効果が高いニキビケア方法と5つの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニキビが出来てしまったら、一日もはやく治したい、もう出来ないようにしたい!と鏡を見るたび思いますよね。ニキビケアというと「洗顔をしましょう」であったり「自分に合った化粧品を使いましょう」といったものが有名ですが、“実際自分には何が良いのかわからない!”と、なんだかしっくりこないこともあると思います。 その一番の原因は、自分のニキビがどの状態なのか?自分の肌はどんなタイプなのか?をしっかり把握できていないことが挙げられます。さらには、年齢やシーズンによって自分自身も常に変化をしているので、昔やっていた方法が通用しないということも起きています。自分に適したケアでなければ、いくらニキビについて調べても効果は期待できません。 今日は、自分のことニキビのことを正しく認識して、何を選択すれば間違いないのかについてお伝えしていきます。

1、ニキビケアをする前に

ニキビには悪化の段階があり、日々のニキビケアで改善できる範囲があります。この点をしっかり把握しないと、いつまで経っても治らないという状態になってしまいますので、自分の状態をしっかり把握してください。「彼(ニキビ)を知り、己を知れば百戦あやうからず」です。

1-1、ニキビケアで改善できる範囲と種類

ニキビには大きく分けると6つの状態があり、日頃行うことが出来るニキビケアで改善されるのはニキビ可能程度の低い3つの白ニキビ、黒ニキビ、赤(丘疹)ニキビになります。可能程度の高い、黄(膿疱)ニキビ、結節ニキビ、囊胞ニキビになってしまった場合は、必ず病院へ行き、医師の指示に従ってください。

化膿程度

・白ニキビ 誰にでも現れる、肌に白く小さい吹き出物のように現れるニキビ。毛穴がふさがり、皮脂が外に出れない状態。“閉じたニキビ”。

白ニキビ

 

 

 

出典:www.nikibiato.org

・黒ニキビ 毛穴が詰まって皮脂が溜まり、肌の表面に押し出されたニキビ。外気に触れたニキビが黒く変色する。“開いたニキビ”。

黒ニキビ

 

 

 

出典:nikibi.e-joho.jp

・赤(丘疹)ニキビ 三角錐のように盛り上がった小さなピンク色のニキビ。白ニキビが炎症してしまった場合になる症状。丘疹が膿んでいるわけではないので、自然に治るのを待つのがよい。

赤ニキビ

 

 

 

・黄(膿疱)ニキビ 中心部は黄色もしくは白い膿が見え、まわりが赤くなっているニキビ。一生消えない傷にならないよう、絶対に押し出したり、つぶしたりしてはいけない。

膿疱

 

 

 

・結節(けっせつ) 赤ニキビのように固い突起物がでるニキビだが、炎症が皮膚の内部(真皮)まで達しており、広範囲に広がっている状態。痛みを伴い、跡も残りやすい。

結節

 

 

 

・嚢胞(のうほう) 結節がさらに進行し、膿が袋状にたまっているニキビ。バクテリアや角質、白血球などを含み、ひどい炎症と痛みを伴う。

囊胞

 

 

 

出典:SHUCKSASS

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*