早く治したい!ニキビ跡の赤みや色素沈着、クレーターなど。皮膚科での治療方法や治療薬、費用や経過を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニキビ跡の種類と原因・メカニズム。赤みや色素沈着、クレーターやケロイドについて

赤ニキビ
ニキビの原因やメカニズムを把握して、自分はどのタイプのニキビ跡があるか確認しましょう。

・赤みニキビ
赤みが残っている状態のニキビ跡です。
その原因は、ニキビの炎症が悪化してできてしまうケースがほとんどです。
赤く見えるのは、炎症を治そうと毛細血管が張り巡らされたものが透けて見えるためです。

・色素沈着
色味が変わったシミのような状態のニキビ跡です。
赤ニキビが適切に処理できず、炎症を治すはずの毛細血管が壊れてしまうと、青いあざのような状態のニキビ跡ができます。この、あざのようなニキビ跡に紫外線が当たると、紫外線から肌を守ろうとメラニンが活性化してしまい、茶色の色素沈着のあるニキビ跡ができてしまいます。

・クレーター
肌がぶつぶつとへこんだ状態のニキビ跡です。
ニキビの炎症が重症化し、皮膚の深層まで炎症が及んでしまうと、白血球などの自己免疫が皮膚を破壊しながら炎症を食い止めます。
しかし、皮膚の深層まで傷が入ってしまうため、毛細血管だけではなめらかな皮膚に戻すことができなくなることが原因のようです。

・ケロイド
へこむとは逆に、盛り上がってしまった状態のニキビ跡です。
クレーター跡になるような、重い症状のニキビが同じ場所で繰り返して起こることで、正常に傷が再生されなくなり、毛穴が消失した光沢のある赤みや茶色の跡が盛り上がってしまいます。

赤みニキビや色素沈着などの軽度な症状のものは、肌のターンオーバーにより自然治癒を目指すことができます。しかし、そのほかのニキビでは自然治癒が難しいため、ニキビの種類ごとに合わせた治療方法が大切になるといえるでしょう。

薬で治るニキビは赤みと色素沈着。クレーターはレーザー治療、ケロイドには注射や手術が必要な場合も

治療
それぞれのニキビの種類に合わせた治療方法が大切になります。一緒に確認していきましょう。

・赤みニキビ
赤みニキビは、刺激をあまり与えないようにして炎症を広げないことが重要になります。
そのため、刺激の弱い化粧品や洗顔料を使うなどして、肌に刺激を与えないようにしましょう。
また、外服薬で治療することも可能で、ニキビ製剤などで傷ついた部分のターンオーバーを促進することで、自然治癒を目指します。

・色素沈着
色素沈着跡は、自然治癒で治療することもできますが、数カ月から数年と長い時間がかかります。
そのため、メラニン組織を薄めて目立たなくしてくれる働きを持つ、美白成分を含んだ化粧水などの化粧品を利用するようにしましょう。
また、ピーリング剤なども、古い角質を落とすことで肌の再生を促すため、自然治癒を早めることができます。
しかし、やりすぎると逆に肌を痛めてしまうので、やりすぎないように気を付けましょう。

・クレーター
残念ながら自然治癒は難しい状態です。
専門的な治療が必要となり、フラクショナルレーザーなどの肌に大量の微小の穴をあけて細胞の入れ替えを行い、ターンオーバーを促進させる特殊な治療が必要です。
一度では完治させることができないため、何度も通院する必要があります。

・ケロイド
ケロイドも、クレーター跡と同様に自然治癒は難しい状態です。
こちらも専門的な治療が必要となり、ステロイド剤の利用や、手術により除去する方法などが挙げられます。
手術よりも簡易的に行えるステロイド剤では、ケロイドの盛り上がりをなくすことができますが、ケロイド独特の光沢や赤みは消すことができない難点を持っています。
また、ケロイドには真性ケロイドと肥厚性瘢痕の2種類があります。
真性ケロイドは遺伝的に起こるもので、自然に傷が拡大してしまい、危険度が高くなるため、早めに病院などの医療機関に受診することをおすすめします。

自己判断でニキビを潰したり放置したりしないで、正しいホームケアや治療を行い、重症化させないことが美しいお肌を取り戻すことが必要といえるでしょう。

<prev next> 1 2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

paidy