ニキビを潰した後のケアとニキビ痕について大事な3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

3.ニキビ痕を最小限にするためのケア方法

ニキビ痕と一言で言っても3種類に分類されます。以下に3種類とそのケア方法を紹介します。

 赤みが残るタイプ

オバジC
ニキビが進行して炎症が起こり、赤みが生じ、なかなか消えなくなることがあります。膨らんだニキビが落ち着き平らになるが、赤みだけが残った状態です。
この赤みは2~3年、長い場合は5年かけて消えていくことがあります。赤みがあるときの注意点とケアは日焼けをしないことと、日焼け後は、ビタミンC誘導体の化粧品やビタミンCのイオン導入が有効です。

出典:Obagi

服用するビタミンCは効果がないので気を付けてください。ビタミンCで有名な美容液はオバジ。ビタミンCの濃度も選べるので便利です。

シミが残るタイプ

炎症が起こった後の赤みが茶色くシミになる場合があります。これは炎症性色素沈着によります。何年もかけて消える場合もありますが、残ってしまう場合もあります。日焼けをすると消えにくくなるので紫外線対策を行うのが良いです。
美白化粧品をつかったケアも有効ですが、ピーリングと組み合わせるとより早く改善します。

陥没が残るタイプ

陥没が残るタイプは俗にクレーターと呼ばれるもので、いちばんやっかいなニキビ痕です。これは毛穴の構造そのものがなくなってしまった状態なので、完全には元に戻りません。ニキビの炎症が毛穴の回りにまで及ぶほど悪化した場合に、このような痕が残ることがあります。
強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多いようです。治療法としては、ピーリングがオススメです。ピーリングを繰り返し行うと新皮のコラーゲンが増えるので、凹凸を浅くすることができます。ただし自宅で行うピーリングは、あまり強くないので陥没は治りません。美容皮膚科で行うピーリングに通う必要があります。

最後に

ニキビを潰すなら、潰すタイミングとその後のケアがとても大切だということがお分かりいただけたと思います。キレイな肌のために、ぜひ取り入れてくださいね。

M&Mスキンケアクリニック 副院長

今野 みどり監修

<prev 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
浩田 知美

浩田 知美

コピーライター/外資系化粧品会社勤務・埼玉県生まれ。大学を卒業後、広告制作会社及び編集プロダクションを4年間経て、その後、13年間化粧品関連の仕事に従事。美容コピーライターとして、14社の広告制作に携わる。趣味は、資産運用、グルメ、エクササイズ。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*