足にニキビができたらチェック!3つのポイント~原因・治療法・予防法~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
足

女性の場合、ミニスカートなど足を出すファッションで外出する機会は多いもの。お気に入りのスカートをはきたいのに、太ももやふくらはぎにニキビができてしまったら、おしゃれを楽しめなくなりますよね。パンツでニキビをかくしても、生地ですれて痛くなり悪化させてしまうかもしれません。

一日も早く直したいニキビですが、治りにくいのが足ニキビです。この記事では、足ニキビの原因や予防法、効果的な治療法までご紹介します。

1. 足ニキビの原因とは?

ニキビというと、顔にできるものというイメージがありますね。「足にニキビなんてできるの?」と思う方もいるかもしれませんが、足にできることもあるのです。どうして足ニキビができるのか、考えられる主な3つの原因をみていきましょう。

1-1. 毛穴のつまりと過剰な男性ホルモン

ももの裏のニキビ跡そもそもニキビは、毛穴に古い角質がつまり、皮脂が溜まったところに、アクネ菌が増殖することで生まれます。特に男性ホルモンが過剰になると、皮脂の分泌も増えることが分かっており、ニキビの原因になります。また、足は衣類に覆われているのでムレやすく、汗をかいてもこまめに拭けません。おまけに足の裏側は目に見えない部分。私も太ももの裏にニキビができたことがありますが、見ることができない位置のため、無意識のうちに気になって手で触れているうちに悪化させ、20年経った今でもニキビ跡が残っています。このように、足ニキビは目で確認しにくく、手の届きやすい部位にできることも悪化の原因のひとつと言えそうです。

1-2. 洗浄不足やムダ毛処理

むだ毛処理足の前側は丁寧に洗っても、裏側は洗い残しが多くなります。洗い残しが原因で古い角質や皮脂がたまり、毛穴をつまらせることもニキビの原因になります。ボディーソープやシャンプーにも注意が必要です。洗浄力が強く肌が乾燥するので、毛穴が開き皮脂がつまりやすくなります。ボディーソープそのものも肌に残りやすい性質があるので、すすぎ残しのないように気をつけなければなりません。

また、自己流の足のムダ毛処理も肌にダメージを与え、炎症を起こします。肌に肉眼では見えない細かい傷がたくさんついてしまったところに、雑菌が入りニキビになる場合があります。

1-3. 肌の常在菌によるもの

マラセチア毛包炎による吹き出物足のニキビはマラセチア菌という人間の皮膚に存在している常在菌が原因となってできてしまうことがあります。マラセチア菌はカビの一種で、皮脂と湿気が多い環境を好み、身体の皮脂を食べることで増えていきます。つまり、皮脂が詰まった毛穴が多ければ多いほど、どんどん増えてしまうのです。

一見ニキビのように見える赤い発疹は、実は毛嚢炎かもしれません。毛嚢炎はムダ毛処理などで傷ついた毛穴に常存菌が侵入して炎症を引き起こすなど、原因はさまざまです。痛みやかゆみもない人もいます。毛嚢炎はニキビではないので、ニキビの治療薬を塗っても治りません。

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
ルナ☆ ヨシダ

ルナ☆ ヨシダ

ライター/美容業界勤務10年目。アメリカの大学院を卒業し12年間の海外生活後、帰国。証券会社で翻訳業務に携わる。その後、大学での専門を活かし外資系化粧品会社にてインターネット関連の仕事に従事。趣味は、宝塚観劇、製菓。宝塚の娘役に憧れ、女子力アップを目指す。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*