ニキビの新薬!有効成分「過酸化ベンゾイル」9つの事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
薬

2014年の暮れ、日本のニキビ治療業界において画期的な成分「過酸化ベンゾイル」が厚生労働省により医薬品の有効成分として承認されました。2015年の4月には、日本でニキビの新薬として有効成分の「過酸化ベンゾイル」が配合された塗り薬「ベピオゲル2.5%」が発売されました。

「過酸化ベンゾイル」は、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する力があるため、アメリカではニキビ療法には欠かせない成分の一つで、軽度から中度のニキビの治療に50年以上も前から使用されています。アメリカにはこの成分が入ったニキビケアの商品は洗顔料から化粧水まで幅広くそろっており、配合量によってはドラッグストアでも買うことが出来ます。日本で承認されたことにより、ニキビの治療が海外に少し追いつき始めました。

この、「過酸化ベンゾイル」についてアメリカのニキビ情報サイトacne.comから、こちらの記事を参考に、9つの事実をご紹介いたします。

ニキビの新薬に配合された「過酸化ベンゾイル」とは?

①「過酸化ベンゾイル」は軽度から中度のニキビの炎症を抑え、過剰な皮脂分泌を抑えるのに役立ちます。

脂性肌でニキビにお悩みの方には朗報です。

②「過酸化ベンゾイル」は、毛穴の詰まりを解消してくれます。

「過酸化ベンゾイル」は毛包に詰まった角質を取り除いてくれるため、毛穴を詰まりにくくします。毛穴詰まりを予防し、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌することで、ニキビの発生を未然に防ぎます。

③継続的に使うことでより効果が感じられます。

「過酸化ベンゾイル」は毛穴の中にいる常在菌のアクネ菌を殺菌することによって、ニキビに働きかけます。使用をやめてしまうとまたアクネ菌が繁殖してしまうため、出来てしまったニキビ、ニキビ予防のためには使い続けることが大切です。

④一晩では効果なし!

「過酸化ベンゾイル」でニキビ治療をしている時は、根気強くなることが大切です。効果が見られるようになるには、数週間からそれ以上かかる場合がありますが、耐えて待つ価値はあります!

⑤軽めの副作用があるので少しずつから始めることがベスト。

「過酸化ベンゾイル」が配合されている商品は、副作用として乾燥とかゆみが出ることがあります。かゆみを軽減するためには、例えば少量を1日置きに使用するなどして、肌の様子をみてください。もし使用中にかゆみがひどくなったり、ピリピリしたり、腫れたりした場合には、アレルギーの可能性があるため速やかに使用を中止してください。

next> 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*