背中ニキビを自力でケアしたい!選ぶべき石鹸と正しい洗い方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、背中が大きく開いたセクシーなデザインのドレスや、普段のファッションでもオフショルダーなど首回りが開いたアイテムがトレンドですね。
そんな、流行りの着こなしに挑戦したいと思ったとき気になるのが、背中のニキビ!せっかく大胆なファッションをしても、背中にポツポツとニキビが目立っては台無しです。
今回は、背中ニキビを自宅でケアするための、石鹸選びについてご紹介します。

背中にニキビができる理由

背中は、顔に次いでニキビが気になる箇所。体中の皮膚はすべて繋がっていますが、ニキビはできる部位によって原因が少しずつ異なります。
では、背中にニキビができる原因は何なのでしょう。どうして、腕や脚ではなく背中にニキビができやすいのでしょうか。

背中は皮脂分泌が活発

ニキビの主な原因は、毛穴が詰まって皮脂が毛穴内部に溜まり、そこにアクネ菌が増殖することです。背中も顔と同じ皮膚なので、何らかの原因で毛穴が詰まってしまうと、ニキビができてしまいます。
毛穴を詰まらせる皮脂の分泌量は、生活リズムの乱れやストレスの影響を受けて増加します。例えば、ストレス過多や睡眠不足になると、ホルモンバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌を引き起こします。また、炭水化物や糖分、動物性脂肪の多い食生活を送っていると、皮脂腺が刺激され皮脂分泌を増加させることになります。
通常よりも皮脂の分泌量が多くなり、通常の機能で排出しきれなくなると、それが毛穴詰まりの原因となってしまいます。体の中でも背中は、皮脂分泌が特に活発なのに洗いにくい場所であるため、他の部位に比べて余分な皮脂が溜まりやすく、ニキビもできやすくなっているのです。

ボディソープが背中ニキビの原因になり得る

ボディソープ
ニキビの発生は、外部からの皮膚への刺激が原因となる場合もあります。中でも注意したいのは、肌に直接触れるボディソープです。ボディソープは、汚れや余分な皮脂を洗い落としてくれるものですが、ときに背中ニキビを誘発してしまう可能性があります。

ボディソープがニキビの原因になり得る理由は、配合されている成分にあります。
市販のボディソープには、洗浄力を高める石油系の界面活性剤が配合されているものがあるのですが、洗浄力が強すぎてしまうと、本来必要である皮脂まで洗い流してしまうことがあるのです。必要な皮脂が不足してしまうと、肌は乾燥し、潤いを取り戻そうと皮脂を過剰に分泌します。それが毛穴に詰まって、ニキビができてしまうのです。

すべての界面活性剤が肌に悪影響を及ぼすわけではありません。しかし、強力な洗浄力を持つボディソープを、毎日使ったり洗い残してしまったりすることで、背中ニキビができやすく、治りにくい状態になることがあります。
「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩」などの界面活性剤が配合されているものは、洗浄力が強めのものなので注意しましょう。

背中のニキビケアにおすすめのボディソープ・石鹸

背中ニキビを作らないために、また、背中ニキビに刺激を与えないためには、洗うときに使うものをしっかり選ばなくてはなりません。肌を乾燥させるほど強い洗浄力のあるボディソープで毎日ゴシゴシ洗っている人は、ご自身の石鹸選びを見直してみましょう。

一般的におすすめなのは「石鹸」

固形石鹸
背中ニキビをケアするためのボディソープ選びで大切にしたいのは、「肌を傷付けずに、汚れを適度に落とせること」です。その役割を考えたとき適しているが、いわゆる昔ながらの「石鹸」です。実際にニキビ治療で皮膚科を受診すると、多くの医師が石鹸での洗浄を勧めます。

石鹸は、洗浄力が高く、脱脂能力に優れていますが、洗い流せばいつまでも皮膚の上で刺激を与え続けるということがありません。また、もし洗い残しがあったとしても、石鹸の主成分は「脂肪酸」という皮脂の構成物質であるため、中和して自然と分解され、肌へ悪影響を及ぼしにくいのです。
石鹸は安価なので、お財布にやさしいところも嬉しいポイントですね。
ただし、乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の人は注意が必要です。石鹸はアルカリ性であるため、弱酸性である人間の肌に触れるときには、少なからず刺激になるからです。健康な肌の人であればすぐに中和されるので問題ありませんが、肌が弱い人や傷口がある人には、やや強い刺激となる可能性があります。

乾燥肌や敏感肌などの人におすすめなのは弱酸性石鹸

肌が弱い人におすすめなのは、弱酸性石鹸です。肌の表面と同じ弱酸性石鹸であれば、刺激を最小限に抑えることができます。洗浄力も比較的控えめのため、必要な皮脂まで洗い流してしまうことはありません。傷口にも沁みないくらい低刺激なので、乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の人、赤ちゃんにも使いやすいと言えます。
ただし、弱酸性石鹸には角質を柔軟化する力がないため、洗浄が不十分だと老廃した角質が溜まりやすくなります。洗う前には湯船に浸かるなどで、肌をやわらかくしておくと良いでしょう。
また、弱酸性石鹸は石鹸としては高額です。普通の石鹸の数倍することもあります。弱酸性を謳った安価な商品もありますが、それらには、弱酸性でも洗浄力を保持するため刺激の強い成分が含まれていることが多いので、気を付けましょう。

ボディソープや石鹸を使わないという選択肢

日常生活の中でつく汚れや皮脂は、ぬるま湯で洗い流すだけでほとんどが落とせると言われています。背中ニキビの原因が、洗い過ぎやボディソープなどの刺激によるものと考えられる場合は、石鹸を使わない選択肢もおすすめです。
まったく石鹸を使わないのではなく、「使わない日を作る」だけでも、肌の調子を整えることに繋がるかもしれません。

正しい洗い方とおすすめ商品のご紹介

背中
背中のニキビケアには、肌への強い刺激や乾燥はNGです。ボディソープ選びだけでなく、正しい方法で洗うことと洗浄後のケアも忘れてはいけません。

背中ニキビを作らないための洗い方

まず、ニキビの原因となる毛穴の皮脂詰まりをケアするためには、肌をやわらかくし、毛穴を開いてから洗うのがおすすめです。湯船に浸かるなどして、体を温めてから洗い始めるようにしましょう。
洗うときは、よく泡立てて背中から洗うようにしましょう。汚れや余分な皮脂を落とすためと言っても、ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ強くこするのは禁物です。健康な肌を傷付けてしまったり、ニキビができている部分の炎症を悪化させてしまう可能性があります。綿や天然繊維でできたタオルでやさしく洗うか、手でなでるように洗うだけでも十分に汚れはおちます。

背中のニキビケアにおすすめの商品

背中ニキビをケアする石鹸の選び方をご紹介してきましたが、最後に、おすすめ商品を挙げておきます。

①ペリカン石鹸

ForBack
「For Back」 135g 540円(税込)
背中ケア用として最も有名な石鹸のひとつが、ペリカン石鹸の「For Back」です。
背中ニキビを意識した薬用石鹸で、殺菌効果を持つ薬用有効成分と、皮脂と水分のバランスを保つ保湿成分が配合されています。泡立てネットでしっかりと泡立てるとモコモコの泡ができ、泡パックとして使用することもできます。
お財布にやさしいところも魅力です。

②プライマリー

NonA.
「Non A.」 100g 2,940円(税込)
クチコミサイトで背中のニキビケアに良いと人気なのが、「Non A.」。薬用ニキビ専用洗顔石鹸とありますが、ボディにも使えます。
日本人の肌を研究して開発された石鹸で、弾力のあるキメ細かい泡が特徴です。毛穴をすっきり洗浄してくれますが、ピーロング成分は入っていないのでお肌にやさしいです。

③カウブランド

牛乳石鹸
牛乳石鹸「赤箱」 100g 100円
約90年の歴史を誇る、昔ながらの石鹸です。お肌の保護成分のミルク成分とうるおい成分スクワランが配合されていて、肌をなめらかに洗い上げてくれます。やさしいローズの香りがするのも女性に人気の点です。

まとめ

背中ニキビをケアするには、刺激の弱いボディソープや石鹸を選び、やさしく洗い、保湿ケアをしっかりすることが大切です。自信が持てるきれいな背中でいるために、日々のケアを丁寧にしていきましょう。

参考:
プロアクティブ「背中ニキビの原因とケア」:
http://proactiv.jp/about-acne/acne-location002.html
背中ニキビ部「背中ニキビ用のボディソープの選び方~おすすめの市販ランキング~」:
http://body-nikibi.com/soap-494

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

ニキビケアの日