目立って痛い!爽やかにモテたい男子を苦しめる鼻ニキビの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

思春期になると、男性ホルモンの分泌が増える影響で皮脂腺の動きも活発になり、ニキビができやすくなります。
思春期ニキビは、皮脂分泌量の多い場所にできやすいため、おでこや鼻周りなどによく発生します。どちらも気になるものですが、特に鼻にできると大きくなって目立ったり、痛みが出たりするので悩みの種になりがちです。
今回は、爽やかにモテたい男子を苦しめる鼻ニキビについて、原因や対処法をご紹介します。

1. 鼻ニキビができる原因

思春期には、おでこや頬を中心にニキビができやすくなりますが、鼻も同様のメカニズムで、ニキビができることがあります。
鼻は顔の中心にあるので、ニキビができると目立ってしまいます。その上、鼻ニキビは炎症を起こすと痛みを感じやすいので、とても厄介なものです。
そこで、そんな見た目や気持ちにも痛みを伴う鼻ニキビができる原因を探っていきましょう。

1-1.過剰な皮脂分泌

思春期ニキビの主な原因は、過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まることです。
何らかの刺激で毛穴の周りの角質が厚くなり、出口がふさがれることで皮脂はつまります。皮脂がつまると、皮脂をエサとするアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてニキビになるのです。
特に男子の思春期には男性ホルモンの分泌が活発になるため、それに伴い皮脂腺の働きが促進され、ニキビもできやすくなります。特に鼻は、「鼻の頭に汗をかいた」「鼻の周りがベタつく」といった経験から感覚的に理解できる方も多いと思いますが、顔の中でも比較的皮脂分泌が多い場所です。
そのため、適切にケアをしなければニキビができ、場合によっては膿をもつほど悪化してしまうこともあるのです。

1-2.汚れなどもたまりやすい

鼻の周りは凹凸があるのでお手入れも難しく、汚れがたまりやすい場所でもあります。きちんと顔を洗っていても、目に見えないほどの汚れが知らない間にたまっていて、それが毛穴をつまらせ、鼻ニキビの原因になることもあるのです。
特に小鼻の周りは洗い残しが起こりやすいところなので、丁寧に洗い、すすぎを行うようにしましょう。

2.鼻ニキビの予防法

鼻ニキビを防ぐためには、生活習慣を整えて健康な肌状態を保つとともに、皮脂バランスを考慮したケアをすることが大切です。皮脂や汚れを毛穴に詰まらせないためのスキンケアと健康的な生活を心掛けましょう。

2-1.スキンケアに鼻パックやピーリングを取り入れる

鼻周りは他の部分に比べて皮脂分泌量が多いこと、汚れがたまりやすい構造になっていることを踏まえて、いつものスキンケアにプラスしたお手入れをするのがおすすめです。
まず、毎日の洗顔では、洗顔フォームをしっかりと泡立てて小鼻の周りになじませ、指の腹でくるくると優しくこすって汚れを落とすようにしましょう。
毛穴の汚れが特に気になる場合は、週に1度程度、毛穴の奥の汚れを吸着するクレイパックでのお手入れをすると、さらに毛穴をスッキリさせられるでしょう。

小鼻周りをケアするパックには、他にもシートタイプやクリームタイプのものがあります。汚れや皮脂を落とすだけでなく、肌を引き締めたり、潤いを与えたりする成分が配合されているものもありますので、状態や目的に合ったものを使い分けると良いでしょう。
ただし毛穴ケアのパックは使いすぎると、余計に毛穴を広げたり、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしたりする原因になります。使い過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

どうしても繰り返す鼻ニキビが気になる場合は、ピーリングを取り入れてみてはいかがでしょう?ピーリングは、古い皮脂や角質を取り除いて、肌のターンオーバーをサポートするもので、ニキビケアには効果的とされています。自宅でも簡単にできるピーリング石けんが市販されていますので、試してみると良いでしょう。ただし、ニキビができている肌は敏感になっているので、低刺激タイプのものを選ぶようにしましょう。

2-2.規則正しい生活とバランスのとれた食事は必須

鼻ニキビに限ったことではありませんが、ニキビ予防には規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食事は欠かせません。特に、睡眠不足はニキビには大敵なので、夜更かしをせず毎日しっかりと睡眠をとるようにしましょう。
また、食事が偏ると美肌作りに必要な栄養を十分に摂取することができません。好き嫌いをしたり、ファストフードやジャンクフードばかりを食べたりせず、緑黄色野菜などもしっかり食べ、美肌に必要なビタミン不足を避けるようにしましょう。

チョコレートや乳製品、ピーナッツ、インスタント食品、スナック菓子、カレーなどの刺激物はニキビに要注意と言われている食べ物です。食べ過ぎないように注意しましょう。

3.鼻ニキビができたときの対策

鼻ニキビを早くきれいに治すためには、正しいケアと生活の改善が必要になります。見た目が気になるところですが、無理に触ったり隠したりして悪化させてしまっては元も子もありません。

3-1.つぶさずに優しく泡洗顔

鼻ニキビは目立ち、違和感もあるので、つい触ってしまいがちですが、つぶしてしまうと雑菌が入って炎症が悪化したり、痕が残ってしまったりします。なるべく触らないようにして、洗顔時に石けんや洗顔フォームをよく泡立てて優しく洗い、患部を清潔に保つようにしましょう。

3-2.ビタミン摂取や薬用スキンケア

ニキビ肌を改善するには、ビタミンB群を摂取するのが効果的です。ほうれん草やトマトなどの緑黄色野菜、しじみ、レバー、さば、いわしなどを食べて、栄養不足に対処しましょう。
また、ニキビケアができる薬用化粧品でスキンケアをするのもおすすめです。思春期の肌に合ったアイテムを使って、すっきり爽やかな肌を保つようにしましょう。

まとめ

鼻に大きなニキビができてしまっては、せっかくおしゃれに洋服をかっこよく決めても、何となく気持ちが盛り上がりませんよね。適切なスキンケアと規則正しい生活で、ニキビに悩まされない美肌作りに励みましょう!

参考:
プロアクティブ「鼻ニキビの原因とケア」<http://proactiv.jp/about-acne/acne-location011.html
『イラストとデータで読む 肌トラブル解決バイブル』朝田康夫(中央書院)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*