正しい水洗顔法と敏感肌ニキビ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
水洗顔

さまざまなニキビケアを試しても合わず、「ニキビは水洗顔で治る」という情報を基に水洗顔を始められる方に、正しいやり方やメリット・デメリット、敏感肌ニキビの対策法をまとめました。

水洗顔とは

水洗顔とは、洗顔料を使わずに、水だけで洗顔することです。洗顔料によって必要な皮脂まで奪われてしまうのを防ぎ、肌の本来の自然治癒力を高めて健康な状態に戻そうという発想のスキンケアです。

水洗顔の目的と効果

水洗顔は肌本来のターンオーバーを回復させることが目的です。「洗顔=洗顔料を使った洗顔」と定義すると、洗顔のしすぎといわれる状態は洗顔料の使いすぎとも言えます。つまり、皮膚科などで洗顔のしすぎが原因の肌トラブルであると言われている方や、ありとあらゆるスキンケア・生活改善を試みて効果を得られなかった方には、肌に負担をかけずに肌の機能を正常にしてくれる水洗顔は効果が期待できます。また、肌トラブルの原因を発見できる可能性もあります。

水洗顔の方法

水だけで洗うのが水洗顔の基本スタイルです。洗顔をするタイミングや回数、水の温度など、効果を上げるポイントを紹介します。

肌質により、朝だけor朝夜を決める

水洗顔を実践しようと思っている方は、まずは「朝だけ水洗顔」からスタートしてみましょう。寝ている間に顔に付着する汚れは皮脂、汗、ほこりくらいなので、洗顔料を使わなくても水だけで充分に洗い落とせます。夜も水洗顔を行ったほうがいいかどうかは、肌の状態を参考にしてください。朝だけの水洗顔で肌の調子がよくなってきたら、夜も水洗顔にしてみましょう。ニキビ・乾燥肌など肌トラブルの状態を観察しながら調整してみてください。

水洗顔をするときのポイント

ゴシゴシとこする必要はありません。30度前後のぬるま湯で30回程度、それまでの洗顔のすすぎを行う要領で、水をすくって顔に当ててください。

皮脂が気になる方は、判断しながら時々洗顔料を使いましょう。「乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまっているタイプのオイリー肌」であれば「朝だけ水洗顔」でテカりが改善できますが、乾燥が原因ではない場合は、皮脂を落としきれずニキビが悪化することもあります。2週間ほど「朝だけ水洗顔」を継続しても皮脂が気になるようであれば、水の温度を32~35度前後に上げたり、気になる部分にのみ洗顔料を使ったりするとよいでしょう。

乾燥肌や敏感肌の人は、ぬるま湯より少し低めの25~28度前後の温度で水洗顔を行いましょう。

水洗顔後の拭き取り

清潔なタオルを押さえるように肌に当て、水気を取りましょう。洗顔時より摩擦が起きやすいので注意してください。

水洗顔後のスキンケア

なるべくシンプルなスキンケアを心がけましょう。水洗顔なら、洗顔料を使用した後と比べて乾燥やつっぱり感が少ないので、過剰な保湿は必要ありません。

結果の判断基準

水洗顔をどれくらい続けるかは、お肌のターンオーバーの周期である1ヶ月~2ヶ月を目安にして判断してみてください。

水洗顔でニキビは治る?

すべてのニキビに効果があるわけではありませんが、ニキビが慢性的に炎症を起こしている場合や、敏感肌で洗顔料の洗浄剤に影響を受けていた場合、また乾燥が原因のニキビには効果的です。炎症を起こした肌や敏感肌には、刺激を与えないことが何よりも大切。水洗顔で肌を本来の健康な状態に近づけて、繰り返すニキビから卒業しましょう。

水洗顔が向かない肌質について

皮脂の多い方は、肌の汚れで毛穴が詰まり、ニキビなどの肌トラブルが悪化してしまうこともあります。水洗顔では肌に付着した水溶性の過酸化脂質などの汚れは洗い流せますが、黄色ブドウ球菌などの菌は洗い流せません。炎症やニキビなどの肌トラブルが改善しない場合は水洗顔をやめるか、部分的に洗顔料を使用してください。

水洗顔中のメイクについて

女性の場合は水洗顔をしている間のメイクはどうしたらいいのかという問題があります。仕事の関係などでメイクが必須という方は「朝だけ水洗顔」となります。

メイクするならミネラルパウダーのみ

水やぬるま湯で落とせる化粧品を使用すれば、夜も水洗顔にすることができます。メイクをする必要がある場合は、ベースメイクにはミネラルパウダーを使用しましょう。

肌トラブルが少ない人は朝・夜水洗顔のみで問題ありませんが、ニキビ肌の人はニキビとの付き合い方も肝心です。ニキビの悪化が心配な方は、部分的に洗顔料を使用しながら、徐々に使用頻度を減らしていくのが安心かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

SNSで更新情報をチェック!


 コメントはこちらからどうぞ

*