ニキビ跡を消す方法、試す順番と最終手段とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

茶色い色素沈着(シミ)状態のニキビ跡

ニキビ跡は茶色い色素沈着(シミ)になることがあります。ニキビができると外部刺激から肌を守ろうと大量のメラニンが分泌されます。そこで日焼けをすることで色素が沈着してしまうのが原因です。ニキビがあるときはハードなメイクは避けるのはもちろんですが、紫外線対策はしっかりすることが肝要です。

初めに試して欲しいこと

ハイドロキノンやビタミンC誘導体が含まれた美白化粧品を、3~6ヶ月を目安に試してみましょう。ターンオーバーを促進するL-システインやビタミンCを配合した飲み薬も合わせて使用するとさらに効果的です。

ケイカクテルVローション(ドクターケイ)ケイカクテルVローション

ビタミンC誘導体とその他11種類のビタミンをぎゅっと濃縮した化粧水。毛穴の奥まで入りこみ、肌力をアップ。エイジングにも負けない調子のいい肌、強く美しい肌を作ります。

価格:7,560円(税込)
内容量:150mL}
画像出典:ケイカクテルVローション

QuSomeホワイトクリーム1.9(b.glen)QuSomeホワイトクリーム1.9

圧倒的なブライトニング効果を発揮するハイドロキノン配合の美白クリーム。べたつかず、肌へなめらかになじみ、使うたびに肌に明るさと輝きをもたらします。

価格:6,000円(税込)
内容量:15g
画像出典:QuSomeホワイトクリーム1.9

確実に消したい方に

ニキビ跡というよりはシミの治療と捉えてください。メラニン色素に反応するフォトシルクプラスなど、最新レーザーでの治療がおすすめです。コラーゲンの増殖を促進する効果も期待できるため、ニキビのできにくい肌を作るという点でも適した治療法です。

陥没性の凹凸クレーター状ニキビ跡

クレーター状に皮膚が凹んでいるのは、表面だけでなく皮膚の深いところまでダメージを受けている状態です。こうなってしまうと、完治はなかなか難しくなります。セルフケアだけで治すことは難しいので、皮膚科で治療することをおすすめします。

初めに試して欲しいこと

まずは2ヶ月間を目安に自宅でピーリングを試して変化を見ましょう。凹凸が浅くなっているようであれば継続し、効果が感じられなければ速やかに皮膚科での治療に移行しましょう。

ナチュラルアクアジェルCure 250g(東洋ライフサービス)ナチュラルアクアジェルCure

活性化水素水使用成分の90%を占めるお水にまでこだわったやさしい商品です。毎日の洗顔だけでは取れない老廃物を除去する習慣は、お肌本来の生まれ変わりをやさしくサポートしてくれます。

価格:2,625円(税込)
内容量:250g

アクアピーリングジェル (オルビス)アクアピーリングジェル

海洋深層水配合の水ベースとアンズ果汁で、角質を自然にはがれやすく浮かせてから、「消しゴム」のようにポロポロに巻き込んで取り除きます。水を利用して取り除く仕組みなので、強い酸を使った科学的なピーリングやゴシゴシこする方法と違い、必要以上に角質を取り過ぎる心配もありません。

価格:1,750円(税込)
内容量:120g

確実に消したい方に

皮膚科ではケミカルピーリングやCO2レーザー、電気凝固治療などが適応されます。この場合のケミカルピーリングは一般的なAHA(フルーツ酸)より効果が高いトリクロロ酢酸によるもので、1~2年かけて少しずつ治療すれば、整容的に満足できる状態にまで回復するといわれています。CO2レーザーや電気凝固治療は直径の小さい陥凹性瘢痕の治療に適しています。クレーター1つ1つに働きかけるため手間がかかる治療法ですが、確実性という点ではおすすめです。

<prev next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*