3タイプの肌質から見分ける白ニキビの原因と治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
白ニキビ

「いつの間にか白いニキビが・・・」鏡を見て愕然としたことはありませんか?お仕事で人前に出る機会が多い方は特に、つい気になって仕事に集中できなくなりますね。これまで肌に特別気を使わず過ごしてきた方も、知らぬ間に白ニキビのできやすい生活習慣になっている可能性があります。

白ニキビの原因を今の肌状態から3タイプに分け、それぞれの原因と治し方を紹介します。ご自分の肌質を確かめ、適切なケアを行って原因を解消していきましょう。

【肌パターン1】過去に肌トラブルや乾燥はなかったが、突然白ニキビができた

肌トラブルや乾燥で悩んだことがないのに、突然白ニキビができることがあります。そういった方の白ニキビの原因は、大きく分けて3つあります。

原因1:ストレスや食事の影響で皮脂を多量に分泌

ストレス食事やストレスは白ニキビの原因になります。

揚げ物などを多く食べると、体内で中性脂肪が増え、皮脂が多量に分泌されます。さらに消化にはビタミンCが多く消費されることで、ビタミンC不足になりニキビが出来やすくなります。

フレグランスジャーナル1999年8月号で「ニキビは感染症ではなく、皮脂の過剰分泌による活性酸素病だ」と主張する論文が発表されました。人はストレスを感じると活性酸素が発生します。活性酸素は、適量であれば細胞を保護してくれますが、その酸化力ゆえにかえって細胞にダメージを与えてしまいます。そのため、強い抗酸化作用で活性酸素を還元し無害化するビタミンCは必須です。ビタミンC不足はいろいろなところに悪影響を及ぼしていくのです。

ビタミンCの効果を詳しく知るにはこちらから

原因2:加齢や睡眠不足、紫外線で肌のターンオーバーが低下

ターンオーバーの低下は、古い角質が肌に残りやすくなり毛穴をつまらせ、白ニキビのできる原因になります。ターンオーバーは、加齢や睡眠不足、紫外線などが原因で低下します。加齢によって細胞の働きが弱まると、ターンオーバーの周期は遅くなり、角質層が厚くなるため、毛穴が塞がれつまります。また、紫外線に肌細胞を破壊されると、肌を守るために角質層が厚くなります。ニキビの原因でもある活性酸素が発生する可能性もあります。

ターンオーバーのしくみ

(※1ターンオーバーとは、肌細胞が古いものから新しいものへと生まれ変わること。肌の新陳代謝とも言われます。肌の最下層で生まれた新しい細胞が、どんどん表面へ押し上げられていき、最後はアカとなって剥がれる構造となっています。一つの細胞が生まれてから剥がれるまでのサイクルは、個人差はありますが28日~56日程度と考えられています。)

参考:http://www.mediage.co.jp/menu/keana/

next> 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

E-BOOK ドクターズアドバイスブック 全員無料プレゼント

「なかなか治らない」「何をしていいかわからない」 そんなニキビの悩みを解決するために生まれたのがドクターの視点で書かれたE-BOOKです。読んだ人からキレイになれるドクターズアドバイスブック。 ぜひ下記からダウンロードしてみて!

    EBOOKをダウンロード

The following two tabs change content below.
上原 花

上原 花

ライター/通販化粧品会社勤務10年目。美容&健康食品の専門アドバイザーとして延べ10万人以上のお客様に関わる。学生時代よりニキビで悩むことが多かったため、肌トラブルに悩む方の目線にたった独自の切り口でコラムを執筆。現在は豊富な美容知識を生かし、ショッピングサイトを運営中。趣味はショッピング。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*

ニキビケアの日