肌断食はニキビ、肌あれがもうどうしようもない時の最終手段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
肌あれの悩み

美しい肌というものは、女性であれば皆が憧れ手に入れたいと願うものです。その願いをかなえるために、さまざまな化粧品が世にあふれ、美しさへの憧れは永遠とも思えます。しかし、美をかなえる化粧品が、反対に肌に悪影響を与える場合があるのです。
慢性的なニキビに悩んでいた私が最後にとった行動は、化粧品を断つ、「肌断食」の実践でした。肌断食に至るまでの過程、自分なりの肌断食の定義、ニキビや肌への影響と結果を自己の経験に基づいてお話いたします。

ニキビ、肌あれの経緯

5年ほど前、ニキビが顔中に広がってしまった時、様々なニキビケアを試したことがありました。3ヶ月ほど色々な商品を試しましたがニキビは改善せず、結局は皮膚科で処方された薬で治療をしました。ひどいニキビをすぐに治療しなかったために、痛みを伴う赤ニキビが発生する慢性的な肌あれが、4年ほど続きました。肌あれを隠すために色々な化粧品をためし、さらに肌は化粧品かぶれを起こしてしまいました。

どのような化粧品かぶれかと言うと、右頬には湿疹ができ、顔を洗うと肌にしみ、目の上が腫れてきました。病院で診察をしても「目の上の皮膚はとても薄く、敏感だから」と、腫れの原因はわかりませんでした。クリームクレンジング、オイルクレンジング、ジェル、水で落とすタイプのクレンジング等を試しましたが5ヶ月もたつと、また瞼の腫れが再発し、皮膚科でパッチテストをして肌あれの原因を調べましたが、どの化粧品が反応しているかを特定することはできませんでした。そして最終的に右頬には常に赤い斑点とニキビができている状態に陥っていました。

肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法どんな洗顔も肌にあわなくなり、もうニキビや肌あれに悩みたくないと思い石鹸洗顔に挑戦した時、参考にした本に肌断食のススメが書いてあったので、やってみようと思ったことが肌断食の始まりでした。(青春出版社 「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません― )

肌断食の定義

さて、肌断食を実施するにあたり、一体どういったものが肌断食なのかが疑問で、ネットや本を参考にしました。「スキンケアもメイクアップ商品もまったく肌に何も付けないこと。」それが本来の肌断食のようです。しかし、乾燥対策としてのワセリンと、石鹸洗顔後のパウダーファンデーションくらいは使用が可能だと書かれておりました。

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


paidy