肌荒れとニキビは表裏一体!その原因と改善方法を探る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

3.肌荒れ・ニキビの改善方法

スキンケア
肌荒れやニキビの改善には、食生活や生活習慣の見直しと、正しいスキンケアを行うことが一番です。また、以下で説明するような体質改善やプチ断食も肌荒れ・ニキビの改善につながります。

正しい方法による洗顔・スキンケア

洗顔をするときは泡に弾力が出るまでしっかり泡立て、泡で包み込むようにしてやさしく洗い、すすぎ残しがないように丁寧にすすぎましょう。洗顔後は、化粧水で肌を整えて乳液や美容液などで保湿することが大切です。肌が脂っぽいからといって何回も洗顔をすると、皮脂を洗い流しすぎる原因となるので、洗顔は1日2回までにとどめます。

スキンケア用品は、いつも使っているものがしみるようなら肌への刺激が少ない敏感肌用のものや、ニキビへの影響が少ないと確認されているノンコメドジェニックのものに変えるとよいでしょう。

バランスの良い食事

また、食生活を改善することも必要です。脂っこいものや甘いものを避け、野菜・果物を中心として、たんぱく質・ビタミン・ミネラルを含んだバランスの良い食事を心がけましょう。

特にビタミンA・C・E・B群を多く含む食材を積極的に食事に取り入れるようにすると、より皮膚症状の改善に効果的です。朝食を野菜や果物のスムージーに置き換えるのもよいでしょう。

生活習慣の改善

また、生活習慣を見直すことも肌にとっては大切です。規則正しい時間に寝起きして、1日6時間以上睡眠時間を確保するようにしましょう。できれば「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる22時~2時の時間帯に就寝できているのがベストです。

特に、就寝した3時間後に肌の細胞分裂が最も活発になるため、この時間に寝ておくことも肌を健康に保つ秘訣です。

体質の改善

運動
肌の新陳代謝を活発にするために、入浴時には湯船につかる、ジョギング・ヨガなどの適度な運動やストレッチを行い、血行を促進するとともに体温を上げることも必要となります。
体質改善の方法のひとつとしてホットヨガがあります。
詳しくはこちら↓
「ニキビを寄せ付けない!体質改善を導く運動習慣:ホットヨガ」

体温が1℃上がれば、免疫力は5~6倍も上がると言います。現代では体温が35℃台の人も珍しくありませんが、免疫力を上げるためには、体温を上げて体質を改善することが重要です。

参考:ロート製薬「体温+1℃で免疫力は5~6倍あがる?!温めて病気予防!」

プチ断食を取り入れる

私たちは日ごろから食べたり飲んだりして消化器官を使い続けています。そのため、たまには朝食を抜くなどの「プチ断食」を取り入れて消化器官を休ませるのもニキビや肌荒れの改善に効果的です。

プチ断食は食事をとった後、次の食事まで18時間以上間を開けることがコツです。朝食を抜くことが難しければ、昼食を抜くことにしてもかまいません。ただし、食事をとらない分、水分はこまめに摂ることが必要です。水だけ飲むのがつらければ、酵素ドリンクや野菜ジュースを取り入れるのもよいでしょう。
ジュースクレンズと呼ばれる方法もあります。
詳しくはこちら↓
「話題のジュースクレンズを体験!ニキビ対策にも効果あり?」

※参考:身心健康堂&グループ「半日・1日・本断食」

4.皮膚科で受けられる医療ケア

肌荒れやニキビがひどく、「自己流のケアではどうにもならない」「早く治したい」という場合には、医療機関を受診するのもひとつの方法です。「肌荒れやニキビくらいで病院に行くなんて」と思うかもしれませんが、病院で早めにケアをしてもらえば、その分早く肌の状態を改善できるでしょう。

皮膚科と美容皮膚科、どっちを選ぶ?

肌荒れやニキビで皮膚科を受診するときに、皮膚科と美容皮膚科のどちらにかかればいいのか迷ってしまいますよね。考え方の指針として、自由診療での治療も選択肢に入れるか考えてみるのも一つの方法ではないでしょうか。

一般的な皮膚科であれば、原則として保険診療内でできる方法を使った治療を受けられて、必要に応じて外用薬や内服薬、保湿剤などを処方してもらえます。一方、美容皮膚科であれば、レーザー治療やケミカルピーリングなどの自由診療となる治療を含め、保険診療の場合よりも幅広い選択肢の中から治療法を選ぶことができます。

肌荒れ・ニキビで受けられる医療ケア

医療機関で受けられる肌荒れやニキビの治療方法としては、保険診療内ではにきび圧出、エストロゲン外用療法、漢方薬や外用薬の処方などがあります。自由診療では、ケミカルピーリング、レーザー治療、LED治療、イオン導入などがあります。肌荒れの場合でも、ケミカルピーリングやイオン導入などが必要に応じて行われます。どの治療法が保険適用になるのかは病院・クリニックによって違いがあるため、詳しいことは受診しようと思っている医療機関に問い合わせるとよいでしょう。

※参考:
南青山スキンケアクリニック「にきび治療(外用・内服薬)」
美容皮膚科タカミクリニック「タカミ式ニキビ治療TOP」
南青山スキンナビクリニック「肌荒れ・敏感肌のお悩み」

鍼灸院でも肌荒れ・ニキビを改善できる

鍼治療
肌荒れやニキビで鍼灸院にかかることはあまりイメージできないかもしれませんが、鍼灸でも肌荒れやニキビを改善することが可能です。いわゆる「美容鍼」という方法を使って、血液やリンパの流れを良くし、ターンオーバーを改善して肌の細胞を活性化する効果があります。鍼灸の治療は患部だけではなく、身体にも行う場合もあります。

衛生面を心配する方もいるかもしれませんが、使い捨ての鍼を使っているところも多いので、気になる方は電話などで事前に確認することをおすすめします。

※参考:美容鍼灸サロン 麻布ハリーク「ニキビ・肌荒れ」

まとめ

肌荒れ・ニキビで悩んだときは、食生活や生活習慣を改善することがまず第一です。しかし、肌の状態がひどい場合や、食習慣・生活習慣を改善してみてもよくならない場合は自己判断をせず、皮膚科・美容皮膚科を受診するようにしましょう。胃腸の不調が明らかな原因となっている場合などは、内科を受診することもおすすめします。

<prev 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

春のキャンペーン