自宅でできるニキビ跡をキレイにする3つの裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここ最近、ニキビが治りづらく跡が残ってしまってお困りではないですか。もともとニキビが出来やすい敏感肌の方に多いお悩みかと思います。

ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。にきび跡は、なかなか治らなく、場合によっては一生治らないといわれているのでとても心配ですよね。確かに、ニキビ跡の種類によっては、半年~1年、さらに長期になることもありますが、正しい方法で治療をし、食生活や生活習慣を見直すことで、早く改善することができます。
また、最近では医療が発達して、治らないといわれていた重症のニキビ跡もでも目立たなくできるようになってきているんです。

私たちは数々のニキビ跡をリサーチしてきましたが、症状にあわない間違った治療をしてしまうことが一番のトラブルになります。
あなたのニキビ跡の症状に合わせた治療を行って下さい。ここでは症状別の治療方法をご説明します。

1.ニキビ跡とは

ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。ニキビが、繰り返し同じ場所に炎症や傷がつくと次第にダメージが深くなり、皮膚深部の組織を壊すため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。

2.ニキビ跡の種類と原因

一概にニキビ跡といっても、3つのタイプに分類されます。それぞれ症状や原因は違います。あなたはどのタイプですか?

2−1.赤みが残るタイプ

膨らんだニキビが落ち着き平らになるが、赤みだけが残った状態です。原因は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴の周りでうっ血が起こることで赤みを帯びるからです。

赤ニキビ

出典元

2−2.紫色や茶色のシミが残るタイプ

シミのようなものが残った状態が色素沈着タイプのニキビ跡の特徴です。紫色っぽい跡と茶色の跡の2種類あります。紫色の色素沈着が見られる場合は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血がにじみ出たのが原因です。 

ニキビのシミ

出典元

茶色の色素沈着が残ったニキビ跡はいわゆるシミと言われる状態です。ニキビができることでメラニン(皮膚が日光に当たることで生成される色素)を大量に作るのが原因です。頬から顎にできることが多く、ニキビの上から日焼けをすることでさらに沈着してしまいます。

色素沈着

出典元

2−3.クレーター状の凹凸が残るタイプ

凹凸が残るタイプはクレーターと呼ばれるもので、いちばんやっかいなニキビ跡です。このタイプのニキビ跡は、赤ニキビが悪化して強い炎症が進行することで皮膚組織まで破壊されることが原因です。 破壊された皮膚組織は回復することなく凸凹状となって肌に残ります。強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多くみられる症状です。

クレーター

出典元

それでは、あなたのニキビ跡の症状がどのタイプか分かったところで、それぞれの症状別の治療方法を詳しくみていきましょう。

next> 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*