ニキビに効く5つの美容液|洗顔のあとはコレだけでOK!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
serum

ニキビを治すための美容液を選ぶ際にチェックしてほしい要素は成分と条件。例えば、「ビタミンC誘導体」はニキビ跡やニキビを予防するために化粧品などに配合されている有名な成分です。

一方、有効成分「アラントイン」「グリチルリチン酸ジカリウム」「サリチル酸」「D-パントテニルアルコール」などが配合された製品は医薬部外品と呼び、薬用化粧品としての効果を発揮します。皮膚の働きを促進したり、ニキビを抑制したりすることが認められています。

次に条件として、オイル・アルコールフリーか、ノンコメドジェニックかも美容液を選ぶ際の基準となります。肌へのやさしさにこだわったものを選びましょう。

1:症状ごとにニキビに効果がある5つの成分

ニキビやニキビ跡に効果がある製品は、ニキビの症状によって選びましょう。

  1. ニキビ予防、ニキビ跡に
    ビタミンC誘導体(美容成分)
    ビタミンC誘導体は余分な皮脂を抑え、ニキビ予防に役立ちます。美白作用もあるのでニキビ跡にも有効です。
  2. 赤ニキビの炎症をしずめる
    グリチルリチン酸ジカリウム(有効成分)
    グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える働きがあり、甘草エキスから抽出され、デリケートな肌にもやさしい成分です。主に抗炎症作用があり、ニキビの赤みが気になる時にも使用されます。
  3. 赤ニキビ、ニキビ跡の回復に
    アラントイン(有効成分)
    「傷の回復」を促す、ニキビ治療において重要な作用があるアラントイン。ニキビが炎症を起こし、アクネ菌が繁殖した場合や、酸化した皮脂により皮下組織が損傷した場合などの、回復促進と消炎作用があります。
  4. ニキビの殺菌に
    サリチル酸(有効成分)
    サリチル酸は角質硬化を防ぎ、ニキビの発生を抑える働きがあります。また毛穴詰まりを除去し、殺菌作用があることでも有名です。
  5. ニキビの抗炎症、ターンオーバー促進に
    D−パントテニルアルコール(有効成分)
    パンテノール、プロビタミンB5とも呼ばれる成分。ニキビの炎症を抑え、肌の新陳代謝を促進し、ニキビを予防します。

ニキビができている時は、肌へのやさしさにこだわる条件として以下の2つが挙げられています。

  1. オイルフリー・アルコールフリー
    オイルは毛穴を詰まらせる原因となり、ニキビの悪化につながります。また、アルコールは肌の乾燥を早め、肌への刺激も強いのでニキビ肌にはよくありません。
  2. ノンコメドジェニック処方
    ノンコメドジェニック製品とは、ニキビの原因となるコメドが出来にくい処方の製品のこと。「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されているとよりニキビには安全です。

2:ニキビができている時、避けるべきものは?

美容液は美容成分や有効成分を肌へ与える位置づけであるため、ニキビにとって効果のある成分が入っているかどうかが見極めるポイントになります。例えば、ニキビを早く治すということを念頭に考えれば、保湿や殺菌力を一番に考える必要があります。肌を乾燥させる成分として「イオウ」が含まれている美容液は、使用するのはやめましょう。

3:ニキビができている時は、洗顔と美容液だけでもOK!

ニキビを早く治したいがために、化粧水や乳液、クリームなどいろいろな化粧品を使いたくなるものですが、それは逆効果です。ニキビに何度も触れたり、たくさんの化粧品を使うことで肌に刺激を与え、逆にニキビを悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。ニキビができている時こそ、洗顔と美容液だけというシンプルなケアで治しましょう。

1日でも早く治したい場合は、ニキビができている部分は、洗顔と美容液だけの2アイテムでかまいません。美容液はスキンケアアイテムの中でも、美容成分や有効成分が多く配合されているため肌の角層にしっかり届きます。

next> 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*