し、周りの皮膚や真皮細胞にまで及んだ状態

紫ニキビがどういう状態か、順を追ってみていきましょう。
まず、毛穴に老廃物や皮脂などが詰まり、そこにアクネ菌などの雑菌が発生することでニキビができます。はじめのうちは、皮膚が白く盛り上がっている程度ですが、そこから徐々に空気にふれることで酸化し、白から黒に変わっていきます。いわゆる「白ニキビ」から「黒ニキビ」へと変わっていく段階です。

続いて、毛穴の中で炎症が起こり赤く腫れた「赤ニキビ」になります。その炎症がさらにひどくなると化膿し、膿によって赤から黄色っぽいニキビになります。この状態が「黄色ニキビ」です。
さらに悪化すると、炎症は毛穴だけでなく周りの皮膚やその下の真皮細胞にまで及び、ニキビの部分だけでなく皮膚が広い範囲で赤黒く紫がかり、ごわついてしまいます。この状態が「紫ニキビ」です。毛穴の中に溜まった血と膿が、皮膚を紫色に見せてしまうのです。

ニキビ化膿程度

婦人科系の疾患もあり得る!?紫ニキビができる原因とは?

【2-1】紫ニキビは皮膚の表面だけではなく体の内側に原因がある

肩こり続いて、紫ニキビができる原因についてみていきましょう。ニキビの原因には、肌の乾燥や肌のターンオーバーの乱れなどが挙げられますが、紫ニキビまで悪化してしまう場合は、皮膚の表面だけではなく体の内側に原因があることが多いようです。
原因として考えられるものに、ホルモンバランスの乱れ、血行不良、生活習慣の乱れやストレスなどがあります。

  • ホルモンバランスの乱れ
    特に女性の場合ですが、ホルモンバランスの乱れが紫ニキビの原因になることが多いようです。生理不順や不正出血などと紫ニキビが同時に出た場合は、婦人科系の疾患にかかっている可能性もあります。早めに婦人科を受診するようにしましょう
  • 血行不良
    血行が滞ると、代謝が悪くなり体に老廃物が溜まってニキビが悪化する場合があります。そうなると炎症や膿も治りにくくなってしまいます。冷え性や便秘など、老廃物を溜めやすい体質の方は特に注意が必要です。
  • 生活習慣の乱れやストレス
    同じく体の新陳代謝を下げてしまうものに、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスや疲労などが挙げられます。食事の時間や量、バランスが悪かったり、睡眠不足が続いたりすると、なかなか根本的な解決になりません。意識的に生活習慣を正していくことが大切です。
    また、ニキビの悪化に強いストレスを感じ、そのストレスによってさらに悪化してしまう……という悪循環に陥るケースもあるようです。

気になるけど触ったらダメ!紫ニキビは専門の病院で治しましょう!

【3-1】自分で潰そうとするのは絶対にダメ!医師に相談しよう

医師では、紫ニキビの治療についてみていきましょう。先述したように紫ニキビは、ニキビの中でも最も悪化した状態です。自分だけでなんとかしようとするのではなく、皮膚科を受診し医師の治療のもとで治していきましょう。
芯の残る膿が気になり、自分で膿を出したり潰そうとしたりする方もいらっしゃるかもしれませんが、そうすると跡が残ってしまうため絶対にやめましょう。
また、下手に触ると、そこから雑菌が入りさらに悪化する可能性もあります。気になると思いますが、なるべく触らないようにしましょう。

【3-2】自分でできることは、生活習慣改善やホルモンバランスを整えること

紫ニキビは跡が残りやすく、治療も長期にわたることが多くなっています。しっかりと治すためには、医師による治療を受けながら、時間をかけて生活習慣や体質の改善をおこなうことが大切です。
さきほど原因として挙げた、ホルモンバランスの乱れ、血行の滞り、生活習慣の乱れやストレスといった部分を改善していきましょう。逆に言えば、生活習慣が乱れたままでは根本的な改善にはなかなかつながりません。できることから生活を整えていき、体の内側から紫ニキビを治していきましょう。
基本的なことですが、以下をもう一度見直してみることが大切です。

  • 食生活
    三食を決まった時間にとり、食べ過ぎに注意しましょう。脂物やお菓子を控え、野菜を中心にすれば血行不良や便秘などの改善にもつながります。
  • 睡眠
    毎日できるだけ決まった時間に寝起きするようにしましょう。眠る前はカフェインの摂取や、テレビやスマートフォン、パソコンなど脳に刺激を与えるものの使用を控えましょう。
  • 運動
    代謝を上げ、体内に老廃物を溜めないようにするには適度な運動も重要です。毎日眠る前に時間をかけてストレッチをおこなうだけでも、効果的です。
  • その他
    ストレスや疲れを溜めないよう、意識的に休息をとり気分転換しましょう。毎日できることとしては、シャワーだけで済まさずゆっくりと入浴する習慣を付けると、血行促進や良い睡眠にもつながります。
    また、喫煙の習慣がある方は煙草を控えることも大切です。

病院での治療と、自分でできることをうまく組み合わせて総合的に治そう!

【4-1】病院の治療法として、紫ニキビの切開や漢方の処方、ホルモン治療などがある

さきほど紹介した自分でできることに加え、医師の治療をしっかりと受けていくことが大切です。紫ニキビに関し、病院の治療で代表的なものをご紹介します。

・殺菌、炎症の鎮静
飲み薬や塗り薬などの抗生物質によりニキビの原因となるアクネ菌を殺菌したり、ニキビがある患部に直接ステロイド注射を打って炎症の鎮静をおこなったりという治療が一般的です。

  • 切開
    症状が重い場合はニキビの切開をおこない、血や膿を出してしまう場合もあります。
  • 漢方薬による治療
    老廃物排出を促進する漢方薬や、血行を促進させる漢方薬などを使った治療をおこなう病院もあるようです。メリットとしては、副作用が少ない点が挙げられます。単一の治療というよりも、他の治療と併用する形でおこなわれることが多いようです。
  • ホルモン治療
    ホルモンバランスの乱れが原因となることもあるため、ホルモン療法により女性ホルモン優位のバランスをつくりだし、肌の回復力を高めていく治療法もあります。

治療法は、個人の症状や状況によっても違います。どんな治療をおこなうのが自分にとってベストなのか、医師とよく相談した上で進めていきましょう。
同時に、前章でご紹介した生活習慣の改善も自分でできることとして続けていきましょう。病院で受けられる適切な治療と、自宅でできる生活改善・体質改善の両輪で、根気強く治療していくことが大切です。

まとめ

紫ニキビは、症状が重く真皮細胞まで炎症が達している状態のため、それ以上悪化させないためには、病院で適切な治療を受けることが重要です。気になるからといって触ると、治ってもニキビ跡が残り、クレーターになる可能性もあります。
また、紫ニキビを予防するには、食生活や睡眠といった生活改善の習慣化も大切です。治療には時間がかかることもありますが、焦らずにしっかりと治していきましょう!

〈参照書籍〉
素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典(高橋書店)
著:吉木伸子、小田真規子(監修)、岡部美代治(監修)
ニキビと上手にさよならする本 健康ライブラリー(講談社)
著:津田摂子

プロアクティブ
紫ニキビになる前に!電動洗顔ブラシでニキビを撃退!送料無料のセットもあります!
シアー カバー
紫ニキビも一撃でカバー!肌にやさしいミネラルファンデーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
上原 花

上原 花

ライター/通販化粧品会社勤務10年目。美容&健康食品の専門アドバイザーとして延べ10万人以上のお客様に関わる。学生時代よりニキビで悩むことが多かったため、肌トラブルに悩む方の目線にたった独自の切り口でコラムを執筆。現在は豊富な美容知識を生かし、ショッピングサイトを運営中。趣味はショッピング。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*